• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

西村大臣「緊急事態宣言再び出す状況でない。徹底した感染防止策と社会経済活動との両立を図っていくことが大事」に右派系ネットの反応。圧倒的に批判「ダメだこりゃ」両立は無理だと証明されただろさっさと終息させてから経済回せどアホウ」「令和になっても基本大本営」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

西村大臣「緊急事態宣言再び出す状況でない。徹底した感染防止策と社会経済活動との両立を図っていくことが大事」に右派系ネットの反応。圧倒的に批判「ダメだこりゃ」両立は無理だと証明されただろさっさと終息させてから経済回せどアホウ」「令和になっても基本大本営」

2020-07-10 10:51
  • 10

「西村経済再生相「緊急事態宣言再び出す状況ではない。徹底した感染防止策と社会経済活動との両立を図っていくことが大事だ」新型コロナ」への5ちゃんねる「新型コロナ★23

 批判が圧倒的に多い。このグループは安倍首相支持の傾向が強かっただけに、安倍政権の支持基盤を失っていく傾向。

A:反対

・ダメだこりゃ

・安倍投げたな 西村投げたな 加藤逃げたな

・西浦先生が警告してた時に夜の街封じておけば何の気兼ねもなくGoTo出来たのにね。

・市中感染になる前になんで対策しないの?間抜けだな。

・東京だけの問題じゃないスポーツ含めイベントごと緩和したら全国から集結するからな

・感染者万超えてももう自粛は出来んから

・そしてこのまま GoTo キャンペーン      ・・・  ばーか

・注視してる間にあれよあれよと最悪の事態に市中感染広まってるじゃねーか

・両立は無理だと証明されただろさっさと終息させてか

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
西村大臣の記者会見を聞いたが、生活様式の徹底を繰り返すだけだった。

中国や韓国がコロナ管理の徹底化に取り組み、ほぼ完成状況にあるのに日本の大臣は国民に自衛を呼びかけている。笑っておれない。

このような「コロナとの共存政策」だと間違いなく東京で失業者が増え続け、下手すると東京の経済はどん底に落ちて行こう。その後ろに不動産の値下がりを待っている種族の思惑が見え隠れする。
1ヶ月前
×
検査を強制できない、自粛を強制できない、経路不明者をなくせない。

あくまでも国民の自覚に期待するしかない。行政担当者、医療関係者のため息が聞こえる。

西村大臣が責任をとれば解決することではない。感染症に対する強制権を与野党で話し合うべきでしょう。
1ヶ月前
×
>>2
区毎に順次テスト希望者だけでも募れば多くの都民が陰性証明欲しさに殺到しますよ。
1ヶ月前
×
  経済再生担当大臣にコロナを担当させること自体が、間違っている!
即刻、西村氏を交代させるべきだ。
1ヶ月前
×
孫崎さん、お疲れ様でした。
キーをひとつ叩くのも気が滅入る薄汚い下品なコメントの
数々。

入力が終わった時、ふうっとため息をついた孫崎さんの
お顔が目に浮かびます。

お疲れ様。
1ヶ月前
×
>>3
そのような提案があれば、このブログで提案すればよい。私に言うことではありません。

私は、強制権を話し合うべきと一つの提案をしているだけです。あなたがどのように考えようとあなたの勝手です。
1ヶ月前
×
国と東京都が、何を考えているか、皆目わからない。

東京都が感染者に10万円出すことにすれば、夜の街を中心にしてサービス業の方々が積極的に検査を受けることになる。10万円を支給した感染者(無症状)が首都圏とか大阪圏などに移動した場合フォローできるのだろうか。メイルアドレスなど変えれば新たな追跡をしなければならない。

夜の街対応を、選挙のためか、10日間放置して、お金で人を釣る最低の愚策を推進している。お金で人を釣る検査は感染の可能性の強い人が多くなり、希望的観測ができるが、淡い希望に終わる可能性の方が強い。必要以上に感染者(無症状)を顕在化していけば、西欧各国がたどった道であり、コントロールできなくなっていくのでしょう。
1ヶ月前
×
5ちゃんねるには多様な人々が書き込んでおり、全体として「安倍首相支持の傾向が強」いグループというわけではないし、そもそもまともな右派は、安倍首相を支持していない。
このあたりの分析は、仕方ないとはおもいますが、あまりに大雑把だとおもいます。

また、記事中の「賛成」意見を書いている人たちが、現在の安倍首相支持派と重なるとおもわれるが、この人たちは、必ずしも右派というわけでもないとおもわれます。

さて、ウィズコロナといいだし、山中教授を専門家会議にくわえることを決定したあたりで、日本の支配層は、「よほどでなければ(適宜な程度の、あるいは日本的な)都市封鎖はしない」でやっていくと決めたのでしょう。

山中教授のホームページには「さらに感染者が増えてしまうかもしれません。自分を、周囲の大切な人を、そして社会を守るため、自分たちの行動を見つめなおす必要があります」とあるだけです。

いま進行していることは、ある意味社会実験とみることもできます。「一定地域における全数検査」なんかより、はるかに手間もカネもかからず、示唆に富むデータを得ることができるでしょう。

その社会実験の正義をささえているのは、「若年者、軽症者・無症状者が多数で入院の必要な重症者や死者は増えておらず、医療は圧迫されていない」という事実ですが、さて、この事実がいつまで維持されるか。

もうひとつの正義とおもわれるのが、「経済」ですが、現状の方向でさらに事態が進行していけば、わたしも、ひとつ前の記事で孫崎さんのいう「 経済的側面から見ても、現在の対応は望ましくない」となるとおもいます。

わたし自身は、3月ごろから言っていますが、有効な治療薬やワクチンが見つかるまでは、
適宜な程度の都市封鎖→感染者減→封鎖解除→感染者増→適宜な程度の都市封鎖→・・・
を、大規模な財政支出や減税とともにやるしかないと思っています。

すぐに8月で、人が移動する時期ですが、この時期にもし感染者が激増すれば、秋冬の本格シーズンにも影響が残ると思います。
1ヶ月前
×
前回の記事のコメントで、「p_f」さんが「自ら事実を確認する」
という極めて冷静かつ賢明な対応をとっておられます。

私も恥ずかしながら、2百人越えという感染者数に動揺してしまった。
修行が足りない。

世の中がイライラ殺気だってるのを感じます(私も含め)。

誰か何かに当たりたい気持ちは分かりますが、まず事実の確認を優先し、
冷静に対処すべき時ではないでしょうか。

まして、人命に関わる問題までイデオロギーの対立にしてしまうことが
はたして妥当なのかどうか。

常に保守派が正しい、リベラル派が正しい、などという事は絶対になく、
ある政策が短期的に正しくとも、長期的には弊害が大きいこともあれば、
局所的に正しくとも、大局的には正しいとはいえないこともあります。

部分の最適が全体の最適になるとは限らず、逆もまたしかり。
1ヶ月前
×
コロナとの共存は長いのに、付け焼刃的コロナ対策。今回で終わりならわからないこともないが、夜の街対策が後手になり、感染者の内訳をみると、すでに市中感染を始めているようだ。火の手が上がっているところにお金を使って対策し、感染が広がり始めた少人数の会食、家庭内感染など幅広い分野を一斉に網をかけることをしなければ、「モグラたたき」対策に終わるのでしょう。一回収まっても、次には進化して感染拡大するウイルスという認識が欠かせない。昨日、西浦教授と山中教授の会談の内容が一部報道されていたが、西浦教授の長い戦いであり、戦いが始まったばかりという意見は尊重していくべきでしょう。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。