• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

文庫本化『日米開戦の正体 上』(821円)安倍政権が「嘘と詭弁で政策を推進する」方針は真珠湾攻撃の決定の際と同じ。真珠湾では「民主主義国家の米国は長期の戦争に耐えられなくなる」という嘘の根拠に基づいて戦争に突入。当時でも検証すれば嘘とわかる。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

文庫本化『日米開戦の正体 上』(821円)安倍政権が「嘘と詭弁で政策を推進する」方針は真珠湾攻撃の決定の際と同じ。真珠湾では「民主主義国家の米国は長期の戦争に耐えられなくなる」という嘘の根拠に基づいて戦争に突入。当時でも検証すれば嘘とわかる。

2019-07-13 07:14
  • 9

集団的自衛権やTPP,原発などで安倍政権が行おうとしている方針は次の図式がなりたっています。

       指導者が嘘や詭弁の説明をする、

       この嘘や詭弁で、本来は国民が望まない方向に政策を誘導する、

       マスコミが調べれば嘘や詭弁であることが解るのにそれを検証せず、嘘、詭弁の拡散に努める

       国民はこの嘘や詭弁を信じ(信ずるふりをし)政策を容認する。

これと同じ過程こそ、「真珠湾攻撃への道」の本質。

 1945年8月15日トルーマン大統領は対日戦における空襲の効果について調査を命じます。

 調査委員会の定員は文官300名、将校350名、下士官500名です。大変な大部隊です。副委員長に「20世紀においてその著作が最も読まれた経済学者」と言われたガルブレイスが参加しています。

 この調査報告書は次のように記述しています。

***************

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
マスコミが政府の嘘を垂れ流す政府の広報機関
の役目をつとめた事も大きいですね。

今のマスコミもそうです。

対韓国輸出規制の本当の目的は明らかなのに
それは言わず、政府の口真似をしているだけ。
そうやって民衆をだましている。

「北方領土」問題では数十年の間、政府の忠実な
広報を務めた。
多くの日本人は、この問題を国際司法裁判所で
解決すれば日本が勝つことはまずないとの国際法の
専門家の意見を知らない。

知らないままソ連、ロシア連邦の非道を信じている。
1ヶ月前
×
このような話が出てくると、皆が皆、錯覚を起こす。誘導されるのです。

根本的に、この世に存在しているということは、「絶対的普遍的」存在であり、言動すなわち一定の姿かたち・言葉が変転しないということはあり得ないという認識が大切ではないか。

極端に言えば、「嘘と詭弁」のだましあいの世界であり、絶対の正義を貫き通す人などいない。たとえ、正義を貫いていてもさまざまな条件が変われば、正反対の社会の反逆児になることだってあるのです。

「嘘と詭弁」で生きていない人など世の中で探すのが難しい。安倍政権は、「嘘と詭弁」のレベルが今までの内閣に比して多いし、組織的な感じがするというのであればわかる。だからといって、今までの内閣より悪いかどうかは判断できない。米国従属度が高いだけ、トランプ大統領を通じた米国との関係、また、他国との関係が良好であるという見方もできるのです。民主党政権の時あれだけでなく、ぎくしゃくした中国関係が良好であり、習近平主席の訪日も話題になっている

従属度が強い悪い面だけでなく、他国との友好関係も国民に好感度を与え、53~56%という内閣支持率を得ているとみるべきであり、「嘘と詭弁内閣」であれば、このような支持率を得るはずがありません。
1ヶ月前
×
長らく安倍内閣が高い支持率を維持し続けているのは、多分に政権に対する大手メディアの忖度報道(政権批判を自粛し、なかなか真実を国民に伝えようとしない。記者クラブ制度が取られ、かつ大手新聞社やテレビ局のトップが頻繁に安倍と会食をかさねていれば、必然的にそうなる)と、学校教育現場における教師たちの政治回避の姿勢(授業では極力近現代史に立ち入らず、また主権者教育を殆ど行っていない)にある。

 安倍晋三と東条英機の酷似性については、たとえば現代史研究の第一人者である保阪正康氏も、その著書のなかではっきりと指摘しているとおりである。
1ヶ月前
×
米国は民主主義国家だから日本によって与えられる大損害に直面しては全面的攻勢を維持することが出来ない、なんてのは、ただの知力の欠如だとおもいます。現代で探すなら、中国は何も悪いことはしないよ、中国は何も悪いことをしない国だから、ラララララ、というのと同レベルでしょうね。ただ、こういう知力欠如が出てくる原因については、よく考察する必要はあるとおもいます。

