• このエントリーをはてなブックマークに追加
きぐるみ映画への可能性すら感じさせる、アンビリバボーな『スター・ウォーズ』コスプレ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

きぐるみ映画への可能性すら感じさせる、アンビリバボーな『スター・ウォーズ』コスプレ

2013-09-09 13:00
    f44a910948a1ce80a3713ed517cd9d83b3388382


    中の人が巨人じゃなくても、ウーキーになれる! 

    以前にも超リアルなコスプレで、『スター・ウォーズ』ダース・マルガス卿をこの世の者として生み出した、アイルランドのコスプレイヤー、ジュリアン・チェックリーさん。 彼のプロ級なコスチューム作りは、上のリンクをご覧頂ければ解るのですが...今回はその方の手によって、ウーキー族の怪力自慢・ターフルのきぐるみが完成しましたので、ご紹介します。 まずは、このコスチュームを着る時の大変さが良く解る、カメラテスト用に撮られた動画をご覧ください。どうぞ!

    大きな画像や動画はコチラ

    上げ底の脚を装着すれば、身長は約2.5メートルに! その両脚にはじまり、各種毛皮パーツ、そして上半身の肉厚感を出すためにプロテクターらしきインナーを着込むなど、複数の人数に手伝ってもらってやっと全部着られるんですね。かなり大変そうです。

    巨大になっても、両脚パーツがシッカリと固定されるため、意外にも動きは軽やか。そして、実はマスクに仕込んだアゴの関節が開閉する度に声を発するギミックまで兼ね備えています。 さてこのムービーは、平均的な身長の人と並んだ時にカメラ・フレームにちゃんと収まるのか、そしてライティングはどのようにしたら良いのか、などなど本格的な動画撮影に向けてのテストらしいので、もしかすると、このターフルがひと暴れするファン・メイドの動画が作られるかもしれません

    ジュリアンさんはルーカス・フィルムに勤めているとかではなく、ただのコスプレイヤーだと言うから驚きです。こちらのフォーラムに掲載された写真からは、このコスチュームのマスクや装飾品などの製作過程がよくわかるようになっているので、ぜひ訪れてみてください。 脚がどうなっているのかも見られますし、多分ターフルの素顔にビックリしますよ! 


    きぐるみ映画への可能性すら感じさせる、アンビリバボーな『スター・ウォーズ』コスプレ[Kotaku Japan]
    Incredible Star Wars Cosplay Tears All Other Cosplay's Arms Off[Kotaku]

    (岡本玄介)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。