• このエントリーをはてなブックマークに追加
「コロナ・政権とマスコミの共犯」小林よしのりライジング Vol.348
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「コロナ・政権とマスコミの共犯」小林よしのりライジング Vol.348

2020-03-04 22:35
  • 89
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第348号 2020.3.4発行

小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…新型コロナウイルス問題、さすがにトイレットペーパーの買い占め騒ぎまで起きたのには驚いた。不安とパニックで、大衆から冷静な判断が失われていく様子は東日本大震災直後のことも連想させられる。そしていま、この混乱に乗じた「火事場泥棒」がいる。安倍晋三首相は2月27日、新型コロナウイルス対策として全国の小中学校、高校、特別支援学校を3月2日から春休みまで臨時休校にするよう要請した。これまでの対応は「無為無策」としか言いようがなく、海外からは「Where's Abe?」と揶揄された安倍首相が、なぜ今、そんな強権を奮ったのか?こんなのは「大英断」でも何でもない!!政権とマスコミの共犯を許すな!
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…20代の間に「固定電話恐怖症」が広がっているという。会社にかかってくる電話の音を聞くだけで動悸や息切れがはじまったり、体が震えたり、手に汗をかくなどの症状が出るらしいのだ。固定電話に恐怖を感じる理由とは何か?そこにはどんな深層心理があるのか?そしてなぜそういう若者が増えてしまったのだろうか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!「考えながら生きる」ためには何が必要?バブル期の女性は甘やかされていたのでは?プロとアマチュアのモチベーションの違いとは?視聴率や漫画の人気投票は、本当に信用すべきバロメータなの?作家にとって自分の本が図書館に置かれるのはどういう気持ち?日本は母性文明の国?女性の地位向上が進まない原因の一端は、自称フェミストにあるのでは?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第363回「コロナ・政権とマスコミの共犯」
2. しゃべらせてクリ!・第305回「へぶるわっ! 今どき希少品種のヤンキーしゃん登場ぶぁい!の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第157回「固定電話恐怖症~若者はどうして電話が怖いのか?」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




ab6578d287ec649d68d48f2d8f5d8f6d8afc91ee

第363回「コロナ・政権とマスコミの共犯」

 さすがにトイレットペーパーの買い占め騒ぎまで起きたのには驚いた。50年近く前のオイルショックの時代にタイムスリップしたかのようだ。
 不安とパニックで、大衆から冷静な判断が失われていく様子は東日本大震災直後のことも連想させられる。
 そしていま、この混乱に乗じた「火事場泥棒」がいる。これは決して見逃してはならない。

 安倍晋三首相は2月27日、新型コロナウイルス対策として全国の小中学校、高校、特別支援学校を3月2日から春休みまで臨時休校にするよう要請した。
 これは法的根拠のない要請で、与党議員にも事前の説明はなく、安倍首相に近いとされる議員もその多くが報道で初めて知って「驚いた」と口々に語った。
 決定はほとんど安倍の独断らしく、官邸内でも危機管理における「政」のトップである官房長官・菅義偉、「官」のトップである官房副長官・杉田和博の両名にすら事前の相談がないという異例の意思決定が行われ、自民党の新型コロナウイルス関連肺炎対策本部長である元厚労相・田村憲久も「事前に聞いていなかったので、突然で驚いた」と述べている。

 この要請、わしには全く理解ができない。
 臨時休校や学級閉鎖などは、その学校ごとに判断すればいいことだ。感染者が続出している北海道なら休校が必要だといえるが、2月29日現在、東北地方の感染者数は仙台に1人、中四国地方は徳島県に1人だけである。全く患者のいない県の学校まで政府が一律に休校とすることに、一体何の意味があるのだろうか?
 これはわしだけが言っていることではない。安倍側近と言われた元文科相の柴山昌彦までが報道で初めて知って、「亡くなった方が出ている所と、感染者が報告されていない所と、一律の対応というのは、柔軟性に欠けるのかなと。唐突ではないかなと思う」と言ったほどである。
 しかも子供の感染例は比較的少ないのだから、それよりも老人に対する診療体制を充実させる方を優先させるべきではないのか。
 それなのに、この要請に対して自称保守のみならず、普段安倍政権を批判している左派メディアからも「英断だ」と絶賛の声が上がったものだから、わしは呆れかえってしまった。

