• このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨークタイムズのプーチン評:ウクライナとの戦争の開始時、噴出する不満、緊張し怒り、混乱、だが今、危機モードからシフト。指導者は今や公に現れ、世界の危険からロシアの人々を保護するという穏やかな、父性主義的な指導者のイメージを演出。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニューヨークタイムズのプーチン評:ウクライナとの戦争の開始時、噴出する不満、緊張し怒り、混乱、だが今、危機モードからシフト。指導者は今や公に現れ、世界の危険からロシアの人々を保護するという穏やかな、父性主義的な指導者のイメージを演出。

2022-07-01 08:27
  • 60
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他50件のコメントを表示

>ロシアって常任理事国なんですが、これって、ロシアが(公正に解決するという意味での)ウクライナ問題を無視したって意味なのかな

 あなたは現実をみていますか?常任理事国内で現に対立しているではないですか?

 国連は機能不全です。

No.61 1ヶ月前

>軍事力の行使はダメだって書いてるでしょ。

武器供給により戦争させることと、直接的軍事力行使と本質的に違いなどありませんよ。

違うというなら、ここで逃げずに説明したら、いかがですか?

No.62 1ヶ月前

私事で恐縮ですが、私はこれから妻と一泊二日の小旅行です。そのタイミングでの酔狂もこのぐらいにしておきます。

りゃんさん、お疲れ様でした。

No.63 1ヶ月前

> 彼は、戦時中の危機モードから、ロシア人を世界の危険から守る穏やかで父性主義的な指導者のオーラに戻るシフトを伝えている。

これは何だ。痩せ我慢だと言いたいのか。それとも、ウクライナ/ロシアの客観情勢はロシアに有利になったと認めているのか。係る客観情勢は何も提示せず、高みの見物を決め込む、何やら朝日の社説みたいなイヤらしい書きっぷりでないか。

> プーチン氏は水曜日のトルクメニスタンでの8分間の演説で、ウクライナや西側との対決について言及しなかった。

「演説」でなく「記者会見」では言及している。以下、ご参考まで-

RT 30 Jun, 2022

プーチン大統領、2月以来の外遊でウクライナについて語る
https://www.rt.com/russia/558109-putin-ukraine-nato-goals/

ロシア大統領は、最新のNATO首脳会議とモスクワの目標について考えを述べた-

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は2日、トルクメニスタンのアシガバートでの記者会見で、ウクライナにおけるロシアの目標に変化はないと述べた。

「何も変わっていない」とプーチン大統領は確認し、最終目標は 「ドンバスを解放し、これらの人々を保護し、ロシア自体の安全を保証する条件を作り出すことだ。それだけだ」と述べた。

大統領は、目標は変わらないが、それを達成するための戦術は、軍が適切と考えるものによって変わる可能性があることを明らかにした。しかし、「すべては計画通りに進んでいる」と主張した。

「期限について話すことはない。それが人生であり、現実だからだ。なぜなら、それは戦闘の激しさに関係し、その激しさは起こりうる犠牲者に直接結びつくからだ。そして、何よりもまず、隊員の生命を守ることを考えなければならない」と述べた。

NATO事務総長が、2014年からNATOは紛争の準備をしていると告白したことについて、プーチンは、それはモスクワにとって「何も新しいことではない」と述べた。また、米国は長い間、同盟国をワシントンに結集させるために外敵を探しており、その役割にはイランよりもロシアが適していると付け加えた。

“NATOが冷戦時代の遺物であることは、私たちがずっと言ってきたことだ。私たちは常に、NATOは変わった、今は政治的なブロックだと言われてきたが、誰もが、特に軍事組織として新たな勢いを与えるチャンスと正当性を求めていたのだ。そして、その通りになったのだ”

フィンランドとスウェーデンの加盟に関する質問に答えて、プーチンは、西側諸国がこれを「NATOを遠ざけるというロシアの目的の敗北」と描いているのは完全に誤りであると述べた。

また、「スウェーデンやフィンランドとは、残念ながらウクライナと同じような問題はない」と述べた。「領土問題もないし、フィンランドやスウェーデンのNATO加盟に関して心配するようなこともない。彼らが望むなら、そうさせればいい」

「彼らは、以前は何の脅威もなかったが、今、軍事力やインフラがそこにある場合、我々は応戦し、我々が脅かされる領土のために同じ脅威を作り出すことを余儀なくされることを明確に理解しなければならない」とプーチンは警告した。「これは明らかなことだ。そんなことも分からないのか。以前は全てうまくいっていたのに、今は緊張が走る。もちろん、繰り返すが、我々が脅迫されればの話だ」

しかし、プーチンは、現時点では、ストックホルムとヘルシンキからの潜在的な脅威を、過去数年にわたるキエフからの脅威ほど危険視していないことを強調した。

“我々にとって、NATOの中のフィンランドとスウェーデンは、NATOの中のウクライナとは全く異なるものである”

(中略)

ウラジーミル・プーチンは、ウクライナでのロシアの軍事作戦開始後初の外遊として、水曜日にトルクメニスタンのアシガバートを訪問した。第6回カスピ海サミットに出席し、アゼルバイジャン、イラン、カザフスタン、トルクメニスタンの首脳と会談した。その前日にはタジキスタンを訪問し、エモマリ・ラフモン大統領と会談した。

