• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「IWC脱退 クジラを食うべし」小林よしのりライジング Vol.298
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「IWC脱退 クジラを食うべし」小林よしのりライジング Vol.298

2019-01-08 19:50
  • 77
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第298号 2019.1.8発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…昨年12月26日、日本政府は国際捕鯨委員会(IWC)に脱退を通告、今年7月より30年ぶりに商業捕鯨を再開することとなった。IWC脱退という結論が正しかったかどうかは未だわからないが、日本の「食文化」を守るという意識がない連中には心底腹が立つ。「クジラごときで国際協調を崩していいのか」「他に美味しい肉はある」「商業捕鯨再開を歓迎するのは、クジラ漁をしている漁師だけだ」etc.…大間違いである!!これは捕鯨だけに止まらない深刻な問題を孕んでいるのだ!!
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…昨年12月25日の朝、父が亡くなった。肝硬変の合併症でできた食道静脈瘤が破裂したことによる失血死で、74歳だった。命に関わる病を家族に隠し、まったく迷惑をかけず、元気に暮らして、最期は自分で始末し、たちまちのうちに逝ってしまった父。父の人生、家族、そして死について考えるうちに、見えてきたこととは?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!立憲的改憲に賛同しそうな、認知度の高い著名人や芸能人を巻き込むべきでは?煽り運転など悪質なものには極刑を求刑できるようにすべきでは?護憲派が権力を縛り直す立憲的改憲までも拒む理由とは?普天間基地移設問題、辺野古に移設できたとして普天間は本当に日本に帰って来る?伊勢神宮参拝をした立憲民主党が非難されている件をどう思う?2019年はキャッシュレス社会化がさらに加速!?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第307回「IWC脱退 クジラを食うべし」
2. しゃべらせてクリ!・第255回「天高く凧上がるお正月ぶぁ~い!の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第109回「父のこと、家族のこと」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




5af61e63bec5ab78dc93d2f134fb65867f10c3a3

第307回「IWC脱退 クジラを食うべし」

 昨年12月26日、日本政府は国際捕鯨委員会(IWC)に脱退を通告、今年7月より30年ぶりに商業捕鯨を再開することとなった。
 年末に、何の国内論議もなく重大なことをやっつけてしまうというのは、もはや安倍政権の年中行事である。
 捕鯨については17年前に個人雑誌『わしズム』の創刊号に描いた。その年・平成14年(2002)は下関でIWCの会議が行われ、そこで日本が商業捕鯨の再開を訴えることになっていたため、その前に世論を盛り上げようとしたのだ。
 ところが、その後IWCで商業捕鯨が認められそうな気配は全くないまま時間が流れていき、むしろ反捕鯨国のペースに拍車がかかる一方となってしまい、ついにIWC脱退という結論に至ったわけだ。

 商業捕鯨ができるのは日本近海と排他的経済水域(EEZ)に限られ、これまで南極海などで行われていた「調査捕鯨」はできなくなる。
 日本近海とEEZ内ではこれまでも、IWC管轄外の小型のクジラを捕獲していたが、今後はそれに加え、この水域に入って来るミンククジラ、イワシクジラ、ニタリクジラの三種を捕獲する予定だという。
 水産庁は、漁獲量はこれまでと変わらないと試算しているが、調査捕鯨ができなくなったことで、漁獲量はむしろ減少するのではないかという懸念もあるらしい。
 IWC脱退という決断が吉と出るのか凶と出るのかは、まだ現時点ではわからない。
 だが、ここでわしが最も腹の立つのは、「クジラごときで、そこまで強硬な手段を取ることないじゃないか」という意見が出てくることだ。

