• このエントリーをはてなブックマークに追加
将棋68 藤井聡太氏とAIとアベマTV
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

将棋68 藤井聡太氏とAIとアベマTV

2021-10-25 06:49
  • 5

私はもともと囲碁をやっていました。ネット囲碁が出来るようになって、一日8時間位ぶっつづけでさし続け、頭がくらくらすることもありました。こうした生活は精神衛生上悪いと思い、囲碁から去りました。

でも、本来、囲碁、将棋が好きです。この時に藤井聡太氏が現れてきたのです。

私は「藤井聡太フィーバー」は三つの要因でできたと思います。①個人の能力、②AI,③アベマTV

藤井聡太氏は、2019年詰将棋解答選手権に五連勝しています。読みの力が抜群であることを示しています。

次いで、AIの登場です。AIの思考は全く人間の思考と離れて行われます。ルールだけ与え、後はAIが自分で考えていきます。今TVの実況中継を行っている際にAIの示す最善手を表示しますが、AIは次の一手を示すのに、時に300億手以上を考察しています。AIの登場で、次の一手で様々な選択肢の紹介、各々の評価、今後の理想形の展開を示します。昔は、

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

孫崎先生のプロ将棋についてのご高察は素晴らしいですね!

以前にもここで触れましたが、聡太君の将棋を中村大地氏はピカソの絵と評しました。私も素人ながらその言わんとするところが分かるような気がします。

これまでの将棋の修業はどちらかと言えば、司法試験みたいなものだったのではないでしょうか。棋譜を覚えるのは六法全書を勉強するのと似てる?のではないでしょうか。

ところが、私には聡太君の登場で一挙に将棋が暗記物から物理学になっちゃったという実感があるのです。物理学の大天才アインスタインは暗記が苦手だったと言われてます。聡太君は記者の質問に答えて、「自分は脳内盤を使わない。符合で考える」と表明しているのです。アインスタインは数学の天才でもあります。聡太君は彼特有の将棋数学の体系を持っているのではないでしょうか。その結果出て来る戦略戦術は中村大地氏にはピカソの絵みたいに見えるのでしょう。

羽生氏は脳内盤を4つに分けて考えるそうです。聡太君の手を解説する羽生氏の聡太君の一手一手に感嘆する姿を見ていると聡太君の将棋数学の体系が羽生氏には分かっているのではないでしょうか。他の棋士はまだその体系に気が付いてないようです。

続く

No.1 1ヶ月前

>>1
続き
鈴木大介氏は藤田晋氏とは麻雀仲間だということですね。藤田氏は鈴木氏が将棋の高段者だと言うことを知らなかったと言われてます。その鈴木氏が将棋連盟の事業を拡大した功績は絶大です。

私が住む地域には伐採グループと称する庭師さんの組織があるんですが、先日、電話して庭の木を剪定して貰いました。リーゾナブルな価格でやってもらいました。

つくづく思うのですが、過酷労働で悩む大型トラックの運転手さん、団結して連盟をお作りになり、将棋連盟や伐採グループみたいに資本主義を生き延びるべきだと思うのです。皆様、如何お思いになりますか?

No.2 1ヶ月前

子供の頃は詰将棋にハマったりもしたが、その後は殆ど門外漢。しかし、ご投稿からは ついチェーホフのミヤマカラスの気分になってくる。対戦相手は今や人間でなくAIになったも同然のようだ。すると、人間がどれだけAIに迫れるか━それを競い合っているだけでないのか。そんなことに意味があるのか。コンピュータと計算能力を競う人間はいない。勝ち目はないからだ。将棋も早晩そうなるのでないの。何かAIが太刀打ちできない要素をルールに盛り込んだ方がいい気がする。そうでなければ、藤井聡太氏も いずれバカバカしくなって将棋を辞めるのでないか。

No.3 1ヶ月前

自分がパソコンを初めたのはインターネットで将棋をしたいと思い、パソコンを始めました。
今は将棋を中断しています。将棋グラブ24で対戦したらどの人も強く段々と級を下げてちょうどいい対戦相手を探していました。
豊島ー藤井戦は相居合飛車の戦形ですが、アマチュアレベルでは指せないですね。攻めが強いアマチュアから薄い陣形は直ぐ潰されます。

アマチュア同士の戦いなら亡くなった大山15世名人が多用した振り飛車対居飛車戦が少々の読みのミスを取り戻せるようです。大山15世名人は神経を使う相居合飛車の戦形にせずに相手が振り飛車が得意なら居飛車側、居飛車が得意なら振り飛車側を持ち勝率を上げていたらしいですが、長年指すと意味が解って来ました。
現代プロ将棋はパソコンの人工知能を使い研究した戦法でしのぎを削っているようですね。
プロ同士の対戦は第一段階で研究での勝敗とそれ以降の中盤戦、終盤戦の第二段階、第三弾の勝負のようで詰将棋を得意とする藤井将棋には隙が無いようです。




No.4 1ヶ月前

孫崎さんは囲碁からはなれてしまったとのこと。

囲碁は碁盤が無駄に広すぎますね。
19路盤などは決着までに270手くらい掛かり
楽しみのためにちょっと打ってみようというゲームでは
なくなりました。
わたしは15路番くらいがちょうどいいと思い、実際に
作りました。

ところが、声をかけても誰もうってくれない。
プロが打たない碁盤に興味がないのです。

19路番では囲碁に将来はないと思います。
囲碁はこの先プロだけがうつことなるでしょう。
それとわずかな物好きと。

わたしは大学の囲碁部と碁会所、囲碁好きがいることが当然
予定されている場所以外で碁が打たれているのをいまだに
見たことがありません。

藤井聡太が出現したのが将棋でよかった。
囲碁でなら囲碁界はこのビッグチャンスをみすみすフイに
したでしょう。

No.5 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。