• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「映画『風立ちぬ』が炙り出した心理背景とは?」小林よしのりライジング Vol.59
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「映画『風立ちぬ』が炙り出した心理背景とは?」小林よしのりライジング Vol.59

2013-10-22 23:40
  • 328
613fa6073c5f8ed03d0d4810436837a241e3c2b3
第59号 2013.10.22発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった“娯楽の数々”を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、珍妙な商品が盛り沢山(!?)の『おぼっちゃまくん』キャラクターグッズを紹介する「茶魔ちゃま秘宝館」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書によるよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※戦前をどう捉えるか?戦争をどう捉えるか?近代をどう捉えるか?日本的なるものをどう捉えるのか?男女の関係性をどう捉えるか?そして死生観と職人の業をどう捉えるか?今週の「ゴーマニズム宣言」は、映画『風立ちぬ』を通じて読み取れる製作者や観客の心理背景を分析します!
※ウィキペディアの記事を徹底的に添削しちゃう大好評「よしりんウィキ直し!」。今週は、前回の「死闘・オウム真理教事件」から、息をつく暇もなく始まった次なる闘い「薬害エイズ」編に突入!薬害の加害者と、左翼市民運動家という異なる敵を相手にする二正面作戦を強いられた「薬害エイズ事件」、今明かされる真相とは!?
※『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて、一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」。今回は少しひねったお題!毎回、快作を生み出す猛者たちは、果たして見事にひねり返すことが出来たのか!?

 7be3b0739dfa24627436872b5996ba6f50eb0098


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第61回「『風立ちぬ』をどう見るか?」
2. しゃべらせてクリ!・第20回「ぽっくんと柿野くんを見くらべて…?の巻」
3. よしりんウィキ直し!・第8回「ゴーマニズム宣言④:『新・ゴー宣』開始・薬害エイズ編」
4. よしりん漫画宝庫・第53回「『しんすけ』追記」
5. Q&Aコーナー
6. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
7. 読者から寄せられた感想・ご要望など
8. 編集後記




976e74259a4e22381cac00df2c63678b8a76470f

第61回「「風立ちぬ」をどう見るか?」

 映画の感想は人それぞれで、正解があるわけではないが、その感想を通じて製作者や観客の心理背景を探ることは出来る。
 宮崎駿監督最後の長編アニメ映画となった『風立ちぬ』ほど、賛否両論、観客に多様な感慨を抱かせる作品も珍しい。
 それは戦前をどう捉えるか、戦争をどう捉えるか、近代をどう捉えるか、日本的なるものをどう捉えるか等々の命題が、製作者が意図せぬままに映画に込められてしまったからであり、観客の側も戦前・戦後の評価が定まらぬままに分裂しているからでもある。

 リベラル・サヨクの評論家が、ゼロ戦に「暗黒の時代の殺戮兵器」とレッテルを貼ったが、なにしろ宮崎駿本人が、ゼロ戦の設計者・堀越二郎を主人公にすることに躊躇いを感じているのは明らかだ。
 わしの小学生の頃は、『ゼロ戦レッド』『ゼロ戦はやと』『ゼロ戦太郎』『紫電改のタカ』などの漫画が大人気で、日本の戦闘機が米英機を撃墜する痛快さが少年漫画誌で堂々と描かれており、子供たちは無邪気にそれを楽しんでいた。 
 ゼロ戦や戦艦大和への憧れは、現在の子供たちのガンダムやエヴァンゲリオンなどへの憧れと通じており、子供の頃はわしもゼロ戦のプラモデルを作って楽しんでいたものだ。

 少年漫画誌から戦時中のパイロットの活躍が消えるのは1970年代くらいからであり、朝日新聞や朝日ジャーナルが「日本の戦争責任」を追及し始め、旧日本軍の加害行為を過剰に報道するようになり、学生運動が過激化し、団塊の世代が急激に左翼化していった時代からである。
 兵器マニアの宮崎駿が、テレビアニメにもなった『ゼロ戦はやと』を知らないはずはなく、ちばてつやの名作『紫電改のタカ』を知らないはずもなかろう。
 兵器マニアは宮崎の童心であり、ゼロ戦を「殺戮兵器」と捉える感覚は、70年代以降に芽生えた宮崎のイデオロギーのはずである。

 もちろんリベラル・サヨクの最近の言論人も、70年代以降に形成された空気に汚染された頭脳で、相変わらず自虐史観を唱えているだけのことだ。
 「ゼロ戦はカッコいい!」それは単なる童心であるから、誰に恥じる必要もない。子供アニメを作ってきた宮崎が、大人向けのアニメを作った途端にイデオロギーに嵌ったというのが残念なことだ。

 そもそもゼロ戦を「殺戮兵器」というのは間違っている。ゼロ戦は戦闘機であって爆撃機ではない。
 「殺戮」とは民間人を無残に殺す場合に使う言葉だが、爆撃機は民間人を殺戮する可能性があるものの、戦闘機は敵戦闘機と決闘する兵器であって、民間人殺戮には使われない。
 戦闘機が戦時国際法を違反する可能性は極めて低いのである。
 したがってゼロ戦を描くことに罪悪感を持つ必要などないはずなのに、『風立ちぬ』には堂々たるゼロ戦の勇姿は描かれない。妄想の中のヘンテコな飛行機ばかりが描かれるので、童心を失わないわしとしては物足りない映画である。

