• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第389号】食べ物の話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第389号】食べ物の話

2022-05-09 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第389号 2022/5/9

    食べ物の話

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    僕は昔から「やるべきこと」に突き進んで生きているのが好きなので、どうにも「食べること」に関心が薄かった。


    漫画家が締め切りに追われ、ペン入れをしながらおにぎりを食べる、みたいなのに憧れていたのもある。


    実際何回も観た手塚治虫のドキュメンタリーには、本当におにぎりを食べながら漫画を描くシーンが出てくる。


    「私は何かに夢中なので「食べ物」なんかに構っている場合ではないのだ」

    みたいなモードに酔いたいのだ。 

    ホント馬鹿だね。


    なので一時期聴いていた「バナナマン」のラジオなんかは、そういう理由で聴くのを辞めた。


    彼らの話は面白いのだけど、その話の内容のほとんどが「何が美味しいか」という話なのだ。


    少しは楽しく聴けるのだけど「また食べ物の話か・・」と思うようになって、気がつくと聴くのを辞めていた。

    なんかそういう話は「無駄な感じ」がしていたのだ。


    でもどうなんだろう? 


    食べ物を語るのはそんなに「無駄なこと」なのか?

    なんて考えるようになった。



    【フード理論】


    ライムスター宇多丸さんのラジオで昔「フード理論」というのが話題になった。


    確かその時ゲストの人が言っていたのは「優れたアニメ(映画等)には何かを食べるシーンが入っている事が多い」というような話だった。


    「食う」「寝る」「抱く」などの動物的行動の中に「人間の本質」が立ち現れる、という様な話だったと思う。


    今回考察していた「進撃の巨人」でも多くの「食べるシーン」が効果的に入ってくる。


    この作品が「生きるか死ぬか」の物語なので「食べること」は特に重要で「サシャのイモ」や「マーレのソフトクリーム」「ハンジのシチュー」など印象深いシーンが多い。


    もちろん「ジブリ作品」「富野作品」も食べるシーンは多く、そのどれもが効果的に作品を深めている。


    「死ぬ」に対しての「生きる」を表すには、まず「食う」なのだろう。



    【何を食べてる?】


    「玲司先生は普段何を食べているんですか?」という質問をもらう事もある。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。