• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 5件
  • 2019年 6月17~21日 エデン神田と代々木公園交流会

    2019-06-30 14:15  
    41pt
    最近、探検部の活動として長距離を歩く計画を立てているのでそれに備えて靴を買った。地元川越のモードオフで2500円。安い。靴に特にこだわりはないが、やはり中古屋で買えば置いてあるサイズとデザイン傾向からだいたい買うものは絞られるのでよけいに悩まずに済むのがいい。歩くのにはちょうどよさそうだ。今まで履いていたNEW BALANCEのやつは梅島シェアハウスにいるときにメダンジさんに誕生日プレゼントで買ってもらったやつなのでとてもお気に入りだったが、履き続けて長い距離も歩いたりしたのでボロくなってきてしまった。これ以上傷むのを加速させないよう今後もたまにだけ履こう。17日はレンタルニートで呼ばれ、イベントバーエデン神田に行った。依頼主はこの日の出店者で、夕方オープンの早めの時間に誰もいないと寂しいのでゲストのように呼んでくれるということらしい。エデン神田は最近オープンしたらしい。このときまだオープン数日というところだ。要町の本店にはニー株仲間たちと2回出店したのと、山奥ニートバーのときなんかに行ったので割と何度か行っている。現地に到着してみて思ったが、神田のこの場所なら秋葉原駅からも徒歩圏内だし、立地はとてもいい。多少駅から離れるので分かりづらいかもしれないが、住宅街を結構歩く必要のある要町の本店よりはまだマシだ。というか秋葉原によく行く人間としては、ついでに寄る感覚で行くのならこっちのほうが足が伸びやすいだろう。内装もキレイ。出店者のかにかにさんという女性はポケモンGOが好きで、いつぞや俺がtwitterでフレンド募集したときに登録してくれた人の1人だという。そうだったのか!8人ぐらいフレンドがいたうちの3人程度しか把握してなかったけど、これでまた1人人物像がつかめた。アイテムの「ギフト」機能はよく活用して送り合ってたんで、プレイヤーとしてはしっかり認識してた人だ。なんだか嬉しい。話を聞いてみると前に出たテレビ取材のことや、ニコ生やってるのを見てたりして俺の活動のことは割といろいろ知っているらしい。こういう場合とても話が早い。ニー株自体は割と知名度があると思うが、初対面の人にはいろいろと説明しづらい部分が多いから。早めに数人来てた人を中心に、他のお客さんともレンタルニートのことなどを話した。興味を持ってくれる人もいて嬉しい限りだ。来店客も増えてきた頃に終了時間になり店を出た。まだ宣伝したい気分だったのでレンタルニートのぼりを持って秋葉原に行った後、長距離歩きのトレーニングを兼ねて帰り道の数駅分を歩くことにした。丸ノ内線を何駅か歩く。と、いうつもりだったが結局後楽園などを通り過ぎ、池袋までそのまま歩いた。7kmぐらいといったところだろう。意外といけるもんだ。夜中歩いてて思うが、やっぱりこの歩く行為を何らかの宣伝に使うために、俺も最近のノナカシのように歩きながらニコ生放送をしたいところ。東京なら市街地は夜も明るくて見どころがいっぱいだ。こんな200円の電車賃節約にもならない意味のない行為は忙しい人間には縁のないことなのでぜひニコ生をするべきだ。21日には毎年恒例となっているニー株新規メンバーを集めた代々木公園交流会を開いた。 
  • 2019年 6月12~16日 レンタルニート アニメ鑑賞会

    2019-06-27 15:29  
    41pt
    メルカリでの遊戯王のカード販売の売れ行きがよく、発送に使ってた封筒を使い切った。50件以上取引しただろうか。成果が感じられる。最近は売上金をそのまま使えるメルペイを活用してるので、外出時はコード決済対応のローソンで買い物することが多い。「iD」連動でしかメルペイが使えないお店がまだ多く、加盟店になってるはずがコード決済には対応してないところも多い。早くコード決済対応店増えてほしい。13日には朝にレンタルニート連絡が入って出かけた。仕事の都合により、中途半端な時間に寝ないよう見張ってほしいというような内容。アニメや特撮が好きなのでそれらを見ながら一緒に過ごすというというものだ。 
  • 2019年 6月5~11日 認知症サポーター

