• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ザンディグはどこに消えたのか……血と闇を抱えたデスマッチヒーロー■インディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ザンディグはどこに消えたのか……血と闇を抱えたデスマッチヒーロー■インディ通信「フリーバーズ」

2018-06-14 18:11
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはザンディグはどこに消えたのか……血と闇を抱えたデスマッチヒーローです!



    e241c1469f2c2d1ec1051034304c91c67f5f9f3f

    2012年2月22日、ニュージャージー州ブルックラウン警察署。2月にしては、暖かく、穏やかな陽気だった。署長のスティーブン・サイモンは、午前中の慌ただしさも一段落したので、一息つこうと署の外に出て、行き交う車を眺めていた。時計をみると、まもなく午前11時に差しかかろうとしていた。

    その時、遠くから、列車の警笛が聞こえた。その音は30秒もの間、鳴り続けていた。勤続25年のベテラン署長は、異変を感じ取り、警笛の鳴る方へと走り出した。この警笛が線路内に誰かがいることを示していると、サイモンには経験上わかっていた。

    悪い予感がする方へ、800メートルほど走ったときだった。急停車した貨物列車の下から、線路の上に寝そべった状態で、一人の男性が泣き叫んでいるのが見えた。近寄ってみると、男性の両足は列車に轢かれグシャグシャになっていた。痛みにもがき苦しむ男性を安心させようと、サイモンは列車の下に入り、彼を抱きしめた。どうやら、自ら命を断とうとしたらしい。
    すぐさま約10キロ離れたクーパー大学病院に搬送された男性は、一時は危篤状態に陥ったものの、幸い命は助かった。しかし、両足は失い、車椅子での生活を余儀無くされてしまった。
    自殺を図った彼の名は、ジョン・コーソン・ジュニア(当時29歳)。
    “CZW創設者” ザンディグの息子であった。


    今月2日に行われたGCWのデスマッチトーナメント「ザンディグ・トーナメント・オブ・サバイバル3」。自身の名前を冠した大会にもかかわらず、ザンディグは会場に姿を現さなかった。聞くところによると、去年の大会の時は、1週間前まで連絡が取れなかったそうだ。そして、今年は、1ヵ月前から、今にいたるまで誰とも連絡が取れなくなっているらしい。


    この続きと、安田忠夫最終回、朝日昇、天心訴訟、ベイダー、QUINTET、ザンディグ……などの記事がまとめて読める「11万字・記事21本の詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。