• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 通信時報チャンネル開設にあたって

    2013-01-27 23:00  
     多くの伝統が混ざり合い、いまの日本は構築されている。そして実世界に在るすべてのものにはそれぞれ役割がある。だからこの世に存在している。
     だとすれば、現在、社会から抹殺されかけているヤクザは、もはや用無しだということなのかもしれない。もはや、時代がヤクザを必要としていないのではないか、そう思えて仕方がない。
     不要なものはいかに長い伝統を紡いでいようとも消え去るのが世の定めである。実際、時代の流れととともに、消滅してしまった職業形態は枚挙にいとまがない。おそらくいままでのような形のヤクザは、寿命を迎えようとしている。新たな役割を見つけられない限り、ヤクザは淘汰される運命にある。
     福岡県を皮切りに二○一○年十月までに都道府県すべてにおいて施行された暴力団排除条例が猛威を振るうなか、ヤクザはどのように進化するのか、もしくは消滅していくのか、この報道記事から見ていただきたい。