 そもそもここまでの安倍政権の新型コロナウイルスへの対応は「後手後手」どころか「無為無策」と言うに等しく、ここまで感染が広がったのは、阪神淡路大震災の村山政権、東日本大震災の菅政権にも匹敵する、安倍政権の「人災」というべきである。
 本来なら今年1月6日、武漢からの帰国者に初の感染が確認された時点で徹底した水際対策を取らなければならなかった。ところが政府は春節のインバウンド需要欲しさに中国人観光客を入国禁止にせず、ウイルスを国内に招き入れてしまった。
 わしは早い時点で「中国人観光客を入国禁止にしろ」と唱えたが、そういう意見は「排外主義」扱いされる始末だった。
 スイスのロシュ社は、武漢での感染が発覚すると緊急にわずか数日で検査キットを開発し、中国湖北省に無償提供していた。だからダイヤモンドプリンセスの件では、ロシュのキットをさっさと輸入して、直ちに乗客乗員の全員検査をすればよかった。
 ところが実際は全員検査をせずに乗客乗員を船内に閉じ込め、船をウイルス培養の「巨大シャーレ」にしてしまい、無駄に感染者・死者を出し、その失態を世界中に大宣伝してしまった。

 もともと感染症対策は厚労省だけの問題ではない。国民の行動制限など、厚労省ではできない問題も多く関連するので、全省庁を横断する体制を作り、そのトップに首相が就いてリーダーシップを発揮するというのが当然の形式だ。
 ところが安倍は責任を取りたくなかったのか、これを厚労省マターにして対応を加藤勝信厚労相に丸投げし、自らはずっと表に出てこなかった。
 これは海外から見れば明らかに異常で、米ロイター通信は「Where’s Abe?」(安倍はどこだ?)と揶揄、国内の内閣支持率も急落した。
 なにより安倍首相にとって重要なのは、3月末にも始まる東京五輪の聖火リレーである。東京五輪が中止になったら、莫大な経済的損失が出る。
 それに焦ったものだから、安倍は急にしゃしゃり出てきて、必要ともいえない「全国小中高一斉休校」を唐突に言い出して極端な強権を振るい、「子どもの健康安全を第一に考え」ただの「ここ1、2週間が極めて重要な時期」だのと言って大見得を切ったのだ。
 あまりにも見え見えの、政権維持のためのパフォーマンスである。ところがこれに左翼まで騙されて、「大英断」と絶賛したのだ。安倍は、チョロいもんだと内心舌を出したことだろう。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他79件のコメントを表示

