• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<菊地成孔の日記 / 令和元年9月11日午後8時46分記す>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<菊地成孔の日記 / 令和元年9月11日午後8時46分記す>

2019-09-13 10:00
  • 12

 今これを、東京ザヴィヌルバッハのリユニオン・ライブ(僕はこれ、リユニオンじゃなくてオールスターライブだと思うけどね。僕がスター、とか云う意味ではないですよ。イガちゃんは生まれつきのスターだけど)のリハを終え、8時に事に気づき、46分まで待って書き始めています。アップされるのはおそらく9月13日の金曜日ですけどね。理由はすぐに分かります。

 

 東京ザヴィヌルバッハが結成されたのは、DC/PRG(当時date course pentagon royal garden)と同じ1999年ですが、ファーストアルバムのレコーディングは2001年9月でした。

 

 僕の記憶では結成からレコーディングの間の2年間ですっかり方向性を見失っていた僕らは、五十嵐一生の脱退を以って、音楽性が完全にロックオンしました。僕らの分裂は、音楽性にのみ基づく、かなりシリアスなものであり、僕はこの形のシリアスを今堀恒雄のティポグラフィカ、大友良英のグランドゼロと、過去二度経験しているので、まあ慣れているとも言えましたし、そんなキツい目を反復するなんてキツいでしょう、とも言える話なんですが、僕自身がこのタイプのシリアスを自身に招かないタイプの音楽家なので、他人事といえば他人事で、「ああ、またか」と云う感じでした。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他2件のコメントを表示
userPhoto
Syd
×
アス観ました。ジェームス・ガンやクリス・ロックの様にSNSの過去ログから襲われる事への恐怖って事なのかなと思ってジョーダン・ピールのインタビューを読むと違うらしく。

最後の地下でのルピタ・ニョンゴVSルピタ・ニョンゴのシーンでJDのAGITATIONでの菊地さんのバースを思い起こしました。
1ヶ月前
×
>>3
TZBリユニオンもといオールスター
逃したとお嘆きの方は追加公演が決まりましたよ。
https://twitter.com/tokyozawinul/status/1172430749871460354
1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>1

「悪い方へマイルス」は、かなりデンジャラスなワードだと思いますが(笑)、五十嵐が自動演奏するソフトを御しようとしたことは、人間原理にかなっていたと思います。人類は天然自然という自動演奏ソフトを御することで繁栄してきましたので。僕は当時も今も極左で、自然天然を最上のものに置いています。いわゆるナチュラリストの腰は抜けていると思いますが。つまり、災害で人が亡くなるのは悲劇的ですが、悪事とは思いません。

 天然か人工(ラジオでは冗談で「養殖」と言ってましたが・笑)か、そして人工的な天然か、天然的な人工か、は、すべてに僕の独断で区別がついています。神経症は人工物ですが、精神病は天然自然です、言語を持たぬ嬰児も天然自然の状態ではあります。神も天然自然の物です。多くの虐待死事件は「嬰児を」「躾けようとして」起こりますし、全ての神経症に対して、自然治癒力みたいなものは全く無効だと思っています。

 なので、例えば音楽療法とか、音楽の治療性とかいった話にも、厳格に接しています。僕は神経症に対しては畏敬の念は全くなく、どんどん自分の力を及ばせてしまいますが、精神病者にはひれ伏しています。自動演奏ソフトは、人工的な自然で、これはよくあります。しかし、当時の音楽界では唯一の、人工的ながら自然ではあって、僕は、極言すれば、その日のライブでMが暴走したり停止したら、演奏はやめても良いと思っていました(その時は、トークイベントに切り替えて、何が起こったのかを詳細に観客に説明するつもりでいました)。

 シトロエンに限らず、プジョーもそうですが、フランスに限らず、車のメーカー名というのは全て美しく、これは個人使用の航空機や船舶と比べた時、美しさに大差がありすぎて、いかに自動車というものが、天然を模した人工か。ということを意味していると思います。

