• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ネイト・ディアス、公開練習でプカプカ! UFCマリファナ最新事情■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ネイト・ディアス、公開練習でプカプカ! UFCマリファナ最新事情■MMA Unleashed

2019-08-23 17:14
  • 2
Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマはネイト・ディアス、公開練習でプカプカ! UFCマリファナ最新事情です!!




【1記事¥70から購入できるバックナンバー】

「GSPの日本人スパーリングパトーナー」が語る英雄の真実■赤沢幸典

【追悼】ウォーリー山口「プロレスなんでも屋」インタビュー

【格闘技実況新時代】西達彦アナウンサー「格闘技を伝えるということ――」

・“アイスクリーム”・クロン・グレイシー、UFCデビュー戦を語る

・史上最高の引退試合……飯塚高史、無言でリングを去る



8月18日に開催されたUFC241では、待望のネイト・ディアス復帰戦が行われ、ディアス信者がようやく溜飲(りゅういん)を下げたわけだが、試合前に「これはまずいのでは……」「せっかく復帰したのにまた出場停止になってしまうのでは……」とファンをやきもきさせるシーンがあった。ファイトウィークの公開練習で、ネイトが何とマリファナをふかしながらシャドーボクシングを披露したのだ。文字通り会場中を煙に巻いたネイトは、隣にいたカメラマンにマリファナを渡すと、最前列にいたファンにも回すように指示をした。ネイトはファンに向かってこう言っている。

「回してみんなで吸いなさい。それがエチケットだ」

ネイトが吸っていたのは、カンナビジオール(Cannabidiol、略称CBD)である。これは大麻草から抽出される成分で、高揚感などの向精神作用はなく、痛み、炎症、不安などを抑える働きがあるとされ、いまアメリカではMMAファイターに限らず、一般層の間でも健康に良いとして人気が高まっているのだという。

ネイトはCBD製品の製造販売を行うGame Up Nutrition社とスポンサー契約を締結しており、今回の公開喫煙はPR活動の一環でもあった。

世界アンチドーピング機構(WADA)では2018年に、競技期間内、競技期間外を問わず、CBDを禁止薬物から除外した。UFC・USADAのアンチドーピング・プログラムはWADA基準に沿っているため、現在ではネイトが試合直前に煙をくゆらせていたとしても、実は何の問題はないのである。

この続きと、朝倉未来、堀口vs海、ハーリー・レイス、クレーン・ユウ、扇久保博正などの記事が540円(税込み)でまとめて読める「15万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1805952

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 
1記事85円で購入できます!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
飯食える量も増えるし、睡眠の深さも違うし
アメリカの選手は更に巨大化しそうですね
4週間前
×
一方日本では医療大麻は研究すら禁止だし、何なら「医療大麻など存在しない」というのが公式のスタンス。

麻薬に厳しいフィリピンより厳しい。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。