>>113
>>104
おはようございます!
ごめんなさい!1日3回のルールに反して、4回目のコメントになります。今回限りにします。
本当に、ごめんなさい。
わたしの名前を出してもらったので、自分が、勝手に呼応して、コメントさせてもらいましたが、自分のコメントを読み返すと、No.104のコメントには、全くの的外れのコメントとなってしまったことを、お詫びします。
多分、わたしの、No.113のコメントだけだと、それは、No.74への答えにしかならないですよね。多分。
NO.104のコメントを、もう一度、ちゃんと読ませていただくと、
こちらは、ご自身のなかでも、日本ファーストと、国民ファースト、差別意識と、差別心、差別意識から行動まで実際に動いてしまっている、ヘイト活動?への疑念とか、怒り、そこへ、ネトウヨと呼ばれる人たちへのことや、左翼への、疑念などと、健常者以外の、日本人、全部ご自身で書かれているように、障害者や、社会的弱者や、マイノリティの人たちは、どう思い、どう考えるのか?ご自身の感じる差別心みたいなものも、赤裸々に、照らし合わして、
そこでの、自分とは、違う立場の人の、意見をも、お聞きしたいということなんだなと、それで、わたしの名前を出してくれたことに、やっとわたし自身の理解が追いつきました。
ごめんなさい。遅くなったことと、変な間違いをしてしまっていたことを、お詫びします。
最初のコメントで、遺伝子レベルまでの抹殺?という過激な表現をされていたので、そのことに、戸惑ってしまい、勘違いしてしまいました。申し訳ありませんでした。
ただ、わたし自身は、自分が、心の綺麗な、全くの差別心を持たない善人であるとは、当然ながら思ってはいませんが、自分自身の持つ、差別心みたいなものが、直接的に、ヘイトへは、やっぱりどうしても自分のなかで繋がることはないですし、もっと言ってしまえば、わたしには、反日無差別虐殺テロが、日本で、もし起きたとしても、ざまあみろとは、わたしは、ならないです。わたしに、反日の感情が、正直、そんなにはっきりとないですし、左翼やヘイト、日本人ヘイトに、そこまでの感情移入をして考えたことが、正直ないです。
それは、わたし自身に、差別心がないからではなくて、自分自身が、育った生い立ちや、環境などから、出自や、自身に流れている民族の血に対しての思い入れよりも、いわゆる、白人の人や、アジア人の人が、思う、日本人への差別心への怒りよりかは、日本人が、日本人を大切にしないことや、おんなじ日本人の言動や行動に対しての、怒りや情けなさ、憤りを感じることは、たくさんあります。ただ、そうなると、そこに、自分の介入させないで、考えることは、出来なくて、自分自身への、不甲斐なさや、憤り、情けなさへの怒りにも、繋がってくるので、どうしても、わたし自身は、世の中に、蔓延している、差別と、自身を全く切り離して、考えることは、難しく、差別の憤りを感じるともに、自分自身への、内省、自省、反省となり、自分の感情が、ぐちゃぐちゃになってしまいます。障害者である自分が、差別について考えることは、自分自身への自己蔑視にも、繋がってきてしまい、わたしは、今は、自分が受けてきた、差別を自分自身が、覆すことができていない状態なので、話しが、だいぶ違うベクトル、段階になってしまいます。
ごめんなさい。今のわたしに、言えることは、これだけで、本当に、申し訳ないですが、
わたしも、これからも、ここを通しても、人として、これから、本当に、たくさんのことを学んで、精進していきたいと、今は、そう思っているのが、自分な現象で、情けなくて、申し訳ないです。ただ、ひとつだけ言えることは、人の不幸を願ったり、喜んだりしても、自分自身が、幸せになることは、本当に、無いと、それは、自分の人生で、実感を持って言えることだと思います。

No.115 26ヶ月前

 昨日の道場、お疲れ様でした。とても充実した内容でした。少しだけ述べると、高森先生のおっしゃる、男尊女卑は近代軍隊制度や戦争の生み出した賜物であることや、よしりん先生があるかたに自分がイニシアティヴを取る位でないといけないとおっしゃられていたことが印象に残りました。木蘭さんの統計データなども。そう考えると、二次元の世界では女性兵士の活躍とか、『ガールズ&パンツァー』とかあるけれども、実際の世界にも女性兵士はいるけども、組織の中の一員としての側面が強い、というのが事実でしょう。

>>104
 gengさんの問いかけにもう少し思ったことを記すと、
 私はその何十億の世界の残りの人口の中に、「女子供もいるのだ」、ということを考えてしまいます。多分、自分が軍隊にはいったら、便衣兵にすぐ殺されるのだろうけれども、軍人でもゲリラでもない人間の中には、ただ平凡に生活していたいだけの人たちもいるのだろうと想像すると、何とかそういう事態になっても、別の解決法を見つけることができないか、世界中の都市がヴェネツィアみたいなふうになるのもあり、とか思ったりするわけです。世界環境が悪化したからと言って、世界中の軍隊が日本に攻め寄せてくるなんて事態を回避することはできないか、とか。

