• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

民主主義と日本➃:戦争責任者の問題(抜粋)・伊丹万作:俺が騙したといつた人間は一人もいない。日本人全体が夢中になつて互にだましたりだまされたりしていたのだ。「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

民主主義と日本➃:戦争責任者の問題(抜粋)・伊丹万作:俺が騙したといつた人間は一人もいない。日本人全体が夢中になつて互にだましたりだまされたりしていたのだ。「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。

2020-09-15 07:20
  • 14

・多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。私の知つている範囲ではおれがだましたのだといつた人間はまだ一人もいない。
・多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はつきりしていると思つているようであるが、それが実は錯覚らしい。民間のものは軍や官にだまされたと思つているが、軍や官の中へはいればみな上のほうをさして、上からだまされたというだろう。上のほうへ行けば、さらにもつと上のほうからだまされたというにきまつている。すると、最後にはたつた一人か二人の人間が残る勘定になるが、いくら何でも、わずか一人や二人の智慧で一億の人間がだませるわけのものではない。すなわち、だましていた人間の数は、一般に考えられているよりもはるかに多かつたにちがいないのである。しかもそれは、「だまし」の専門家と「だまされ」の専門家とに劃然と分れていたわけではなく、いま、一

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
孫崎享のつぶやき
更新頻度: 不定期
最終更新日:2020-09-28 07:36
チャンネル月額: ¥110 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他4件のコメントを表示
×
伊丹万作は、何について、どうだましたのか、を書いていない。

大本営発表が嘘ばかりだったとか、そういうことではないだろう。

当時の市井の人々に戦争するといいことがいっぱいあるぞと、
政府が嘘をついたのか。

まるで悪いのは政府で、政府を疑わなかったことの責任を一般市民に
問うている。

戦争の主体は政府、市民は客体。

伊丹は自身の大きな勘違いに気付いていない。

ちがう、主体は市民だったのだ、本当は。
市民が戦争を待望し、それに熱狂し、そして
ひどい目にあった。

誰もだまされてなんかいないよ。

だってヒロヒトも東條も「必勝の気迫で」くらいは
いったかもしれないが戦争に負けてひどい目にあう可能性はゼロ
なんていってない。

だれがだれをダマしたの。

戦争好きな順位。

1.民衆
2.マスコミ
3.政治家
4.軍人

民衆が戦争を待望し、マスコミがそれを煽って
部数を伸ばし、政治家に圧力をかけ、予算増を
伴う国際緊張は大好きだが戦争には気乗りしない
軍を戦争に追い込む。

これが基本構図。

だれもダマされてなんかいません。
民衆は基本的に悪人と思っているくらいでいいのです。

なぜ、民主主義国はやたらに戦争を起こすか。
民主主義国の先達国はなぜ前世紀に列強と呼ばれ
あれほどの悪事を世界で働いたのか。

民衆とはあまり徳が高くはありません。
基本、基本、性悪です。
そう考えればストンと落ちます。
上記の理由が。
2週間前
×
ちょっと刺激的なコメントですが、だれも書いたことが
ありません。

民衆は基本的に悪人とは。

ですからマスコミと政治家は民衆の持たない「徳」を持つことが
絶対必要なのです。
2週間前
×
わたしが「中国」の民主化運動などにこれっぼっちも
連帯できないのは上のコメントに集約されます。

民主化中国などできたら日本はイスラエルの隣で暮らす
レバノンのようにおびえなければなりません。
2週間前
userPhoto
p_f
×
> あんなにも造作なくだまされる

