• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

アメリカの新団体AEWは脅威になりえるか■斎藤文彦INTERVIEWS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アメリカの新団体AEWは脅威になりえるか■斎藤文彦INTERVIEWS

2019-02-25 16:19
    c7d8ecc9c3965b72f0d6682d0948245b904775e7
    80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト
    斎藤文彦氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます! 
    今回のテーマは「それでもケニー・オメガは新日本に残るか」です! 




    Dropkick「斎藤文彦INTERVIEWS」バックナンバー

    ■それでもケニー・オメガは新日本プロレスに残るか

    【追悼・爆弾小僧】すべてはダイナマイト・キッドから始まった


    ■“怪物脳”に覚醒したケニー・オメガ


    ■怪物デイブ・メルツァーと『レスリング・オブザーバー』


    ■新日本プロレスのMSG侵攻は「WWE一強独裁」に何をもたらすのか


    ■怪物ブロック・レスナーを通して見えてくる「プロレスの作り方」


    ■追悼・マサ斎藤さん……献杯はカクテル「SAITO」で


    ■皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に

    ■ジャイアント馬場夫人と親友サンマルチノ、2人の死――

    ■ベルトに届かず…されど「世界に届いた中邑真輔」のレッスルマニアを語ろう 

    ■ステファニー・マクマホン、幻想と現実の境界線がない生活

    ■ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括

    ■アメリカンドリーム、ゴールダスト、コーディ……ローデス親子それぞれの物語

    ■ジェリコvsケニー実現で考える「アメリカから見たプロレスの国ニッポン」


    旭日双光章受賞!! 白覆面の魔王ザ・デストロイヤー

    ■みんなが愛した美人マネージャー、エリザベス!

    ■職業は世界チャンピオン! リック・フレアー!!

    ■怪死、自殺、大事故……呪われた鉄の爪エリック一家の悲劇

    ■ミスターTからメイウェザーまで! WWEをメジャー化させたセレブリティマッチ

    ■馬場、猪木から中邑真輔まで!「WWEと日本人プロレスラー」

    ■WWEの最高傑作ジ・アンダーテイカー、リングを去る

    ■『1984年のUWF』はサイテーの本!
    ■伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』 

    ■「現場監督」長州力と取材拒否

    ■ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツ…ヘビに人生を飲み込まれなかった男


    ■追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑

    ■ドナルド・トランプを“怪物”にしたのはビンス・マクマホンなのか




    ――先月の続きとなりますが、今回のテーマはケニー・オメガの参戦が決定したアメリカの新しいプロレス団体AEWです。

    フミ ラスベガスで行なわれたAEWの記者会見にケニーが登場して正式契約を発表しましたが、そこにクリス・ジェリコも乱入して掴み合いの乱闘。5月25日の旗揚げ戦のメインイベントとしてで2人のシングルマッチが決まりました。アメリカの団体であるAEWがこうやって日本のファンから注目されている背景には、地続きだからなんでしょうね。いままでだったらWWEユニバースと呼ばれるWWEファンはWWEを中心に見て、日本のプロレスファンは新日本プロレスを中心に見てきました。つまり洋楽とJ-POPのファンのように棲み分けはされてたんですが、今回のAEWは新日本プロレスからの地続きの何かとして見ている。それはケニー・オメガやクリス・ジェリコ、コーディやヤングバックスだったりと、ついこのあいだまで日本で試合をしていた選手たちが何か大きな仕掛けをしようとしているからなんです。

    ――
    気になって仕方ない日本のファンは多いですね。

    フミ
     それはアメリカに新しい団体が生まれる……というだけの話題ではないということですね。ただ、アメリカではファンも関係者もAEWに対する温度差はあるんですね。というのは、アメリカでAEWに期待しているのは、あくまでマニア層なんですよ。マニア層はWWEをもちろん見ますし、 ROHや『インパクト』もチェックしてるんですが、AEWは設立発表しただけで旗揚げ興行すら行なってないんです。現時点で発表されているのは、旗揚げ戦を含めて3大会だけ。

    ――
    5月、8月、9月だけですね。

    フミ
     AEWは毎週2時間のテレビ番組を製作しようとしてるんですが、とはいっても軸足を置くのはインターネットの動画配信になるんだと思います。PPVやケーブルテレビではなくてネット動画を世界同時に発信していく。そこがAEWの新しさになるんですね。

    ――
    AEWの全貌が見えてないからこそ、日本では騒ぎになってるところもあるんでしょうね。

    フミ
     選手を集めたとはいっても、現在判明している所属選手は13名だけです。 旗揚げ戦のメインイベントは『ALPHA vs. OMEGA 2』。つまりジェリコとケニーの再戦になりますが、タイトルに「2」とついている。これは去年の1月4日の新日本プロレス東京ドームで行なわれたジェリコvsケニーの試合をマニア層はすでに見た、という前提があってのタイトルなんです。

    ――
    旗揚げ戦なのに堂々と「2」っておかしいですよね(笑)。

    フミ
     このタイトルは日本とアメリカで『新日本ワールド』をチェックしているお客さんを見込んでいることの証拠ですね。「『新日本ワールド』でこの試合を見てましたよね? この2人のライバル関係を知っていますよね?」と。マニア層にはそうやって簡単に話が通じちゃうから、AEWの旗揚げ戦なのに「2」を名乗っちゃうんですよ。アメリカのカジュアルなファン層からするとクエスチョンマークがついちゃうかもしれませんけどね。

    ――
    日本のファンが大騒ぎしてるひとつの理由には、そのケニーが新日本から離れてしまったことが挙げられます。先月のフミさんのインタビューだと、ケニーはAEWとは独占ではなくジェリコのように自由な契約ではないかという予測でしたが、実際にそのとおりになりましたね。
    この続きと、ケニー・オメガとAEW、リッキー・フジ、ONE、クロン、全女末期…などの記事がまとめて読める「12万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 
     
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。