• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 6件
  • 切れ打ち(フリー雀荘戦記3)

    2014-03-31 22:58  
    11pt
    今日はなんとなく家に帰りたくない、そして麻雀が打ちたい、ということでフリー雀荘に寄って帰った。まずは嫁にメール「打ち合わせが今から入ったので遅くなります。先に寝ててください」東1局、なんだかハイパイ、ツモ、ともによくて、あっさりメンタンピン赤をリーチ。上家に追いかけられるもその後上家から出て軽く8000ゲット。幸先いいが、…なんだか楽してる気がする。なんでこんな気になるのか?、、、、今日は仕事中に2月に行った桜井章一さんが解説した近代麻雀特別予選の動画を見てしまったからだ。あれを見ると楽なマンガンあがっても全然うれしくなくなるからヤバイ。楽なメンゼン手はまあいいから、「とにかく動くことが大事。」桜井さんはそう何度もおっしゃっている。それが脳裏に残っていた。そして僕はどんどん鳴いた。そしてよくアガりよく振り込んだ。まあこれも良し。ただ一ついけないことがあった。 

    記事を読む»

  • 女流プロ代表決定戦の予選 組み合わせ

    2014-03-27 13:13  
    1
    4月12日からいよいよ麻雀最強戦2014が本格始動します。開幕戦は女流プロ代表決定戦。出場メンバー8名は愛内よしえ、石井あや、魚谷侑未、大崎初音、茅森早香、高宮まり、二階堂亜樹、宮内こずえと決まっております。今年も予選で2卓に分かれ、上位2名が決勝進出となります。気になる予選組み合わせは明日3月28日(金)の麻雀ニュースで発表。司会は毎度おなじみバビィこと馬場裕一さんと菅原千瑛プロ、ゲストは前回の最終選抜戦で勝ち上がった石井あやプロです。石井さんには予選組み合わせををその場でお伝えし、リアクションを見てみたいと思います。本当に石井さんには伝えていないので、初戦の対戦相手を聞いたときはリアルに顔に出るんじゃないでしょうか。言葉では「えーっ」と言いつつ顔は一瞬ゆるんだり、逆にウエッってなったり。いやウエッって顔する人じゃないか。どうぞお楽しみに。

    記事を読む»

  • 吾妻さおりと石井あやに聞いてみた(女流プロ最終選抜戦レポート)

    2014-03-16 21:42  
    3月14日、麻雀最強戦女流プロ代表決定戦に出場する最後の一枠をかけた戦いが行われた。吾妻さおり石井あや豊後葵二階堂瑠美この4名で3半荘のトータル勝負だったが石井あやがしょっぱなから2連勝してあっさり勝負あり。石井が2年ぶりに最強戦に出場することになった。勝負どころは初っ端、1回戦の東1局にあったと思う。親の石井がピンフドラドラ、二五八待ちをテンパイ。三四五六七(345789)88 ドラ8左からマンズ・ピンズ・ソーズ二が4枚見え五八も多く切られており終盤なのでヤミテンを選択。しかし同巡に吾妻が東をポンしたのを見てツモ切りリーチと出た。石井「みんな五・八使ってないのが河から分かったのでダマにすれば確実にアガれそう。しかし吾妻さんが仕掛けてきたので、吾妻さんはそんなに高くなさそう、前に出てきてくれても良いしオリてくれても構わない。自分のツモ切りリーチを見て待ちが悪いと思って五・八くらい切ってくれ

    記事を読む»

  • 女流プロ最後の一枠

    2014-03-13 19:18  
    1
    4月の麻雀最強戦2014開幕まであとひと月となった。そして明日3月14日、いよいよ最強戦女流プロ代表戦に出れるプロの最後の1枠を賭けた戦いが行われる。いわば予選の予選だ。【番組ページはこちら】出場選手を改めてご紹介する。一人目は吾妻さおり。「女流桜花」というタイトルは日本プロ麻雀連盟の女流全員が出るリーグ戦で3位以内に入り、決勝12半荘で魚谷侑未・和久津晶・安田麻里菜を破った、連盟の女流ナンバー1という肩書といっていいタイトルホルダーだ。二人目は石井あや。人気投票1位で通過。麻雀最強戦2011女流プロ代表戦優勝、2012は予選で役満をアガるも決勝で茅森早香に敗れ、2013は出場メンバーに選ばれず、2014復活なるか。最強戦ファンには人気ナンバー1と言えるが本人は「麻雀で勝たなきゃ意味がない」という気持ちをブログにつづっている。三人目は豊後葵(ぶんごあおい)。人気投票2位でこの大会に出場を決

    記事を読む»

  • タンヤオドラ3のチーテンをとらないプロ

    2014-03-07 15:52  
    11pt
    滝沢和典というプロがいる。見た目の顔は端正、身長高い、話すと常におだやかで、性格がいいと誰もが口をそろえる。どこの雀荘のゲストに行っても人気だ。そんなプロが、麻雀最強戦近代麻雀特別予選で面白いことをしていたと、本人から後で聞いて知った。オーラスの親番でタンヤオドラ3のチーテンをとらなかったのだ。一五五(34777)45678 ドラ(7) 出る3ソウ左から萬子、( )がピンズ、右がソーズ点数状況はトップ目が37000点で、滝沢は2着目の24600点。予選なので2着以上が決勝に勝ち上がりのルールだ。滝沢「この時、 

    記事を読む»

  • 日程変更のお知らせ

    2014-03-03 13:27  
    皆様こんにちは。麻雀最強戦実行委員長の金本です。今月の麻雀ニュースですが、諸事情により3月28日に変更となりましたので、皆様よろしくお願いします。

    記事を読む»