 今さら商業捕鯨を再開しても、鯨肉の消費量が増えるわけじゃないとか、わざわざ鯨肉なんか食べなくても、他に美味しいものはいくらでもあるとかいう声が普通に出てくるのは、実に不快である。
 クジラの刺身は、わしが小中学生の頃、父親が生姜醤油に漬け込んだものが特に好きで、しばしば食ったものだ。クジラのベーコンは、今でも福岡に帰った時は博多料理で出されるから食っている。これは抜群に美味い。
 昔はステーキというと鯨肉だったが、牛肉のステーキが普通に食えるようになったら、食わなくなった。竜田揚げも好きではない。
 
 しかし、そんな鯨肉であっても、料理人というものはどうにかして美味しく食べさせる方法を開発してしまうものである。
 わしは以前、ヒツジが臭くて食べられなかったのだが、今では美味しいヒツジ料理を食べられる店がいくつもある。
 ジビエだって、素材自体は決して美味いものではないはずなのだが、それをいろいろ工夫して、ブームにまでしてしまっている。
 クジラの美味い食べ方など、まだまだ開発できる余地はあるはずなのに、もうどうせ誰も食わないとか言って放り出そうとするのは、あまりにも浅はかなことである。

 クジラが食べたいという程度の理由で、国際協調を崩していいのかという意見にも、全く賛成はできない。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他67件のコメントを表示
×
山口真帆に暴行を指示したのは、大野彩香だ!
大野彩香は逮捕されるべきだ!
警察は何をやってるのだ!
9ヶ月前
×
門下生チャンネル、拝見しました。

動画収録編集配信・・・・・・お疲れ様です。

私はようしない、トップ同士のお話はほとんど分からない、
という堕落した私ですが、
「門弟にはならない」など、「あ~分かる」というところもありました。
信頼の話は、
信頼しているもの同士の仕事は良いもので、
結局結果も良かったりします。
そういう仕事ができるのは珍しく、最近はできてないです。

設営隊はみなさまヒトクセもフタクセモあるツワモノぞろいですので、
刺激も受けています。

おぼっちゃまくんのデータベースは関西設営隊HPで実現しましたね♪
直訴の件は、それがかなってもかなわなくても、
他の新しい挑戦が上手くいってもいかなくても、
夢と実現性のある、すばらしいものだと感じています。

9ヶ月前
×
NGT山口真帆さんの事件についてですけども、ネットではバンバン情報が出ています。それによると、加害者はメンバーだけでなく、運営側とも馴れ合いの関係だったとあります。(事件に際して示談にしたとも)
 最初見かけたときは「よくあるデマかな」と思っていたのですが、その後ニュースで他のメンバーが次々にNGT運営に対して苦言を呈しているのを知り、どうもそれらは真実に近く、更には加害者と住所を教えたとされるメンバー、運営との関係が、周知の事実だったのではないかとすら思えてしまいます。
 先程NGTの前支配人が更迭され、第三者委員会が設置されるとの報道がありましたが、対応が遅すぎます。これで「何もなかった」では、運営に対する不信は更に募るだけでしょう。
9ヶ月前
×
極左安倍の逆賊ぶりには怒りしかありません。元号に自分に関する文字入れたりしそうですよね。
9ヶ月前
×
憔悴しきっていてもステージに立つ…
山口さんのプロ意識の高さを見せつけられました。

信頼でき、頼れる支配人ならば、山口さんにステージで謝罪はさせず、自らの口で経緯を語り、メンバーをここまで追い詰めた事を謝罪したはず。

ただ、犯人探しは止めてもらいたい。
9ヶ月前
×
ライジング配信ありがとうございます。
今回もしゃべらせてクリ!採用ありがとうございます。
これからも精進します。