 >>92で、M・Oさんのおっしゃるように、日本人だから、日本人を守るのは当たり前で、世界人とか地球人まで概念をひろげてしまうのは、今号のよしりん先生のブログの内容とも重なりますが「人類皆兄弟」で、文化や歴史の違いもあるので、不可能だろうとは思います。しかし、(薄らサヨクと言われてしまうかも知れませんが)「同じ星に生まれた人類という動物の分類」という意識はあっても良いとは思うし、人が人を殺す、というのは一大事だという意識は持っていても、悪くはないと思います。しかし、それでも、あなたが家族や親友を中傷されたら、庇わないかと自分が尋ねられたなら、やはり反射的に弁護の言葉を語るのではないのでしょうか。左翼とか称する人間たちの「地球市民」という概念は、まずは「日本人」という意識から始めないといけないのではないか、と私は考えます(自分は、千人斬りの汚名を着せられた軍人の話を聞いて、旦那さんが奥さんを庇えないのか、という疑問を抱いたりもします。そこまで社会の同調圧力は強いものなのか)。

 世の中には嫌な人もいると思うし、先入観や思い込みにとらわれることも多いし、そういう場合、人の意見を変えるのは至難のわざで、最後まで持論を通したり、こちらに対して憎しみしか向けない場合もあったりするのだろうけれども、やはり同じ文化や言語や歴史の中で育った、という意識は持っていたいです。繰り返しますが、いきなりデビルマンやマーズのような選択はしてはならないと思う。あまりうまい回答になっていないけれども。

 あと、(勝手に宣伝するけれども)カレーさんのホームページの方でも、同じような問いかけをしてみても宜しいのではないのでしょうか。この場で「世界のゴー宣ファンサイト」の宣伝をするのは御法度かもしれないけれども、あちらはあちらで、よしりん先生のファンサイトなので、さまざまな意見が聞けると思います(もちろん、こちらのコメント欄も大切な場であることには変わりはないです)。

No.116 26ヶ月前

>>104
左翼の主張についてはよく分からないですが、単なる自虐が好きなだけではないでしょうか?
ただ、海外における日本の信用が低下しているのは間違いないでしょうね。
それは先進国の国民国家として当然やるべきことをやらずに、現状のような混乱を招いたからです。
最悪の事態を考えず、国民の生活よりもインバウンドを優先させるような国に自国民の安全を託せない、と他国が考えるのは当たり前です。
左翼はナショナリズムを肯定したくないので、「国家の信用」というレベルの話はせず、あくまで「日本人が嫌われているかどうか」というレベルにしか言及しません。
前者は「公」、後者は「私」の次元に属するものだと思います。

No.120 26ヶ月前

>>104
 見ていて、思考が行き詰まっているように感じます。
 自分でどうすることもできない状況を思い浮かべて、心配するのは建設的ではありません。
 取り敢えず、自分が何をしたいのか、どうありたいのか、そこをハッキリさせるのが先だと思います。

No.127 26ヶ月前

 そういえば、安倍ちゃんが「(コロナウイルスは)この2週間が山場」とコメントしてから2週間経ちますね。何がどう変わったのか全く見えない状況です。
 もしかして、安倍政権の中では時間が止まっているのでしょうか?それとも、アホ政権だから自体の把握ができていないのでしょうか。

No.128 26ヶ月前

まみさん、希蝶さん、M.O.さん、尻毛屋さん。返答ありがとうございます。
まみさんは質問の趣旨をよく分かって下さいました。尻毛屋さんからは、まず何を考え、何をなすべきかを厳しいながら指摘していただき感謝の限りです。ライジングを始めゴー宣で小林先生から多くを学んでいく以上、自分はそれと共に思考をより深くするべく哲学していく所存です。そのためには、今回のようなくだらない質問もジャンジャンすることになるかもしれません。自分だけで考えず、他の人の意見もなるべく聞いていきたいんです。左右の極端な人みたいに、自分達だけの世間で引き籠るわけにはいきません。



