• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【歴史探偵】川尻達也の魔裟斗戦は“売名行為”だったのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【歴史探偵】川尻達也の魔裟斗戦は“売名行為”だったのか

2021-05-17 18:00
  • 9
この記事は魔裟斗vs川尻達也語ったDropkickニコ生配信を編集したものです(語り:ジャン斉藤)


【1記事から購入できるバックナンバー】

・レスリングエリートをMMAファイターに育てる方法■宮田和幸インタビュー

・RIZIN男塾塾長・石渡伸太郎「舐められてる自分にムカついてます」





今回はですね、物議を醸している魔裟斗の川尻達也戦批判について語りたいと思います。ボクの言いたいことは原稿(https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2019885)に書いてあるんですけど、長くなるので省いた部分があって。「川尻達也は売名行為だったのか」と「魔裟斗のMMAコンプレックス」についてです。

魔裟斗さんと武蔵さんのYouTubeでは川尻選手が魔裟斗戦をやったことを売名行為扱いしてるんですね。それは魔裟斗さんと武蔵さんの2人じゃなくて、もうひとり知らない人がすごく偉そうに語ってて。誰なんだよ、適当なこと言ってんじゃねえぞ、オマエが売名行為だよ……とキレそうになったんですが、 あとから武蔵さんの弟さん(TOMO)であることがわかって(笑)。

いや、魔裟斗戦は売名行為でも、なんでもないんですよ。そんなことを当時を過ごした格闘技関係者がわかっていないことにビックリしました。

歴史や過去の捉え方って非常に難しくて、表面的に受け取りがちなことって多いんですね。今回の魔裟斗vs川尻にしても、人気者の魔裟斗に世間的には無名の川尻達也がK-1ルールで挑んだ……と認識している人は多そうですよね。ただ、当時はそんな事情ではなかったんです。 

あのとき魔裟斗さんは対戦相手にすごく困ってたんですよ。その年の春に魔裟斗さんは引退表明をして、7月と大晦日の2試合でやめますと。7月のK-1MAXは地上波ゴールデンをやるうえでFEGとしては“売れるカード”に苦労していた。K-1MAXの有力選手は同時並行で開催されていたGPに出ていましたし、仮にトーナメントがなかったとしても、あのとき魔裟斗さんと試合をしてメインが張れる相手ってK-1MAXの中にはいたのかなと。引退ラス前にクラウスやブアカーオとやっても……じゃないですか。

そこでFEGは誰と戦ったらいいですかってインターネット投票をやったんですね。 その結果1位になったのは川尻達也なんです。 川尻選手は昨年の大晦日に武田幸三選手をK-1ルールでKOして、5月にはJZカルバンをMMAで破って魔裟斗戦に名乗りを上げていた。カルバンをクリアした時点で魔裟斗戦は内定してて、あのネット投票はボクはガチではないと睨んでるんですけど(笑)。だって当時ボクは「ここで川尻が負けたら魔裟斗もFEGもすごく困るだろうな」ってカルバン戦を見てましたからね。

投票の結果1位が川尻で、2位がKID、3位が五味ちゃん。五味戦の期待感はあったんですけど、当時の五味ちゃんはFEGのオポジションだった「戦極」所属だったから現実的ではない。KIDとの再戦の雰囲気もなかったので、川尻達也一択なんですよ。だから投票がガチじゃなくていいんですよね(笑)。日本武道館のチケットも売れて、対抗戦の熱気のある空間になったし、地上波の視聴率も20%近く取った。テーマが作りづらい引退前に見どころのある試合になったわけですから、「川尻さん、ありがとうございます」のはずなんですよ(笑)。

川尻達也がなぜ魔裟斗戦をやったかといえば、DREAMのためですよね。FEGの経営が危ない中(未払いが常習化)、DREAMはPRIDEと違って自分たちが背負わないといけないという思いが強かった。のちに川尻選手は本当はもっと早くUFCに行けたのに、DREAMが続くなら……ってことで先送りにしたこともあったんです。

この続きと、レイザーラモン、GLEAT、クレベル・コイケ、魔裟斗vs川尻達也、AKIRA、梅野源治、永末ニック貴之……などの5月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「10万字・記事15本の詰め合わせセット」はコチラ


この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事100円から購入できます!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
あの試合に燃えたのは事実です
魔裟斗つえーなーとも思った
売名なんかでは一切なかった
1ヶ月前
×
某動画見てきましたが、あぁ、魔裟斗さんは今も昔も、守られたままなんだなぁと思いましたw
本人もそういう意識があるから、裏返しでわざわざ動画でこんな発言をしてるんだなぁとも。
1ヶ月前
×
今でも川尻押しなのでよくぞ書いてくれた!って感じですよ(ドンっ)!
1ヶ月前
×
ジャンさんいつも文章楽しみにしています。
今回も面白いです。
youtubeの魔裟斗選手のコメント欄見て、当時の川尻選手、魔裟斗選手、FEGの状態など知らずにボンヤリ大晦日やTVで見てる人が書いてるんだと凄く不快でした。
魔裟斗がルックス良くメディアに出るから人気があって、川尻なんか知らねぇとぐらいで判断するような人達が。
そんな人達はジャンさんの文章に辿りつかないと思いますが、こうして文章にして頂いた事で悔しい気持ちが救われました。有り難うございました。
1ヶ月前
×
まとめ方といい当時の状況の解説素晴らしいです。自分も川尻選手に投票したことを思い出しました。

しかしあの時川尻が勝っていたら、MMA競技人口も変わり日本の格闘技の状況も大きく変わったのではないか?とMMAファンとしては悔しい限りです。
やはり格闘技は勝ったモノが歴史を作っていくのですねえ、。残念ながら。
1ヶ月前
×
引退試合ですら青木に話題を全て持ってかれたから、今でもMMA憎しなんですよ彼は。
1ヶ月前
×
確かにボクサーと頻繁に試合してたし、鈴木悟なんて当時キックでは一戦一敗でしたしね。
川尻にしてもKIDにしても少なくとも実績のあるキックやシュートボクシングに相手に圧勝した実績あるのに、ヤケに噛み付くのは新興格闘技の総合へのコンプレックスがあるのかな。
スパー経験のある村田やボクシングについて語る時はリスペクトしてる感じがしますけどね。
1ヶ月前
userPhoto
aaa
×
残り2試合のうちの1試合がMMA選手の川尻戦になるのはもったいないなという記憶だけが残っており、そもそも適当な相手がいない状況だったことはすっかり忘れていました。
思い出せてもらえて良かったです。
1ヶ月前
×
総合原理主義者のおしゃべりアベマ野郎のご意見もうかがいたい
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。