そう言われて頭を過ぎるのは大坂なおみ氏の件だ。
当初、大会を棄権した理由に大いに感心したが、共感した?運営側の説得で撤回~「登場時、毎回異なる7枚のマスクに警察官による射殺犠牲者の名前を記し...」辺りから何かヘンな気がしてきた。
大坂氏自ら言うように白人優位のテニスの大大会で運営側はまた随分と寛容な態度でないか。
かつて、NATOのユーゴ空爆に怒り心頭のドラガン・ストイコビッチ選手は、Jリーグの試合でユニホームを脱ぎ、下のTシャツに書かれた「NATOは空爆を止めよ」を訴えた。するとJリーグ側は「ピッチに政治を持ち込むな」と、黒い腕章すら禁止する通達を出したらしい。NATO軍≒米軍だ。米軍言いなりの日本なら「さもありなん」だ。
では、何故 大坂氏の抗議は派手にやってもOKなのか。米国「軍産/金融」勢力がバイデンを勝たせたいからだ。より多くの黒人票をゲットすべく大坂氏は利用されている━それくらい疑って掛かった方が無難だ。
2週間前
×
>>7
なるほど。貴コメントに脱帽します。
2週間前
×
>>8
なるほど。ストイコビッチの件、知りませんでした。大坂氏の抗議の背景、あり得ますね。
2週間前
×
>>8
NATOのベオグラード爆撃に関しての事実はその通りです。
祖国の首都を爆撃するというNATOの暴挙に対して
ストイコビッチ選手はシャツに書かれた文言で抗議しました。

ただその後のJリーグ側の対応については書かれていないことが
あります。
古い記憶を頼りに書いていますので詳細は少し怪しいのですが
あれはJリーグが、と言うよりFIFAの規約に沿っての行動でした。
グラウンドを政治的主張に利用してはならないと。
違反には結構厳しい罰が課されるようです。

当時の川淵チェアマンの発言を覚えています。
ストイコビッチ選手の気持ちはよくわかる、といったうえで
ただ規則があるのでもうやらないでほしい、そうしてくれたら
今回のことは不問に,,,と匂わせました。

実際、ストイコビッチ選手はもうやらず、処分もありませんでした。

あの件ではJリーグもつらい思いをしたのです。
2週間前
×
大坂なおみは、勝ったからすごい。もちろん、負けたからと言って、メッセージの価値自体がいささかでも減じるわけではない。そこは誤解のないように強調しておく。

しかし、ああいうメッセージを掲げつつ負けるとかっこ悪い。しかもあのメッセージを掲げること自体が彼女の勝利にプラスにはたらいたかどうかもわからない。ふつうはプレッシャーを感じるだけだとおもう。
2週間前
×
以前にも孫崎さんがこの文章を提示されたときに、もしかしたら以下と同じようなことを書いたかもしれないのだが、やはり投稿しておこうとおもう。

この引用文のもとの文章(原文ということにする)は青空文庫で無料で読めて、それを読むと、伊丹の言いたかった趣旨がよくわかる。原文は短いので今すぐあっという間に読めるはずだが、簡単にわたしなりに要約的なことを書いておくと、

伊丹のもとに、「自由映画人連盟」なる人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張しているという知らせが届く。伊丹は、形式上その「自由映画人連盟」に名前を連ねていたのだ。これに対して伊丹は、だます、だまされるについての議論を展開(その議論の一部が今回の孫崎さんに引用されている)するのだが、議論の到達点は、「まず自己反省の方面に思考を奪われることが急であつて、だました側の責任を追求する仕事には必ずしも同様の興味が持てない」であった。そして、「自由映画人連盟」そのものからも除名を申し出た。

以上である。当時も、誰が悪い、何が悪いと追求するヒトビトは、今と同じく多かったのだろう。伊丹はそれとは真逆のことを考えている。

原文を味読すべし。わたしは、伊丹の原文は、「よく事情も知らずにに断定するくせがあり、つねに自動的に自分以外のだれかを責める傾向のある独善的なヒトビトへの、猛烈な皮肉」になっていると感じる。
2週間前
×
No.5の戦争の好きな順位についてですが、これが二回目の
表示となります。

前回は書いたのですが、今回は忘れました。
わたしのオリジナルアイディアではありません。
その箇所は田岡俊次氏の説の受け売りです
文章全体の文責はもちろんわたし。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。