• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • ドン・キホーテ創業者・安田隆夫の麻雀

    2014-11-05 18:53  
    委員長のカネポンです。ドン・キホーテ創業者である安田隆夫さんの本に、以下の麻雀に関する記述を発見しました。 一般的に麻雀の上級者は、頭の中で自分の手牌が整理されていて、盲牌をしている間も、相手の手牌を常に見続け、その手を想定しながら大局観に合わせた打ち方をする。 しかしこれは勝つための必要条件であっても、十分条件ではない。少なくともこのレベルでは、麻雀でメシを食うのはまず無理である。相手の牌を見るだけでなく、相手の顔(表情)を観察しながら打つ領域に達しなければ、安定・確実な勝利をモノにすることはできない。 対戦相手の表情のわずかな変化が、その手牌を想定させるに十分な根拠を与えてくれる。だから私は勝てた。(「ドン・キホーテ闘魂経営 ゼロから始める成功の極意」より抜粋)こ、これは相当な打ち手です!11月8日の麻雀大会にこんな方来ちゃって、どうなるんでしょう?でも顔を見られる相手はたまったもんじ

    記事を読む»