1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>2

 ご高評ありがとうございます。あの時の高崎は公演は素晴らしく、以後10年間、ほぼ毎年オファーがあったのですが、叶わず、やっと時が来た。と思っています。

 僕は巷間、気持ち悪いとか気障とか素敵とか、ナルシシストとかインテリだとか胡散臭いとか素敵だとか、素敵だとか(笑)様々な言われ方をしますが、結局自分はセクシーなのだと思っています。

 これはもちろん、セックスをいっぱいやっているとか、セックスが上手いとか、セックスの事ばかり考えているとか、ましてや、一般的な意味での「セクシーな男」とは全く意味が違い、「自信家」である、という事です。性別や職業や時代を問わず、あらゆる著名人は「セクシーとは何か?」と聞かれ「自信がある事」と答えています。僕は自分がセクシーであるとは思っていませんでしたが(一般的な「セクシー」とは程遠いので)、自分の創作物には絶対の自信があります。なので、結果として、セクシーなのだろうな。民は一般的なセクシー、以外の、エッセンシャルなセクシーさに対しては、気持ち悪がったり、欲情したり、感動したり、治癒されたり、様々な反応をするものだ。と思っています。

 10年前の高崎で、満場の(約1000)観客のうち、ぺぺを既知の方は数名ほどだったと思います。ですが僕は、「どうしよう、誰もこの音楽を知らない地方都市で、こんなストレンジな音楽をやって、滑ったら。。。。」とは、一瞬も思いませんでした。いつも通りやって、いつも通り観客は熱狂するとしか考えていませんでした。途中、キリングタイムの時、2パーカッションのソロに対して、ハンドクラップで7拍子のクラーベを打ったら、よくある、観客に拍手を即しているショーアップと間違いられ(笑)、観客席から割れんばかりの大拍手と大歓声が起こったのが唯一の予想外で(笑)、大変に愉快な苦笑で、高崎の人々を友人のように大好きになりました。

 今、最終スパンクハッピーのアレが、アップ1ヶ月を待たずに20万回再生されていますが、彼らのファン(パンか・笑)の方々なら、あの日のパフォーマンスが神がかっていて、なので再生回数が多い、のではない。ということをよくお分かりだと思います。

 話はスリップしますが、僕もボスくんから、あの日のライブの全てを見せてもらって、オンエア用の1曲を選ぶので一緒に選んで欲しいと言われまして、ムッチャクチャ正直にいうと、あの日は集合時間とか天候とか、様々な角度から2人ともコンディションが良いとはいえず、しかも、開始早々の「フェイム」で、あの、なんというか、波動を撃つような振り付けありますよね?あれでODがガッとばかりに屈んだ瞬間に海風の突風が吹いて(僕の中で「神風」と呼んでるんですが・笑)、あの衣装、スカート部がメチャクチャ薄いんですよね、それで、パンチラならぬ、いきなり全パンモロになって(笑)、ODはあんな風だから全く恥ずかしがらないんだけど(笑・そのあと収録カメラが、カメラ小僧並みに、しばらくODの股間ばっかり狙ってたんで、スペシャをセクハラで訴えようと思ったんですが・笑・楽しかったんでやめました)、「今日はヤバいな(苦笑)」「ヤバ位じゃないスか(苦笑)」みたいな感じで、2人ともダルい上に、いきなりパンモロったんで(笑)、正直、全体的に集中力に欠けるパフォーマンスでした。

 それでも、あれが、形だけでも大通り(ツブ)に並べれば、ああなるのです。あれは僕の発明じゃないけど(大元は僕が作ったとはいえ)、それでも要するに、一番の大通りは、例えば駅前とかですよね。僕は、世界中のどの国の、大都市であれ僻村であれ、ストリートライブをやらせていただければ、ぺぺであれ、DC/PRGであれ、ダブセクステットであれ、song XXであれ、最終スパンクスであれ、花と水であれ、客の量と熱狂によって交通麻痺を起こさせ、警察を出動させる自信があります。音楽に関してのみ、ですが、僕には絶対の自信があるので(それは狂気だと思いますが)、逆にツアーに出不精になっているのかもしれないと思うほどです。年がら年中ツアーに出ている音楽家にも様々なメンタリティはありますが、不安も大きな要素でしょう。「あ、今夜もお客さんが喜んでくれた(ホッ)」という経験を僕はしたことがなく、そこに愛される理由も、嫌われる理由も全てあると思っています。


