• このエントリーをはてなブックマークに追加
焦点は、(1)自公三分の二獲得(310)し、憲法改正へ、(2)自民党が単独過半数(233)、(3)自公が単独過半数を取れるか。自民党自身の支持率低下、野党協力で(1)なし。現状況は(2)。岸田政権支持、発足より緩やかに下降→選挙にどう影響。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

焦点は、(1)自公三分の二獲得(310)し、憲法改正へ、(2)自民党が単独過半数(233)、(3)自公が単独過半数を取れるか。自民党自身の支持率低下、野党協力で(1)なし。現状況は(2)。岸田政権支持、発足より緩やかに下降→選挙にどう影響。

2021-10-20 14:23
  • 6

共産党が野党協力する意味、2017年は野党協力がなく自民党が大勝(465284、今回は協力で自民党は-。従って共産党攻撃。実質は立憲勝利の際は閣外協力。重要なことは如何なる政策を推進するかである。この点は四党合意がある。これの検証が重要。 
 焦点は、(1)自公三分の二獲得(310)し、憲法改正へ、(2)自民党が単独過半数(233)、(3)自公が単独過半数を取れるか。自民党自身の支持率低下、野党協力で(1)なし。現状況は(2)。岸田政権支持、発足より緩やかに支持が下降→選にどう影響。
 議会運営等を考慮した場合には次の基準がある。
「予算や法案を円滑に通すためには、与党で全常任委員長ポストを独占し、各委員会で半数を確保できる安定多数(244)が求められる。自民は最低でも61減となる215議席以上の確保は必要となる。
 さらに、各委員会で過半数の確保が可能となる議席数の絶対安定多数(261)を得る

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

自民党元幹事長の古賀誠氏は「憲法九条は世界遺産」と言っているし、2019年末にアフガンで亡くなった中村哲氏はどんな未開の部族社会に入って行っても日本人と言えば尊敬して受け入れてくれたと言っている。中村氏はその理由は憲法9条だと言うことが後で分かったとエッセイに書いている。

私は若い時南西アジアをわが物顔で行動していたが人々は何故か受け入れてくれた。薄々感じてはいたが、平和憲法の日本の人ということで彼らは寛容になれたのだろうと今改めて思い返している。

若し、自公が国会の多数を占めて、9条を放棄したら、アジアの反日が勢いを増して、日本人を「日本鬼子」と堂々と呼び捨てにするようになり、日本の一切の反動的行動を許してくれなくなるだろう。

ただ、私は日本の政治について次のように楽観的に観ている。

冒頭の古賀誠氏の考えは自民党のかなりの部分がシェアしているようだし、公明党のバックの創価学会は戦争反対を原則として堅持しているし、仮に自公が3分の2取れたとしても、9条の放棄は出来ないんじゃないか。

No.1 1ヶ月前

 自民党の内部文書による獲得議席予想は以下のとおり(10月7日~10日調査)。
  小選挙区 186
  比例区   45~55
   計   231~241
  (注) 現有は276ゆえ、マイナス35~45
      衆院定数は465ゆえ、単独過半数は233.よって、過半数ギリギリ。場合によって過半数割れれの恐れ。

 自民党内には、野党一本化にへの危機感ゆえか、ひどいフェイクニュースが横行している。
とくに、甘利幹事長の根も葉もないデマ。
いわく「今度の選挙は、自由民主主義の政権を選ぶか、共産主義が入ってくる政権を選ぶかの、体制選択選挙です!」
こんな人物が党要職を占めていることの驚き。
 岸田首相の変節ぶりも凄い。総裁選で主張していたことを、ことごとく翻している。
今や、自民党は最悪! 生まれ変わらないと議会制民主主義はまったく機能しない。社会全体のモラルハザードも凄い。
こんな政党に投票する人の気が知れない。マゾヒスト?