No.131 26ヶ月前

さらにいきなりですが、「女子供やお年寄りまで殺す必要あるのかよ」って意見をよく聞きます。

あえて想定される事態を言うと、例えばSFみたいにウイルス感染によるものです。それこそコナウイルスが可愛く見えるような殺人ウイルスにです。

SFで見かける話だとこんな感じです。トロッコ問題と同じです。
ある旅客機が飛んでいます。実は乗員乗客全員が世界を滅ぼす殺人ウイルスに感染してしまいました。もし着陸して一人でも外に出て地上に降りたらウイルスが世界に広がって人類滅亡は確実です。
貴方はその時、ボートの上にいて旅客機を打ち落とせるロケットランチャーを構えています。あるいは戦闘機で後ろからミサイルで狙いを定めています。
旅客機を打ち落とせば人類は助かります。もちろん多くの日本国民も。ただし、乗客には妊婦さんや介護が必要なお年寄りも乗っています。彼らは今すぐ殺されるべき極悪人ではありません。でも一人残らず殺さないとウイルスで世界は滅びます。打ち落とせるのは貴方だけです。さあ、どうしますか?
さらに最悪な可能性を考慮すると、飛行機には家族とか親友とか恋人とか、とにかく大切な人が乗っています。飛行機が着陸すれば、貴方は家族と再会できます。ただし、ミサイルで打ち落として全員殺さなければウイルスで人類は滅びます。
まさに究極の選択です。自分も未だに訓練のつもりでとにかく考え続けてはいます。小林よしのり先生の言う「私」と「公」の葛藤に通じるものがあるといえます。情けないことに、自分も答えが出し切れてません。いざというとき、「公」の為の決断が必要でしょうから心の中で訓練してますが未だに成果が出てません。

ちなみに一番の心配は、コロナの件で安倍政権が無為無策ばっかりやってるせいで上記の旅客機=日本列島になってしまわないかというものです。世界の国々が日本への全面核攻撃をしてしまうかもしれません。海外にいる日本人も感染の疑いありで全員殺害される可能性はあります。それこそ遺伝子レベルで完全に消え去るまで。

相変わらず長々とくだらない内容を書き綴ってばかりですね。めんぼくないです。

それとアンチやってるゲストさん・・・・さっさと引っ込め!!何回も何回も同じ長ったらしい文章を投稿するな!!

No.132 26ヶ月前

 コロナウイルス騒動が段々エスカレートしているようで、どうもコロナウイルスに罹った人の個人情報がバラされているそうです。しかも行政までグルになっているようです。
 とことん情報管理ができていない安倍政権ですが、このまま自粛ムードが続けば、企業の売上が壊滅的になってしまうでしょう。夏ぐらいになったら、納税できなくて破産深刻する企業ばかりになりそうですね。散々持て囃されたアベノミクス三本の矢も、中小企業を狙った毒矢なのかもしれません。
 もし、このまま日本の産業が壊滅したら、一体だれが責任とるのでしょう?安倍政権?それともグローリズムを煽ったマスコミ?安倍政権を支持し続けたネトウヨには土台無理な話でしょうけど。
 いっそ安倍ちゃんが政権手放して、石破さんあたりに譲ったほうがまだマシだと思います。

No.133 26ヶ月前

今回のコロナパニックで今の日本は知性はなく、
痴性と恥性しかないことが露呈したと感じました。

坂口安吾の「堕落論」の言う落ちきった先が
見えてきたように思います。

「固定電話恐怖症」を最初に目にしたときには
お笑いのネタかと思いましたが、まさか本当に
そんな症状があるなんて驚きました。
自分もそんな症状にかかる若者たちに近いものが
あるような気がしますが、それでも電話の
受け答えができるのは、まだ共同体が辛うじて
残っていたからのように思えます。
以前、ゴー宣でよしりん先生が言っていましたが、
今の若者に目覚めてもらうには、今からでも
大人を演じるのが唯一の道かなと思います。