私は海無し県に住んでいるので、クジラにはあまり馴染みがないのですが、
(何故かその海無し県で育った)叔父ふたりが捕鯨船の無線士をしていたので、私の姉はクジラのベーコンが美味しかったという話を正月になるといつもします。当時私はまだ小さかったので、食べてないか食べた記憶がないのかよくわかりません。
しかしながら、安藤百福氏の言葉は心に響きます。
国、地域で熟成されてきた伝統(麺文化)を無くさないよう、麺に限らず伝統を守れるようこれからも精進していきます。私は町内の祇園囃子の笛を吹いています。父の世代が高齢化でどんどん動けなくなっていく中、子供の世代に地域のお祭りをどう残していくかが当面の課題だと思っています。
IWC脱退に関しては、今後の動きを見たいと思います。
美味しいクジラが食べたいです。
9ヶ月前
×
>>58
見ましたよ。
面白い❗️
時間がある時じっくり視聴します。
頑張って下さいね。
9ヶ月前
×
遅ればせながら、トッキーさんのブログ、「情報仕入れるよりも『国語力』の方が先!」、よしりん先生の「常識があれば思想だってできる」をよみました。自分にとって、とても痛い話だったので投稿します。

よく人は知識量の多さで知的水準を量ろうとします。が、大事なのはその題材を使ってどう思考するか、であって、そこに「常識」という基準があるのであり、このことを勘違いしてはいけないのだ、と思います。加えて、テーマから外れて話を拡大してはならないということです。

過去に、私は伏見宮がなぜ成立したのか、観応の擾乱と正平一統のことを語らないと、男系派に反駁されるみたいなことを記したことがあるのですが…。

この鯨の話と同じで、情報だったのか、と気づきました。

このことについては、浅見雅男という人の『伏見宮─もうひとつの天皇家』という本をよみ、解決しました。この本の論理からしても、天皇家の遥か遠い縁戚である竹田一族などには皇位継承権など初めからない、ということになります。
それ以前に、「本家の先祖の発祥」ではなく、現在の皇室との近さの方がより重要だ、と思います。

以上、不必要なことなのかも知れませんが、つけ加えておきます。
(№81を整理し、№82にもミスがあったので、投稿し直しました)
9ヶ月前
×
SPA!編集部に抗議した女子大生の記事を読みましたが、リベラルの愚かさがよく解る記事です。
まず最初に編集部に向けて「どうして批判されているのか」と質問している時点でヤバイです。子供に向けて「どうして怒っているかわかる?」と圧力かける毒親のやり方そっくりです。この時点で議論ではなくマウント取りに来ているなと察しがつきます。(自己批判させることによる、自主性の崩壊)
そして、「ヤれる女子大ランキング」で女性の人権が傷ついた、廃刊にして問題を終わりにしたくない、と言っていますが、とことん思い上がっていますね。例えるなら、何処かの社用車が水たまりはねて、それが服にかかって汚れたから訴えてやる。それが嫌なら、運転していた社員をクビにしろ、もしくは廃業しろ、だがそれで終わりじゃない、と言ってるようなものです。(不注意に対する過度な処罰)
 ハッキリ言ってヤ○ザみたいです。ちなみに、やたら「女性の人権が」と叫ぶリベラルやフェミニストを、ネット界隈では「お気持ちヤ○ザ」と呼ぶことがあります。加減を知らないという点では、よりタチが悪いと思いますが。
 しかも、執筆陣を抱えた雑誌を、おいそれと廃刊なんて出来るわけがありません。表現の場が無くなるというのもありますが、執筆者だけでなく、デザイン、印刷、製本、運搬、その他諸々の仕事が無くなってしまいます。そのあたりを、扶桑社に抗議した女子大生達はわかっているのでしょうか。(所謂世間知らず)
雑誌のおふざけ企画にまで「人権侵害だ!」と廃刊を迫るリベラル達は、学級民主主義から抜け出せないパワハラ集団です。何処にも理性や正義なんてありませんね。
9ヶ月前
×
>>30
そりゃ当然そう言ってくるはずですよね、飢饉時には。
>>34
ほんと、依存体質。なんというか、自分というものが無い、主体性が無い、という感じですね。トホホ
>>39
お気遣いありがとうございます。
9ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。