それと、こういうのを「嘘と詭弁で政策を推進する」と総括するのは、また同じことを繰り返すもとだとおもいます。嘘と詭弁の政府がダメだったんだということなら、嘘と詭弁をいわない政府を選ぼうということにしかなりませんが、そういう政府が賢いとは限らない。必要なのは賢い政府です。ことわっておきますが、安倍政権を擁護しているわけではまったくありませんよ。

そのうえで申し上げるなら、「嘘と詭弁」というからどぎつい印象を与えますが、だれもが、自らの立場に応じて、ある事実は大きく、別の事実は小さく扱いつつ議論を組み立てます。このへんの人間観・人生観は、上のchangeさんに自分も近いかなとおもいます。たとえば孫崎さんも、彼の北方領土論はわたしは十分理解できたとおもいますが、しかし、彼が決して元島民への虐殺やシベリア抑留についてなどスターリンの犯罪について言わない理由はわからない。少なくとも私自身は孫崎さんがそれに触れていた記憶がいっぺんもない。こういうのも、仮にどぎつくいえばですが、「嘘と詭弁」ということになるでしょう。 もっとも、これらをロシアに(少なくとも公式に)はっきりいわないのは、安倍首相も同じです。安倍首相は首相なのだから、この件について孫崎さんよりも何万倍も責任が重いのは当然です。
1ヶ月前
×
>>5
アホめ、スターリンの犯罪について言わない理由が
わからんだと。

そういう自分はトルーマンの犯罪についてなにか
いったのか。

カーティスルメイの犯罪について。
1ヶ月前
×
シベリア抑留が日本にとって受け入れがたい苦痛であったことは
間違いない。

だけど日本は連合国に無条件降伏したのだよ。

それが敗戦国の悲哀だってものだ。

島民の虐殺だと。

それしきを虐殺と呼ぶのならわが皇軍は戦争中
どれだけやったことか。

それを言われるから言わないだけだよ。

勝手なヨタをほざくんじゃない。

ドイツは最後の本土決戦で200万人の婦女子が
ソ連兵に強姦され、20万人の女性が自殺した。

それでもソ連に何の抗議もしない。

自国がソ連に与えた被害はそれとは桁違いであり、
何より無条件降伏したからだよ。
1ヶ月前
×
さすがに恥ずかしくなって自分で消すかと思ってたが、消さないようなので、ならば二度と自分で消せないように、コピペしといてやろう。

「なし」のNo.6発言
>>5
アホめ、スターリンの犯罪について言わない理由が
わからんだと。

そういう自分はトルーマンの犯罪についてなにか
いったのか。

カーティスルメイの犯罪について。

「なし」のNo7.発言
シベリア抑留が日本にとって受け入れがたい苦痛であったことは
間違いない。

だけど日本は連合国に無条件降伏したのだよ。

それが敗戦国の悲哀だってものだ。

島民の虐殺だと。

それしきを虐殺と呼ぶのならわが皇軍は戦争中
どれだけやったことか。

それを言われるから言わないだけだよ。

勝手なヨタをほざくんじゃない。

ドイツは最後の本土決戦で200万人の婦女子が
ソ連兵に強姦され、20万人の女性が自殺した。

それでもソ連に何の抗議もしない。

自国がソ連に与えた被害はそれとは桁違いであり、
何より無条件降伏したからだよ。
1ヶ月前
×
孫崎さんがスターリンの犯罪について言わない理由が「なし」の言うとおりなら、それをいわないことこそが、まさに戦後の国際法しかいわない孫崎さんが「嘘と欺瞞」のなかにあることになるのだということにも考えが及ばない、アホさかげん。

孫崎さんの代弁を自分ができるとおもう、誇大妄想。

カントやグロチウスからはじまる国際戦時法も知らない無教養。

りゃんには話しかけないといったくせに、話しかけるのはもう何十ぺんになるのか、自分で言ったことも守らない無節操。

ルメイについてここで言及した記憶はないが、
https://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar1720114
のNo7発言のように、わたしは米国の戦争犯罪も問題にしている。もっと激烈なことを書いた記憶もあるが、残念ながら探し出せなかった。なによりも、わたしは米国を無条件に肯定したことなどない。それは何べんも言ってるのに、すぐ忘れてしまう記憶欠如(ぼけ?)。

とにかく、「なし」には、もうわたしに、自らの言葉通を守って、話しかけないで欲しい。こういうの書くのも面倒なんですよ。
1ヶ月前
×
あ、もひとつ、人を嘘つきと呼びつつ、その根拠も示さない、「俺様」ぶり。

これはまったくの私見ですが、「なし」のような性格の連中が当時の日本の支配層に多数すくって、日本を戦争にたたきこんだんだろうとおもってます。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。