    2019-06-23 02:11  
    41pt
    「散歩付き添いサービス」的なものを前々から考えていて、深夜専用のものをすでに「BASE」でネタ的にリリースしていたのだが、そのツイートがどっかで拾われたらしい。「認知症の人に対応できれば家族の負担が減って需要がありそう」と引用リツイートをした人がいた。いいアイデアだと思ったのでやります宣言してみると、「認知症サポーター」という制度についても教えてもらった。無料の講座を受講するだけで受けられるというのでさっそく受けてみることにした。浦和の埼玉県庁へ行く。会場入ってみるとどうやら特に男の人はほとんど仕事として来ている人ばかりのようだ。まぁ平日昼だしそりゃそうか。この90分の講座を受講すれば認知症サポーターとして認定されるらしい。内容としては「認知症の正しい知識を持ち、認知症の人への理解を深めましょう」というようなものだった。しかし講座の中で扱ったビデオの内容が正直、現実的にはなかなか厳しいものがある。認知症の人がとった行動それぞれに対し、「悪い対応の例」「良い対応の例」が出ていたのだが。1.ゴミ捨ての曜日が把握できず、不燃ゴミの日に可燃ゴミを出すというルール違反をしてしまう2.コンビニの会計で順番待ちの人が後ろにいる中、小銭を出すのに過剰にもたついてしまう3.小学生が友達と遊んでいるときに近所の認知症の老人を見かけたが、家とは逆方向に歩いており徘徊の様子が見て取れるこれらに対し、認知症当事者に接する人たちは相手の尊厳を傷つけないよう、優しくサポートしてあげましょうというような内容だった。しかしながらルール違反をする人や他人に迷惑をかける人に対し、世の中は容赦してくれない。1,2の事例での「悪い対応の例」では「何度言ったらわかるんですか。ルールを守ってください」「待っている人もいるんですから、早くしてください」というようなセリフが出てきたが、これはどう考えても自然なただの現実であり、普通こうなるだろうとしか思えなかった。事例3に関しては悪い対応の例「見て見ぬふりをする」に対して、「遊ぶ時間を切り上げて友達と別れ、自宅まで送っていく」という行動が良い対応の例とされていたんだけど、それについても老人のために若い子供たちの遊ぶ時間が犠牲になってしまうというのはいかがなものか。もちろん、これらに接する人たちに時間がいくらでもあり、余裕を持った生活をしているのであれば通用すると思う。でも日本社会はそうではないだろう。もっと人々に心と時間の余裕がないとまず無理だ。そんなわけで時間的余裕を持った我々が認知症の人への散歩の付き添いサービスを対応することができれば、気を長く持って対応できるんじゃないかなーと確かに思う。受講完了の印として認知症サポーター証のカードと、オレンジリングをもらった。社会福祉的なテーマなので実績としてはとてもよい。 
  • 2019年 5月31~6月4日 秋葉原でイスになる