No.2 1ヶ月前

米国が日本国憲法の精神をどのように考えていたかは、朝鮮戦争の前後で大きく異なっている。朝鮮戦争前は「武力なき平和国家」の意図が大きいが、戦争から「武力を保持した国家」の意図が強くなった。

国家国民にとって様々な生活要素があるが、国家存立から衣食住の確保の最低条件までを並べてみると、

国家が存立>雇用>格差>医療・介護などの社会保障=教育の機会平等>衣食住になるのではないか。

絶対条件は日本国の領土が安全確保されなければ生活できないし、財産が守られなければ安心できない。次には仕事がなくては毎日の生活ができない。医療も必要であり、教育も必要である。衣食住が確保できなければ、国民の不満は高まり社会不安が各所でいつも起きるようになる。

各個人で変わるのは当たり前であるが、幸いにも、日本人は曲がりなりにも雇用までは、世界的に見て最上位に属するといってよい。問題はなぜ最上位を確保できているかを分析すれば、「武力を持った国家」がかなり犠牲になっている。極端に言えば米国の軍事力に守られているから、最上位の生活が確保されているといえる。

近隣諸国の脅威がなければよいが、米国の力の減少により、近隣諸国が脅威を誇示するようになっている。尖閣諸島に対する脅威、つい最近では津軽海峡を中国とロシアの艦船が双方5艦船ずつ10艦船通過した。北朝鮮は日本の上空、領海にミサイルを飛ばすようになっている。完全に何もできない日本を馬鹿にした行為が目に付くようになっている。

日本が真剣に国土を守ろうとしなければ米国など核保有親日国が日本を守ってくれない。今回の投票がどうなるかは国民が判断することであるが、日本を守るタイムリミットが今回の選挙であるとみている。スキャンダラスな政局問題にうつつを抜かしている段階は過ぎています。

No.3 1ヶ月前

日本の支配構造が米帝国にハーモナイズするように作られて今や完成域に達している。

日本国民の殆ど全て、つまりメッセンジャーRNAの注射を受け入れる比率に相当するくらい、アジア人を支配の対象として観る癖が抜けなくなっているようだ。

アジアの向かう方向は間違いなく脱米。米国を相対的に観ることが出来ない自民党はいかにあがこうがアジアでは孤立する。

そのことを日本国民に分からせる手段はもうない。

No.6 1ヶ月前

中国怖い怖いはコロナ怖い怖いと同質の恐怖売り込み戦術。

それにまんまとひっかかるおめでたい日本人。

やはり、戦後の義務教育の失敗と言えようか。

No.7 1ヶ月前

>>2
>「今度の選挙は、自由民主主義の政権を選ぶか、共産主義が入ってくる政権を選ぶかの、体制選択選挙です!」

コウノも負けてません-

戦闘モード河野氏、立民・共産を猛烈批判! 東欧の留学経験語り「毎日食べるのはジャガイモと酢漬けのキャベツ…」 共産党・志位委員長は反論「見当違いだ」(夕刊フジ 2021/10/19)

曰く、「自由と民主主義を守るのか、あるいは共産主義への第一歩を踏み出すのか。衆院選はそれが問われる」

日本共産党にも硬直性etc.批判すべきことは彼是あるにせよ、コウノの論はアマリ同様、デタラメもいいところでしょう。志位氏も開いた口が拡がってしまったのではないでしょうか。
日本を「1984」ばりの警察国家/監視社会にしたのは一体何処の政党なのか!...これでコウノにはインテグリティの「イ」の字もないことがダメ押し的に証明されました。
一方、最大限の警戒が必要なのは自公お得意の「ヨンパチ作戦」(不正選挙)でしょう。

> こうした状況下、(1)自公が三分の二を獲得(310)の可能性はない。

フツーならそうですが、あり得ない どんでん返しが起るのは昨年の米大統領選で見た通り。係る目論見は、絶対に打ち砕かねばなりません。

No.8 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。