• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

安倍首相の真珠湾訪問は何だったか。本当は実質的意味がない訪問をマスコミを動員して作り上げた政治ショーだったのではないか。そしてトランプ・オバマ関係が緊迫している中、トランプとの関係悪化の危険をはらむ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

安倍首相の真珠湾訪問は何だったか。本当は実質的意味がない訪問をマスコミを動員して作り上げた政治ショーだったのではないか。そしてトランプ・オバマ関係が緊迫している中、トランプとの関係悪化の危険をはらむ。

2016-12-29 08:06
  • 5

 新聞の見出しに、「歴史的な訪問だとある。

 何が歴史的だったのであろうか。

 当初、「現職首相初めての真珠湾訪問」と報じられた。それだったら歴史的

であったかもしれない。しかし、その後吉田首相、鳩山(一郎)首相、岸首相

が現役で訪問していたことが判明した。かつ鳩山(一郎)首相の時には祝砲が

うたれ、国歌吹奏も行われている。

 確かにオバマ大統領は同席したが、彼は毎年暮れ真珠湾で過ごすので、立ち

会うのは特別ではないし、首相が演説をしたからと言って、「歴史的」とは言

えない。

 首相が行った演説も美辞麗句を並べているが、実はない。

 安倍首相は「日本は不戦の誓いを貫いてまいりました。戦後70年間に及ぶ

平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不

動の方針を、これからも貫いてまいります」と述べた。安倍首相は、集団

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
今のマスコミの勇気の無さは、まさしく日本人の勇気の無さそのもの。
政治家はCIAに個人情報を握られ、米には逆らえず。無用。
孫崎先生は命の危険を顧みず、正論を書いてくださいます。
日本人の大半は戦争反対、反原発なのに産経、読売主張の安部への礼さん記事。
石原の反中を装った本当は反日思想。彼が尖閣問題を作った張本人。
我々庶民はどうすればいいんだろう。
41ヶ月前
×
「慰霊の訪問」であればわかるが、「謝罪の訪問」とか「不戦の誓い」となると、大きな疑問符が付く。

戦争に謝罪などないでしょう。謝罪すべき戦争であるならば、最初から戦争すべきでない。戦争で亡くなられた方に、述べる言葉ではないでしょう。不戦の誓いなどなどと言われると、このかたの頭の構造を疑いたくなる。「不戦の誓い」=「9条」ではないか。「不戦の誓い」をするなら、「9条を改正する」理屈が付かない。矛盾を、時と場合によって正当化する事例である。「不戦」ということに心動かされて、納得するマスコミ、国民の責任が大きい。茶番劇に、どのぐらいの人が納得しているのか、正確な実態がつかめないマスコミの状況は、困ったものです。
41ヶ月前
×
阿部さんの真珠湾訪問を「歴史的な訪問」と報じるのは新聞の勝手だが、大部分の国民はそうは思っていないと思う。阿部さんという個人の名誉を高めようとするショーだったのでショー。日米の同盟関係にとってややプラスという、いわゆるパーフォーマンス。悪くもないが大いに効果があるとは思えない。ただそれだけ。外国の元首をファーストネームで呼ぶことを外交的実績と考える程度の軽薄な、知識、情勢分析力もない、首相ですよ、阿部さんは。まあ、日本の最近の首相としては、平均点以上といえるが、逆に言えばそれだけ平均点が低いということ。でも、オバマ大統領もインテリではあったが、実績としては自慢できるほどのこともなし。一方、こちらは、いうまでもなく、自分ひとりの身の上すら、覚束ない人間で、他人のことを批判できるはずはない。
41ヶ月前
×
今回の安倍氏とオバマ氏の慰霊の儀式は米国と日本に地下深く潜んで陰謀をめぐらす諸々の陰の権力がやっとのこと合意して行う手の込んだイベントだと私は考えて居ます。

朝日は一面トップの見出しの添え書きに「歴史認識を明示せず」とふと本音をちらつかせましたが、朝日にかすかに引き止められている知的読者へのサービスでしょうか。

いずれにせよ、無頓着な日本国民は感動するでしょう。このパールハーバーでのイベントは野田政権時の尖閣国有化措置に相当する中国への挑発行為だと私は判断して居ます。中国大陸は臨戦状態に入っていると想像するに難くない。

オバマ大統領はピボット・アジア政策が失敗に終わり、フラストレイションの塊になっていて、ひたすら推したネオコンのヒラリー氏が大方の予想を裏切り落選し、諦めきれず、一説によると、オバマ、ヒラリーは合同して、トランプの大統領就任を妨害するクーデター陰謀に組しているとのこと。オバマ大統領はウオール街の明確な操り人形ですから、大いにあり得る話です。

安倍氏にとっては、本人がどう認識しているか分かりませんが、私には、楠木正成が神戸の湊川神社にお参りして出陣した故事にそっくりに見えるのです。

まーいろいろありますが、米国のクーデターだけはやめてもらいたい。フランクリン・ルーズベルトもウオール街のクーデターに遭いましたが、うまく切り抜けています。その故事に習って、トランプには凌いでもらいたい。そして、中国とビジネスライクに話し合って貰いたい。
41ヶ月前
×
安部首相に同行して真珠湾で追悼式に臨んだ稲田防衛相が本日靖国神社に参拝したそうだ。年末の慌ただしい最中にどさくさにまみれてろくに任務にも堪えられない防衛相の名をかたって英霊に向かい「謝罪はしませんでした」等とつぶやきながら、真珠湾追悼の報告でもしたのか。オバマやケネディー大使はどの様な反応を示すか。そもそも安倍首相の真珠湾訪問自体、米側提案と報じていた(朝日)。行動だけでなくセリフも米国の振り付け。
「未来志向」ですって?要するに日本はアジアで侵略しまくった末に無謀にもアメリカに挑戦し、徹底的にやられて原爆も落とされ無条件降伏のあげく、占領されその後一応独立はしたけど、未だに半植民地状態。これからはアメリカの傭兵として自衛隊も海外に派兵する関係になりましたと宣言しに行ったようなものだろう、全くこの内閣は根性が腐っている。
41ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。