    2019-06-10 23:59  
    41pt
    31日はニー活。作ったレンタルニートのぼりの初出撃だ。意気揚々といつもより早めに池袋へ向かった。駅を降りたら収納式にしてあるのぼりを組み立てて宣伝を開始する。ここ1年ぐらいあまりやっていなかったが、ニー活に来る日に池袋でのレンタルニート看板宣伝はよくやっていた時期もある。どうせ週1回ペースで電車賃かけて池袋まで来るのなら、こうして収益化に向けた何かしらの手を打っていきたい。ガチャマシンを背負ってのぼりで宣伝しだしたノナカシの行動によき影響を受けたものだ。ニー活を終えた後に2人揃って記念撮影をし、その後別々にちょっと宣伝をしながら街を歩いた。前々からずっと同じなのだが、現地でそのまま利用したいお客さんが現れる機会なんてのはほとんど無い。メディア取材がきたとき、街で看板を持っている絵面を撮るために求められることは多いのだが、実際にはその場で利用を受け付けるなんて都合のいい風にはいかないのである(全くないわけじゃないけど)。基本的にレンタルニートは予約受付が前提。しかし、「ここにいます!」と現在地アピールをした結果、twitterのフォロワーが直接会いに来て利用したりすることは今までにも結構あるので、ある意味ネットでの宣伝用のネタとして現地に立つということにもなっている。とにかくこの行為は現地での営業っていうより宣伝であって、目的は「レンタルニートってなんだ?」とまずは疑問を持ってもらうことだ。そこから直接声をかけてもらうとか、写真撮影をしてSNSにアップロードされるとか、気になった人がネットで検索をするとか、そういう効果を期待している。コレやった後にtwitterで「レンタルニート」といわゆるエゴサをすると目撃証言が上がることが結構ある。この独特な名前あってこその効果だろう。相変わらず今後の様々な活動案を練るが、この日はアウターさんが「秋葉原で人探しイベントをやりたい」という話をしていたので、2日後の日曜に開催することになった。そして2日の日曜日。そのアウターさんの発案で「なかさまを探せ!」というタイトルのイベントを行った。俺が街中をレンタルニートのぼり持って歩き回り、参加者はそれを探して見つけるというものだ。経過報告とヒントをtwitterに投稿しながら行う。こんな風に今いる場所の背景から参加者にヒントを出し、俺は捕まらないように逃げ回るというわけだ。秋葉原の限られた区間を使っての鬼ごっこみたいなもの。 
  • 2019年 5月26~30日 バーベキューと、前に行ったダイバーシティ東京の話

    2019-06-10 22:59  
    41pt
    26日には探検部の動画企画としてお台場でバーベキューをした。詳細はレンタルニートブログにて。【探検部】暁ふ頭公園 節約バーベキュー 1日同行券も発売https://ameblo.jp/rental-neet/entry-12465115802.html暁ふ頭公園は前にノナカシと車上生活お試しのときに行った場所だ。車中泊人気スポットであり、実際行ってみた感じでは駐車場は料金もかからないし24時間いつ行っても停められる。そしてどの時間帯に行ってもだいたいドライブの人やツーリングの人や釣りの人が来てるので、深夜や早朝にいたとしても怪しまれない。というかそもそも近くに民家やお店が全然ないので、そういった目的の人しか来ない。警察でない自治体か何かのパトロール車両が来ることもあるが、夜中にただ居るだけでは特に追い出されることもない素晴らしい場所なのである。(ここからちょっと前の話)ちなみに去年11月頃に1泊だけ同行したので俺もそのときここに来た。長時間滞在をするタイミングなもんで特定を避けるためネットには書いてなかったのだが、その日は時間余ったのでここからダイバーシティ東京まで散歩したのだった。ガンダムファンだけど、実物大ガンダムがユニコーンになってから見に来たのはそれが初めて。あと、公式ガンプラ専門店のガンダムベース東京に入ったのも初めてだった。さすが品揃えがすごい。販売中キットの完成品の展示もたくさんある。イベントスペースではちょうどガンプラ公式コンテストの日本一を決定する展示の投票期間最終日だったので、コレだ!と思うものに投票した。ちなみにこのガンダムエクシアに投票したわけだが、結果は第一位でその後世界大会でも優勝したらしい。だよなー。手の込みようがズバ抜けてたもん。(回想おわり)久しぶりにノナカシの車で出かけたが、やっぱり車があるといい。車があって時間もあるとなれば何らかの仕事ができるはずだといつも考えている。やっぱり何でも屋的な仕事か?相変わらず暁ふ頭公園は他にも人が結構来てるものの、騒がしすぎず落ち着く感じでいい。物足りないのでまたすぐにバーベキューとかキャンプがしたい。28日にはレンタルニートでいつもクラブに付き添うお方と、今回はレコードショップで開かれるDJライブの現地観覧に行った。渋谷のマンハッタンレコード。Abema TVの番組をここから放送しているということらしい。