• このエントリーをはてなブックマークに追加
「サブカルしか勝たん!」小林よしのりライジング Vol.491
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「サブカルしか勝たん!」小林よしのりライジング Vol.491

2024-01-09 18:25
  • 142
f2595d0d53f7f1e38a592799eb4b4f5bbcb64d85
第491号 2024.1.9発行(※1.11一部訂正)

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…確かに、日本の現状にはちっともいい材料が見当たらない。国際社会において、政治力では全く勝てない。そもそも国家としての軍事力の点で勝てないのだから、どうにもならない。今の日本が世界に向かって勝てるのは、サブカルだけだ。「サブカルしか勝たん!」という時代がやって来た。他に希望はない!『ゴジラ-1.0』に始まり、『シン・ゴジラ』、宮﨑駿の『君たちはどう生きるか』、Netflixで見た『プルートウ』、『はじめの一歩』、YOASOBIの『アイドル』…等々、小林よしのりにしか語れないサブカル評から、現在の日本の強みを読み解こう!!
※笹幸恵氏の特別寄稿…縄文時代にハマっている。この日本列島に生きた縄文人たちは何を思い、何に喜び、何を畏れて日々の生活を送っていたのだろう? 知れば知るほど縄文沼にハマる。そんなわけで、数年前からあちこちの縄文遺跡を巡っている。今回は、八ヶ岳山麓にある縄文遺跡について紹介したい。長野県から山梨県に連なる山のふもとには、縄文時代中期を中心とした遺跡がたくさんある。ここから発掘された遺物からわかる、縄文人の「女性を尊ぶ精神性」とは?
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…昨年は、どうにもならない内輪もめを起こしている日本保守党の様子や、陰謀論を信じて大同団結したはずが大分裂に至った参政党の様子を観察してレポートした。日本保守党は、現在ネットで大量の候補者を公募していて、すでに200名以上が応募しているらしい。参政党と似たようなネットを使ったかき集めで、どんな人間が躍り出て、なにを演説しはじめるのかと思うとげんなりする。では、このような「へんなミニ政党」がなぜ次々と出てくるのか? 少し考えてみたい。
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」…週刊誌が商売のために成功者を引きづり下ろそうとする風潮は、今後も収まることはない?毎年の年末に思うことと、年始に思うことは一貫している?紅白で流れる演歌が、ここ40年ほど変わり映えしないのはどうなの?自分はネームのみ考えて、別のクリエイターに漫画制作を託すというのはアリ?先日の震災を機に再び、X等で外国人差別デマを振り撒いているネトウヨらには、どう対応するべき?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第520回「サブカルしか勝たん!」
2. 特別投稿・笹幸恵「あれも女、これも女。縄文時代にみる『女性崇拝』」
3. しゃべらせてクリ!・第447回「人気独占! 2024年のぽっくんを見てクリ!の巻【前編】」
4. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第314回「へんなミニ政党がなぜこんなに増えたのか?」
5. Q&Aコーナー
6. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
7. 編集後記




52c5e9a29ebeafcd06126b397ccd7d85b20a9470

第520回「サブカルしか勝たん!」

 2024年、とんでもない年明けになってしまったが、今年最初のライジングなので一応言っておこう。明けましておめでとう。
 とにかく正月から暗くなりがちだったが、わしはこの1年、とことん人を楽しませる、人の心を明るくする作品やイベントを創作していこうという意欲で、走り抜ける決意である!

 前回は2023年を「ニヒリズム蔓延の年だった」と、あえてネガティブに総括した。最後に少しだけ希望をほのめかしておいて、続く今回で一気に反転攻勢に出るものを書くつもりでいたら、いきなり出鼻をくじかれたような形になってしまったのだが、だからといって立ち止まってはいられない。
 確かに、日本の現状にはちっともいい材料が見当たらない。国際社会において、政治力では全く勝てない。そもそも国家としての軍事力の点で勝てないのだから、どうにもならない。「話し合い」による解決のためにこそ日本が力を発揮すべきだとか言ったって、現実には何もできない。ロシアを見ても、中国を見ても、イスラエルを見てもわかるとおり、話し合うにもその背景には基本的に軍事力が要るのだ。
 このままでは何が起こるかわかったものではない。ウクライナ戦争の結果次第では、ロシアが北海道から上陸して侵略してくる可能性だって、もうないとは言えなくなってしまった。

 そんな状況にあるというのに国内政治はガタガタで、遠心力だけが働いて、ひたすらバラバラになろうとしていくばかりである。
 かといって、政治に求心力を働かせようとしたらどうなるかといえば、ロシアや北朝鮮や中国のような独裁国家になるか、安倍政権時代のような忖度社会になるかしかないということもわかった。アメリカでも求心力を欲したら、またもトランプが出てくるという有様だ。これでは、いくら政治に求心力が生まれても、国は全く豊かにならない。
 そこで、どうすれば国の結束力を高めながら、権力の持つ拘束性や忖度といった負の部分をなくし、国家を強くすることができるのかということが課題となる。
 これは、まだ世界のどこでも答えの出せていない課題である。

 そして、ある意味でわしがやろうとしているのは、実験室レベルの小さなサイズではあるが、この課題への挑戦でもある。
 わしが『ゴー宣DOJO』でやろうとしていることは、結束力を高めるけれども、ひとりひとりが強制されたり忖度したりすることなく行動して、そうして新しい世代の息吹を自由に開放してあげるという方法を作り出す実験である。
 ひとつの集団性の実験を、ここで行っているのである。
 そしてこれは、漫画家であるわしがやっているというところに意味があるのだ。
 これは、『おぼっちゃまくん』の「茶魔語」の時に顕著だった、漫画の作品を通じて全国の読者が共同体的な感覚を持ち、さらに作品を盛り上げていくという手法の応用である。この手法が『ゴー宣』にも持ち込まれ、さらに『ゴー宣道場』で発展していったのである。
 つまりこれは、漫画家・小林よしのりというサブカル作家が始めた、サブカルから派生した作品の一種であり、だからこそ強いとも言えるのである!

