• このエントリーをはてなブックマークに追加
山本太郎と小沢一郎の一体化。情熱と策士の組み合わせ。受け皿を期待したいが、道困難。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山本太郎と小沢一郎の一体化。情熱と策士の組み合わせ。受け皿を期待したいが、道困難。

2014-12-29 06:38
  • 5

 驚きである。

 市民政治家を目指す山本太郎氏と小沢一郎氏が連携した。

 26日産経新聞は次を報じた。

 「先の衆院選で政党要件を失った生活の党は26日、新たに無所属の山本太郎参院議員を加え5人となった。総務省に同日、政治資金規正法に基づく政治団体の届け出を行い、再び「国会議員5人以上」の政党要件を満たし、来年の政党交付金を受け取ることができるようになった。

 党の正式名称は「生活の党と山本太郎となかまたち」に変更した。代表は小沢一郎氏が引き続き務める。生活は衆院選の当選者が小沢氏ら2人にとどまり、「比例代表の得票率2%以上」の条件も満たせずに政党要件を失っていた。

 とりあえずの動機は政治資金規正法に基づく政治団体の資金提供をうける。

 厳しい状況下にあった「生活の党」と山本太郎氏には短期的に明白な利益がある。

 私は「生活の党」の国会議員(前職含む)若干

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

小沢氏は、パーティなどで拝見する姿と、テレビで拝見する仏頂面の姿があまりに違いすぎる。政治家なので当たり前と言えば当たり前であるが、現在はイメージが大きく投票行動に直結する時代であり、たいへんそんな役回りを演じることになっている。分からないやつはわからなくていいといっていれば、自分の選挙区でも危ないことが今回の選挙で分かったはずであり、自然体で素朴に率直に国民に語り掛け、政治不信払しょくを果たし、共生社会を実現してほしいものです。

No.1 93ヶ月前

ANY BODY BUT OZAWA

米国支配層の日本政治操縦の確固にして重要な戦術ですね。米国支配層は第二次大戦後世界中ですばやく各国の内政干渉をしてきたから、その蓄積もあって、米国支配層の手練手管、手腕は目を見張るものがある。

米国支配層は西ヨーロッパにアラブの難民を受け入れさせながらナチズム台頭を促している。そのエネルギーをロシアのプーチンにぶつけるという高等戦術を使い始めた。同時に日本では同じ発想で戦前の軍国主義を復活させている。こういった戦術は歴史認識と知性を欠くからこその米国支配層らしい戦術だ。果してうまくいくかしら。

日本の政治は米国支配層のそういった戦術の中できめ細かく動かされていると私は見ている。東アジアを一体と見た場合、日本の現政権は中国動乱時代の日本の傀儡王兆名政権とまるで一緒だ。

日本は王兆名政権を支え中国経営に乗り出したが見事に失敗した。米国支配層の西ヨーロッパと東アジアに於ける戦術はどう贔屓目に見てもFEASIBLEではない。必ず行き詰まる。それも近い将来に行き詰まる。

生活の党が今5人であっても、米国支配層の政策が行き詰まれば、日本の民衆は塗炭の苦しみに遭う。そして5人を必ず支える。ANYBODEY BUT OZAWA が ONLY OZAWAに変わる。私はそのように楽観している。

No.2 93ヶ月前

私は共産党員ではないが50年来の、日刊「しんぶん赤旗」の読者です。
今回の総選挙では沖縄で象徴的な結果が出たことはご承知と思います。「反自民」の一点共闘で、自民全滅・共産初当選という輝かしいとも、当然ともとれる結果がでました。これが他で出来ない訳は無いはずだし、野党の政治家こそが75%の国民の気持ちを無視していると指摘する。”政治家”なら75%の国民の声を纏めなさい!

No.3 93ヶ月前

小沢一郎議員、山本太郎議員、両者とも人物破壊工作の標的ですから、今後も困難が待ち受ける事でしょう。政権交代を目指すために、新進党や民主党のような寄せ集めの政党にはならないで欲しいものです。
安倍政権の政策に懐疑的な亀井静香議員とも力を合わせて、悪い流れを止めてもらいたいものです。そこに山田正彦氏がいないのは非常に残念な事です。

晋三よ!国滅ぼしたもうことなかれ 亀井静香議員
http://www.kamei-shizuka.net/opinion/141122.html

燃料棒とか廃棄物は日本に全部持ち込むことになっている 山田正彦元農水相
https://www.youtube.com/watch?v=mZ98hSpb4wc

No.4 93ヶ月前

山本太郎がどの程度の人物なのか僕はよく知らないけれど、権力に立ち向かうつもりならそれなりの覚悟は必要だろう。権力にひれ伏せる日本のメディアとは一線を画さなければならない。ただまともなことをまともに発現していれば、いつかはどちらが正しいか明らかになる。中途半端にいいとこ取りをしようとするといずれはうまくいかなくなる。今後反体制の一翼を担うつもりなら覚悟を決めて欲しいとは思う。いつまでも尻軽では煮ても焼いても食えない。

No.5 93ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。