 
1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>3

 ジョーダン・ピールはご存知の通り、サタデーナイトライブ出身の、コント作家でありコメディアンです。僕は彼が映画監督として、全てが上手くいった松本人志だと考えています。なので、おそらく、ですが、本当のところは、テーマも何もないと思います。不条理コントを、どれだけ怖く、面白くやれるか、風呂敷がたためないぐらいに世界観を広げてしまって、しかし、畳めなくても誰も文句がいえないぐらいの完成度を叩き出してしまった結果が、映画作品となった2本ですよね。

 ネタバレになるのでアンサーが曖昧になりますが、おっしゃる通り、あらゆる島で踊られているバレエとは、あの地下世界で踊られているバレエのようなものです。僕はあそこにクラシックバレエを持ってきたジョーダンピールのセンスと勘に驚嘆しました。

1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>5

 あそこキャパ50人ぐらいだと思いますんで、聴きたい方お急ぎください(笑)。ただ2CD-Jとテナーとソプラノって、乗るのかなあ。ソプラノサックス1本で済まそうと思っている悪いオレ(笑・自信家)
1ヶ月前
×
『自信家がセクシー』という論、目から鱗が落ちる思いで読みました。
確かに世間一般で想像されるセクシーでは無いセクシーって、いろいろな反応が出ますね。

ところで全くブログと関係ない話になってしまうのですが、今年の初夏にリリースされたけもののEPには、
菊地さんは全く関わっていないのでしょうか?
1ヶ月前
userPhoto
菊地成孔
×
>>10

 もちろん、僕が言ったとか考えたとかではなく、特にアメリカ人が言いますね。これは角度が違いますが「ザ・リアル」というスエーデン映画では「権力が本質的にセクシーであることから逃げるな」というセリフがあります。逆に、一般的に、記号的にセクシーな人は、プライヴェートではセクシャルではない(エロくない)、という話もたくさんありますよね、古くはマリリン・モンローが、ベッドでは無能だったとか(本当か嘘かわかりませんが、ジョージ・ディマジオのこの暴露には、モンローも消極的に賛同しています)。

 けもののEPは、もうTABOO終了後でしたので、僕は全く関わっていませんでしたが、TABOOが続いていれば、オーニソロジー、最終スパンクハッピー、の次はけものの2枚目、の予定でした。辻村くんとかも参加していたと思います。

4週間前
×
なるほど、「ザ・リアル」、勉強不足ゆえ未見でしたので観てみますね。「権力が本質的にセクシーであることから逃げるな」って凄いセリフですね。マリリン・モンローの話も初耳でした。
けもののEP関わっていないんですね。1stとも2ndとも違う、すごく品の良いオルタナティヴロックのような感触がして自分は好きでした。けものはbeat it、第六感コンピューターなどの菊地さんとのデュエット曲が超大好きなので、是非また何らかの形でデュエット等していただけたらなと思います。

ところで以前日記に書いていた菊地式ダイエットの、筋トレ編とストレッチ編を実践しているのですが、
いま現在のボディシェイプ法、是非知りたいです。キクチカメラでやってくれたら最高です。笑
つまらない質問で申し訳無いのですが、筋トレは毎日やって(いわゆる超回復理論など無視して)いますか?
4週間前
userPhoto
菊地成孔
×
>>12

スンマセン!「ザ・リアル」じゃなくて、「ザ・スクエア」でした(笑)、「あのフュージョンバンドの名前と同じ」と覚えてください(笑)。ものすごく面白いですよ。

青羊さんのデュエット相手は、光栄なことに僕も1〜2曲預かりましたが、あの人は天才なんで、もっと沢山の歌手(ヨネズゲンシさんとか吉幾三とかまで含めて)とデュエットすべきだと思います。現在のボディメイクは以前ここに書いたものとは抜本的に違いますが、以前のものが無用の長物ではないので、現在のものも、できればキクチカメラで(笑)ご紹介しようと思います。食事も菜食にしました。筋トレは超回復理論は採用してます。たまにライブがあるので、計算が難しいですが。

 

4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。