No.64 1ヶ月前

当初、プーチンは混乱していたが、6月に入って徐々に落ち着きを取り戻してきた調の、言説がふえてきたが、いやいやプーチンははじめから、落ち着いている。西側の経済制裁の対処も用意周到に練っていた。軍事も当初より勝利している。ドンバスのウクライナ軍包囲もずっと前に、終わっており、今、実行しているのは包囲したウクライナ軍のせん滅である。ロシアプーチンは、軍事的経済的に非西側諸国とともにアメリカ覇権に鉄槌をうちこもうとしているのは明らかである。ラブロフ外相は(地中海ジェノバに始まる)500年の西側覇権を終わらせると述べている。ロシアのこの壮大な意図を矮小化してはこの戦争の持つ歴史的意味は理解できない。

No.65 1ヶ月前

やれやれですね。こっちからもう終わりにしようといってるのに、さんざん引きずって、仕方ないから答えてたら、
===
私事で恐縮ですが、私はこれから妻と一泊二日の小旅行です。そのタイミングでの酔狂もこのぐらいにしておきます。

りゃんさん、お疲れ様でした。
===
ですか。

なんで高齢者には、こういう、息を吸うように人を不快にさせる失礼なヤカラがいるのかな。米国のゲタはいてたから、この世代はいい目をみたんだと、心の底からおもいますよ。まあ、こんなヒトにかかわった自分のせいだとおもうことにします。

>>自由と民主主義のためにアメリカは戦っていると?

国連憲章に違反した侵略戦争に抵抗するために、NATO諸国が援助しているのです(米国が中心ではありますが、GDP比でいえば、ポーランドなども相当なものです)。
あと、ウクライナは多少のわずかな例外はあるにしろ、専守防衛ですよ。どっちもどっち論などは、モスクワなどが空爆されてから言うのがよいと思います。わたしが論理破綻だと思うのは勝手ですが、わたしと同じような議論をしている有名な先生なんかもいますから、どうぞ、そっちで絡んでくださいね。

>>国連は機能不全です
いや、いっぺんでも、安保理にこの議題を出したんですか、ロシアは。何言ってんだろ、このヒト。

>>直接的軍事力行使と本質的に違いなどありませんよ。
「本質的」といえば、本質的だとおもってるヒト発見。軍事援助の世界では、現実に、武器援助と参戦とはぜんぜん違います。

No.66 1ヶ月前

>>66

>やれやれですね。こっちからもう終わりにしようといってるのに、さんざん引きずって、仕方ないから答えてた

仕方ないだなんて?あなたは有り余る時間の使い道に困っているのでしょ。


>なんで高齢者には、こういう、息を吸うように人を不快にさせる失礼なヤカラがいるのかな。

私はキチンと人は見ています。人によって態度は変えます。大人ですから(微笑)。

>国連憲章に違反した侵略戦争に抵抗するために、NATO諸国が援助している

アメリカ帝国主義は何度も国連憲章を踏みにじりました。従って、あなたのような親米趣味の人以外には、アメリカの正義は信用できませんよ。

>あと、ウクライナは多少のわずかな例外はあるにしろ、専守防衛ですよ。どっちもどっち論などは

このこの戦争の本質はアメリカNATO対ロシアです。だからこそ、当然、ドッチもドッチ、となります。

>わたしと同じような議論をしている有名な先生なんかもいますから、どうぞ、そっちで絡んでくださいね。

 孫崎先生に私淑されることをお勧めいたします。テレビ等既存主流メディアに登場する「有名な先生」な先生の言説は鵜呑みにしないことが肝要。

 >いや、いっぺんでも、安保理にこの議題を出したんですか、ロシアは。何言ってんだろ、このヒト。

常任理事国のアメリカは、マイダンクーデターを仕込んでいましたね。また同じくフランスはミンスク合意を仲介しましたね。結果、ロシアは「特別軍事作戦」を敢行せざるを得なくなりました。この経過において国連が機能している、というご意見は認知バイアスがかかりすぎでは?

>軍事援助の世界では、現実に、武器援助と参戦とはぜんぜん違います。

「ヤクザの鉄砲玉」に全て責任がある、ですか?あなたは人間社会に関する洞察が平板です。真の「悪」は、黒幕だったり、命令を下しているボスであったりします。 

 いずれにせよ、私は「武器援助と参戦とはぜんぜん違います」ということの理由に関する論理的説明を求めたのです。答えになっていません。

No.67 1ヶ月前

相手を侮辱しようとして議論をしかけてきておいて、侮辱しかえされたら怒り出すってのは、なんなんだろうな。少なくとも自分の周囲の30台以下には、こんなヤカラみたことがない。

No.69 1ヶ月前

ロシア右翼のいうとおりのこと言ってるロシア右翼支持者が、少なくともこの議論では、伝統的なサヨクのいうとおりのこと言ってるわたしにたいして、「ネトウヨ」という。ネトウヨの本来の意味、起源さえ知らないくせに。

じゃあ、と、「開戦の詔勅」についての意見を求めると、答えられない。おそらく、読んだこともないのだろう。ロシア右翼は支持しているくせにね。

前から時々言ってるけど、ほんとに日本のサヨクはどん詰まりだと思う。

No.70 1ヶ月前

>>仕方ないだなんて?あなたは有り余る時間の使い道に困っているのでしょ。

>>私はキチンと人は見ています。人によって態度は変えます。大人ですから(微笑)。

たしかに、きのうは期日前投票にいったくらいですけど、別に時間が有り余ってるわけじゃない。あなたこそ、こんなところにいるより、写経でもしてたほうがいいのでは?

ま、あなたにどういわれようと、わたしの尊厳が傷つくわけじゃなし。

武器援助と参戦とは、現にロシアが区別つけてるでしょ。ロシアを「キチンと見て」たらわかるはず。そんなこともわからないのかな、この「大人」は。 嘲笑

No.71 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。