• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

それでもケニー・オメガは新日本プロレスに残るか■斎藤文彦INTERVIEWS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

それでもケニー・オメガは新日本プロレスに残るか■斎藤文彦INTERVIEWS

2019-01-20 16:18
  • 2
c7d8ecc9c3965b72f0d6682d0948245b904775e7
80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト
斎藤文彦氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます! 
今回のテーマは「それでもケニー・オメガは新日本に残るか」です! 




Dropkick「斎藤文彦INTERVIEWS」バックナンバー

【追悼・爆弾小僧】すべてはダイナマイト・キッドから始まった


■“怪物脳”に覚醒したケニー・オメガ


■怪物デイブ・メルツァーと『レスリング・オブザーバー』


■新日本プロレスのMSG侵攻は「WWE一強独裁」に何をもたらすのか


■怪物ブロック・レスナーを通して見えてくる「プロレスの作り方」


■追悼・マサ斎藤さん……献杯はカクテル「SAITO」で


■皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に

■ジャイアント馬場夫人と親友サンマルチノ、2人の死――

■ベルトに届かず…されど「世界に届いた中邑真輔」のレッスルマニアを語ろう 

■ステファニー・マクマホン、幻想と現実の境界線がない生活

■ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括

■アメリカンドリーム、ゴールダスト、コーディ……ローデス親子それぞれの物語

■ジェリコvsケニー実現で考える「アメリカから見たプロレスの国ニッポン」


旭日双光章受賞!! 白覆面の魔王ザ・デストロイヤー

■みんなが愛した美人マネージャー、エリザベス!

■職業は世界チャンピオン! リック・フレアー!!

■怪死、自殺、大事故……呪われた鉄の爪エリック一家の悲劇

■ミスターTからメイウェザーまで! WWEをメジャー化させたセレブリティマッチ

■馬場、猪木から中邑真輔まで!「WWEと日本人プロレスラー」

■WWEの最高傑作ジ・アンダーテイカー、リングを去る

■『1984年のUWF』はサイテーの本!
■伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』 

■「現場監督」長州力と取材拒否

■ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツ…ヘビに人生を飲み込まれなかった男


■追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑

■ドナルド・トランプを“怪物”にしたのはビンス・マクマホンなのか



――
今回のテーマはオール・エリート・レスリング(AEW)です。同団体には新日本の常連外国人レスラーが多数参戦し、ケニー・オメガも移籍を匂わせています。新日本と掛け持ち参戦するという流れは見えないので、日本のプロレスファンもその動向が気になっていますね。

フミ まず簡単にアメリカの状況を整理すると、プロレス市場の中心にいるのは世界最大の団体WWEです。WWEと比較すると、ROHやインパクト・レスリング(TNA)はインディと言えますよね。AEWが誕生し、選手争奪がさらに激しくなっているので、インパクトあたりはこのまま衰退の道を辿るんじゃないかとも囁かれています。

――
WWEと他団体の力の差は、100対1と言っても過言ではないようですね。

フミ
 ROHと提携してアメリカに進出しようとしている新日本プロレスが現在は世界2番目のプロレス団体と言えます。そして今回のテーマであるAEWは、昨年『ALL IN』を成功させたCodyとヤングバックスが中心となって旗揚げしようとしています。

――
AEWのオーナーは、超お金持ちなんですよね。

フミ
 AEWの社長トニー・カーンの父親シャヒード・カーンは個人資産65億ドルの実業家です。いろんなスポーツフランチャイズや企業を抱えるオーナーで、フォーブスマガジンによればアメリカでは65番目に金持ち、世界で217番目の金持ちで。資産だけでいえばビンス・マクマホンよりお金は持ってるんです。

――
驚異的な資金力を誇ってるんですねぇ。

フミ
 ただスポンサープロレスが成功した試しがないのは歴史が物語っていて、お金があれば団体はうまくいくというものではないですよね。ちなみにCodyは副社長として、ヤングバックスもエグゼクティブとしてもAEWに参加しますが、現時点で選手契約を結んでいるのがハングマン・ペイジ、クリストファー・ダニエル、PAC等、12名くらい。その中で唯一特別な契約を結んだのがクリス・ジェリコなんです。どういう特別な内容かといえば、ジェリコはほかの選手と違ってバンドFOZZYのツアーなどのジェリコ個人の活動ができる。また、ジェリコが希望すれば、新日本にも継続参戦できるんです。

――
ジェリコはさすがのVIP扱いなんですね。<会員ページへ続く!>



この続きと、RIZIN大晦日特集、地獄のシューティング合宿、イッテンヨン、ケニー・オメガ…などの記事がまとめて読める「11万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 
 
この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
さすがですね!僕も彼の意見に同意ですけど、T N A が、衰退は考えられませんよ! 一応金曜日にレギュラーのテレビがあるし、今度home coming というPPV もあるし、そんなに深刻ではないと思いますよ❗ ただWWE も何か新しいものを模索中だし、何か新しいスターが出て来そうですね!
7ヶ月前
×
ジーンオクランドさんが、亡くなりましたね!残念そしてありがとう❗
7ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。