• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

2020年ブルームバーグ・イノベーション指数(R&D強度 工業付加価値 生産性 ハイテク集中 研究者集中 特許活動)ドイツが韓国抜きトップ、韓国はR&D旺盛。米国は順位一つ落とし9位、特許は一位。日本は前年は6位から9位に後退。今年も三つ落とし12位。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020年ブルームバーグ・イノベーション指数(R&D強度 工業付加価値 生産性 ハイテク集中 研究者集中 特許活動)ドイツが韓国抜きトップ、韓国はR&D旺盛。米国は順位一つ落とし9位、特許は一位。日本は前年は6位から9位に後退。今年も三つ落とし12位。

2020-01-22 08:15
  • 7

ドイツがブルームバーグ・イノベーション指数の2020年番付でトップに立った。6年連続で首位だった韓国が2位に後退し、米国は順位を一つ落とし9位となった。

8年目となる同指数は研究開発(R&D)支出や製造能力、ハイテク上場企業の集中度など7つの指標を使い数十の基準で各国・地域を分析している。シンガポールが3位に躍進。日本は12位と昨年と同じく3つランクを下げ、トップ10の圏外となった。一つ順位を上げ15位となった中国は、特許活動では2位、高等教育の効率性でもトップ5に入った。

 2020年  ブルームバーグ・イノベーション指数

番数 国名 R&D強度 工業付加価値 生産性  ハイテク集中 研究者集中 特許活動

1 ドイツ    8    4    18   13      11    3

2 韓国     2    3    29    4       5   11      

3シンガポー

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
様々な意見が出されるのを否定はしないが、日本が戦わなければならないのは政権でなく、世界各国であり、何か平和国家の意味を間違えている状況が大変気にかかっている。

与党と野党が国会で前向きなことで議論するのであればいいが、本質的な問題を棚上げにして揚げ足取りに終始した国会中継などを見ていたりすると、議員の馬鹿さ加減もいい加減にしてくれといいたい。

米国は一国主義=保護主義で大統領が先頭に立って世界と戦っている。中国は、習近平が独裁的に国家がバックになって世界と戦っている。ロシアも同じである。国家が一丸となって世界に向かわなければ、勝てないのである。

高度成長の時は、政治家、官僚、、企業が一体となって市場調査・製品開発・投資・製造・販売と一貫したシステムが機能していた。現在はどうであろうか。労働者は二分化され、学生の競争意識は一部を除いてはなくなり、生徒がいなくて幽霊学生を海外に求める時代となっている。

全体的に平和ボケして、皆のタガが外れているとみるべきでしょう。貿易戦争で米国にやられたのは、日本に自立意識が欠けていたからであり、憲法改正して、日本人としての誇りが出てこなければ、日本は埋没していくばかりです。
4週間前
×
韓国とシンガポールが上位に付けているのにアジア人として私は嬉しく思う。日本は教育の右傾化が原因となってずるく立ち回る人間が主流となり、勝ち組に入り込むことを狙うのを良しとする風潮が目立つ。大いに反省せねばならない。

安倍晋三氏が号令を出して韓国向けフッ素関連素材を禁輸した。困った韓国は官民一体となって代替品の開発に取り組み、完成品が間近に出来ると報道されている。この安倍晋三氏の政策を業界をしらないゴーマニズムと呼ばずして何と呼ぶか?

日本は確かに戦前は一等国だったが、今はそう言えない惨めな国に向かっていると言えないか?
4週間前
×
>>1
何かの一つ覚えというか、何度言っても分からん人だな。

現行憲法を変えたら、米国は、いや、米国の戦争屋は待ってましたとばかり、日本を丸ごと中国にぶつけますよ。憲法あるから、米国は日本を中国にぶつけられないのです。アングロサクソンの戦術第一条に「夷を夷を以て制する」と書いてありますよ。その手に乗ること無い。

もう一つ、チャーチルは米国のアングロサクソンに働きかけ、米国が日本向けに石油とくず鉄を禁輸すれば、米国に矢を射ると説明し、禁輸を納得させました。そして、パールハーバーを引き出したのです。

CHANGEさん。もっとずるく賢くなってくださいよ。
4週間前
×
「ブルームバーグ・イノベーション指数」というのが、どういうもので、なにを反映しているものなのか自分にはよくわからない。しかしほかの色々な指数をみると、日本がどんどん貧しくなっているのは明らかだ。

いつもおもうが、いまは日本史上もっとも老人が豊かな時代だ。しかし、老人といってもさらに年代はわかれるが、いま70歳代程度の老人は、豊かなまま逃げ切れることはないだろう。貧しい国で老人福祉だけ豊かということなどはありえない。今後数年のうちに老人福祉が目に見えにくいところからどんどん削られていくだろう。医師の友人に聞くとすでに検査や一部の処方は、数年前とはちがって自由にはできない状態だという。

結果的に、貧しくてゲンパツもいらない、火発もいらずCO2もあまりださない国になってしまえば、うれしい老人もいるのだろうか。まったくバカバカしい限りだ。
4週間前
×
>>4
正論発する老人がそんなに嫌いかね。ばかばかしかったら、このブログから退散すりゃいいのに。

一つ言っとくけど、君もやがては老人になるんだよ。バカバカしいのは、君だ。
4週間前
×
もちろん、無事に生きていられれば、わたしも数十年先には必ず老人になります。

しかし、わたしが老人になるよりもさらに早く、無礼デイさんは「もっと老人」になりますよ。いま現在は働くこともでき、健康でおられるのでしょうが、十年先はわかりませんよ。

そして、十年を待たずして、日本がどんどん貧しくなる兆候はあちこちに見えており、貧しい国では最初に老人福祉が切り捨てられるだろうという、「ほぼ事実」をわたしは申し上げているのです。若い世代は、もうこれ以上の税負担や社会保険料負担には耐えられませんし。

無礼デイさんたち世代は、「最初の被害者」になる、まさに当事者でしょう。それに比べれば、若い世代にとっては、まだ間接的で将来的な問題です。

無礼デイさんは、「日本は中国人の観光で食っていけ」「日本はASEANのようになれ」という意味のことをかつて言った。「日本は中国の下請けで食っていけ」「いずれロシアの経済規模が日本を抜くという予測もある」と言った人もいる。こうした議論が、客観的な予測とか、選択肢のひとつとして真面目に議論されるのまでどうこういうつもりはわたしとしてはありません。逆に、徹底的に、それで日本はいいのかというところまで議論してほしいとおもいます。

しかし、どこか嬉しそうに、楽しそうに、若い世代や日本そのものへの呪いをかけるかのように、「日本はASEANのようになれ」などという、しかも自分たちの世代が「最初の被害者」になるという痛切感もなく。

そのことをバカバカしいと申し上げているんです。
4週間前
×
>>1
無能なトップでは世界と戦うことはできないのでは無いでしょうか。日本語が理解できず、ただただ近しい国へ金をばらまき、如何にも外交を推し進めているがごとき振る舞い、悲しいかぎりでは有りませんか。まずはこのトップの退陣が先決です。全国民が自公退陣を求めるべきです。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。