 それでも多くの大人が感動したと言うのは、日本人の職人的な気質と、控え目で節操のある純愛が描かれるからであり、戦前の人々の礼節と美しい風景がノスタルジーを誘うからであろう。
 近代化されない美しい風景や、童心でしか見えない日本的な神々や精霊を描くのは、宮崎アニメの特徴なようだが、それが今まで大人の観客も増やしてきた要因となっている。
 ところがまさにその前近代的なものへの憧憬が、近代主義者であるリベラル・サヨクの論客の反発を誘う原因でもある。 

 近代主義的なサヨクは、資本主義や情報社会を、「時代を支配する重力」と考えている。だからグローバリズムへの反発も、原発推進への反発もない。それは戦前回帰であり、前近代へのノスタルジーに過ぎず、そんなことを唱えている者は、「重力に抗って飛ぼうとする」ジジイとしか映らないのだ。
 だがそもそも飛行機も鳥も重力に抗って「揚力」で飛ぶのであり、もし重力に抗わなければ、墜落して地上に叩きつけられるだけである。
 グローバリズムも原発も重力ではないのだが、もし重力なら、抗って自然の力で軽やかに飛んだ方が良いに決まっている。


 近代主義サヨクは『風立ちぬ』の二郎と菜穂子の関係性も、前近代的なマチズモ・男性優位だと非難する。これは大きな勘違いだろう。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他318件のコメントを表示
×
普通ならば他人の恋愛沙汰につべこべ言うのは無粋な事でしょうが、今回はどうにもこうにも気色悪い話だなと。

ヤフーニュースで読んだのですが、記事タイトルに"明治天皇の玄孫"と強調されていたり、本文中に「昭和天皇ご愛用のバッグをプレゼント」などというエピソードが挟まれていたり…。

読んでるこちらが赤面してしまいました。
86ヶ月前
userPhoto
dai
×
>>353
na85さんは本当に頭がいいと感じるし、知識や理屈では、僕は太刀打ちできないんですね。だから、その洞察力には感服するところですが、ほんのたまに本当かいなと思うのです。だからといって、どこがどう違うのかを反論できず、違和感としか言い様がないのですが。
na85さんほどの頭脳の持ち主なら、物事の複雑な裏事情を的確に言い当てることができるのでしょうけど、ただ、それが行きすぎてしまうことがあるのではないかと思ってしまいます。つまり、na85さんほどの知性だったら考えづくで動けただろうけど、政治家も含めて国民の大半はna85さんより知性がないので、考えるほどの策略はないのではないかと言うことです。
無責任なようですが、これも庶民的な感覚かなと思うので、言及しました。
86ヶ月前
×
竹田恒泰と華原朋美ちゃんの交際(一歩手前?)報道、完全にどーでもいい話しですが…。
以前、在特会かなんかのネトウヨが彼女が出来た途端、リア充になってデモやヘイトスピーチを
あっさり止めちゃったというエピソードがあったと思うのですが、
竹田もリア充になって、途端に政治的パフォーマンスに飽きてくれたら、
それだけが唯一の救いかなと。
86ヶ月前
×
>>357 toshiさん

 (どっちにとっても)ハッピーエンドじゃないですか、ヤダー。

 はじめまして、toshiさん。この言葉が真っ先に思い浮かびましたものでして…ついレスしてしまいました(^^;
86ヶ月前
×
>>358 t35daifukuさん

レスありがとうございますm(_ _)m

そうなってくれると有り難いんですけどね。
逆に分不相応に可愛い彼女が出来て、「オレ、今イケてんじゃね?」と勘違いをして
より調子に乗ってしまう男のパターンもあるからなあ。

竹田氏がテレビの取材を受けてる時のニヤけた顔つきを見てると、そちらのパターンのような気が…。
86ヶ月前
×
No.360 いただき!

次号ライジングがすでに配信されております。
華原朋美さんと竹田恒泰君の恋の行方は
次号ライジングのコメント欄でも受け付けております。
それでは皆様、次号へ急げや急げ~~!
86ヶ月前
×
ライジングコメント数(ここまでの)最高記録を
さらに更新して、No.361 をいただきます。

ここまで読んでくださった読者の皆さん、本当にありがとう
ございます。
また、新たにライジングを購読して下さったみなさまに、感謝いたします。

次号は、
小林よしのりライジングVol.60
「山本太郎の天皇陛下への直訴は政治利用なのか?」
です!
また、最新の「ライジング」が
只今絶賛配信中です!
コメントを書かれる方は、
「新着記事」
のトップ(最新号)をクリックしてください。
読者の皆様とともに、「ライジング」を創っていきましょう!
85ヶ月前
×
みなさん忘れていませんか。
よしりん先生がおよそ1月前に放った言葉、

わしと仕事、どっちが大事なんだよ!?

強烈なよしりん語録、こちらも忘れないで
おくんなまし!
85ヶ月前
×
すみませんねえ。
>>362
どこかの回に書きこむつもりが
間違ってこっちに書きこんじゃった。
さてクイズです。
これはどこに書きこんだコメントでしょう?
85ヶ月前
×
>>18
今、偶然…とゆーか、酒呑みながら過去ログを辿って来て、ここに
(;_;)

こういう時って、あるよね
(´-ω-`)
なんかさ、思わぬところで救われたりして
( ´∀`)

俺、この前、呑んで、カレーさんへの批判書いちゃってさ…。
呑んで、人への批判書くと、ロクな事にならないね
(-_-;)

2度としちゃダメだと思ってる。

自戒の念を込めて、鷲音さんに、ここで誓うね
(`◇´)ゞ
81ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。