 今の日本が世界に向かって勝てるのは、サブカルだけだ。「サブカルしか勝たん!」という時代がやって来た。他に希望はない!
 ハリウッドで続々映画化されたアメコミのスーパーヒーローものは、一時期は凄かったが、最近では「何これ?」と思うようなヘンなものが多く、堕落していっているように見える。もう出し尽くした感があり、新しい知恵があまりないのである。
 そんな中で、日本の『ゴジラ-1.0』の成功は痛快だった。
 一時は『ゴジラ』もアメリカにすべて取られてしまって、もうハリウッドじゃないと作れないのではないかと思わされたりもしていたから、見事に巻き返してくれたのが嬉しかったのである。

 あと、やっぱり『シン・ゴジラ』は違ったということが証明されたのも嬉しいことだった。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他131件のコメントを表示

『夫婦の絆』が、いよいよ沙耶の謎の核心部分に迫ってきました♪沙耶の覚悟が固まりつつあります。沙耶の母親の血脈が、一連の不思議な現象の説明、回収にもなっていますが、違和感なく読めました☆
最後のコマで、おそらくいっちゃんは涙を流しながらも、アソコはギンギンなままだと思います。だって、いっちゃんは"男の本質の擬人化"だと思うからです♪次回が楽しみです!

いっちゃんの"空虚感"に絡めるわけではないですが、空虚な安倍晋三に関する、だふねさんの今朝のブログが面白かった♪
先ず、タイトルが良い!そして中身の分析も流石だなぁ〜と思わせる。きっと、介護の現場で必要となる診断力、分析力なのだと思いますが、まるで心理検査員のようです。安倍晋三が丸裸です♪
父親の話を出し、その政治姿勢を学んできたつもり…と言っておいて、△は無いだろう!?と感じたブログでした♪

No.139 2ヶ月前

だふねさんのブログ読みました。

安倍晋三は「公」について考えた事が無いのはもちろんですが、何事も「本気で取り組む」事を一度もした事がない人かも知れませんね。そういう局面に立たされてもごまかして生きてきたのでしょうね。

No.140 2ヶ月前

だふねさんのブログの感想です。

安倍晋三は憲法改正を目指すのに国のために命はかけられるか微妙ですと???。塚本幼稚園での愛国教育は礼賛するのに統一教会とズブズブという矛盾を抱えてますね。自分の権力維持のために日本人を貶めることをするのは正にS級逆賊。

No.141 2ヶ月前

たっちゃんの喫茶ヲワカがテレビ大阪の片っ端から喫茶店で放送されましたので、ご紹介しておきます。
https://youtu.be/86cGBXML1K4?si=FziwIBAK2VYcbgKV

No.142 2ヶ月前

だふねさんのブログ読む。

実に面白かったです!的確このうえない。

安倍批判は(に関しては)、徹底ぶりも含め、適菜収……がピカイチですが(コロナで大暴落)、、庶民のだふねさんのブログは、「庶民=地に足がついた生活者」の視線、考察が「未来に向けて」必要なスタンスとあらためて。

No.143 2ヶ月前

笹さんの特別寄稿。

面白かったです。
古代の人々が「神秘的」に感じたものが、「生命の誕生」だったこと、そしてさらに「こだわり」をみせて、盛り上がる様が伺えますよね。

少し前から、縄文時代に興味を持ち始め、何度か上野にかよってたのですが(コロナでめんどくさくなる)、思ったのは「文字がない」のは。なんて不幸なんだ、不当な評価をされちまうんだ……と。

そこまするか?ってくらい、拘りを始める出土品の変遷を見ると、男になんてものぬひ、神秘なんて、なんら感じなかったんでしょうね。

突起から、せいぜい「大きさ」「フォルム(笑)」くらいでしょ。
また、国立博物館所蔵にされる「メイン」でなく、「サブ」の息づきが、笹さんのレポで認識でき、とても嬉しかったです。



No.144 2ヶ月前

>>144
そこまするか→そこまでするか
なんてものぬひ→なんてものには

No.145 2ヶ月前

政治家に期待する政策。

●一番:愛子様皇太子
●二番:改憲
●三番:少子化対策

将来への希望とビジョンを見せてくれることを政治には望みます。

No.146 2ヶ月前

【政治家に期待する政策】
第一位…皇位の安定継承
第二位…外交。特に脱米国追従。
第三位…日本のエネルギー政策。今月は能登半島地震もあり、脱原発は待ったなし。

その他色々ありますし、憲法改正や防衛などはありますが、それは第二位の部分で含めるとして、とりあえず3つに絞ります。

No.147 2ヶ月前

【政治家に期待する政策】
1位・・・皇位継承問題の解決
2位・・・対米追従からの脱却
3位・・・医療・福祉現場へのコロナ対応解除の働きかけ

No.148 2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするにはログインして下さい。