No.152 26ヶ月前

「この電話、誰も出んわ!」
「ウルトラマンさん、電話ですよ」「ジュワッキ!」
ふはっと、ひとり何回も笑いました。

電話は、プライベートでは避けたいと思っていて、
会社ではお仕事、と割り切っている。

木蓮さん、同感です。
そんなにいちいち傷ついていたら、社会で生きていけないし、
自分の都合を最優先して、他者と柔軟に対応できない自己中心性、
いつまでもどこまでも、SNSの世界に閉じこもっているわけにはいかないのだから。
いつまでも真綿にくるまれた子供でいるんじゃないよ!って話ですよね。
みんな、電話応対では何かしらやらかしていますよね。

わたしは電話応対が苦痛ではないので、
そのうち慣れるし、とか単純に思ってしまいますが。

本題から逸れますが、
ここからは、本気で病んでしまった場合について書いてもいいですか?
もし電話で、本気の不安障害になってしまった人は、(薬を飲まないと平常心を保てない状態)
電話に対してもともとトラウマがあったり、
些細なことでも、トラウマになっちゃったりした結果、

(不安障害といっても、一概に一括りにできないけど、)
薬を飲まないと、日常生活に支障をきたすパニック状態になるようなら、
電話から離れ、電話応対のない職種に変えていけばいいのでないでしょうか?

本当に不安障害になってしまったら、
薬がないと、強い不安から、挙動不審になってしまうことがあります。
(私は20年前パニック障害になり、『かつては不安神経症と言われた』
数年後、抗不安薬で、漸く日常生活に平和を取り戻しました。)

深みにはまり、職を失い、自信をなくし引きこもることになるくらいなら、
早いうちに、電話から離れよう、とおもえば、別の職場に行けばいいのですから。
(あくまで、薬を飲まないと、日常生活が送れないレベルの場合)

青ネギさんが書かれているように、
障害者認定を受けてから働くのは、どんなに働きたいと思っても、
社会の偏見もあり、一般枠の受け入れも少なく、選択肢も限られます。

重症になる前に、このままでは自分は潰れる!ヤバイ!と思えば、
方向転換をするのも、1つの方法だと思います。
(あくまで電話恐怖症で、薬なしでは挙動不審になるレベルの話です。)

電話が怖いと言うのが、木蓮さんが分析されているように、
単に社会人としての、覚悟が足りず、
自分のペースを乱されたくない、という甘えや逃げが理由なら、
どこへ行っても、困難から逃げるという現象が続くでしょう。

でも、よしりん先生も、木蓮さんも、めちゃくちゃ強い方だから、
(もやしのよしりん少年が、悲壮な決意でほうれん草を食べ続け、当日は特攻の覚悟で相撲大会に行き、何度も何度も投げられても逃げなかった事や、
木蓮さんが多額の借金を返すために、悩み躊躇するまもなく風俗に飛び込み逞しく速やかに借金返済を果たしたこと)
数々の武勇伝を思いおこせば、

まさに純粋まっすぐで、大真面目に、この道ひとつしかない!と勝手に苦しみ悩んだ結果、
気づいたら挙動不審の人となり、病んでいた、過去の、悲劇のヒロインぶりっ子の恥ずかし過ぎる自分が、
めちゃくちゃ情けなくもありますが、
(気をつけないと、今もその傾向がある)

それでも私は、よしりんの著書に出会えたことで、
私に閉じこもることから、公へ意識を広げることを知り、
あの戦争の真実を、日本や世界の本当の歴史を、政治を、学ぶ喜びを知り、

今ここからでも、強く生きる力を頂くことが出来たのです。
ありがとうございました。

No.157 26ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。