• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 六代目山口組・高山誠賢淡海一家総長「京都恐喝事件」結審 《通信時報 Vol.4-2》

    2013-02-10 20:00  
    220pt
    ※システムの制約上使用できない文字があります。
    山口組最新情報
    六代目山口組・高山誠賢淡海一家総長「京都恐喝事件」結審
    (※高は上の口がはしご。以下同じ)
    180ページにもわたる最終弁論書で真っ向から挑む
     2月6日、京都地裁・101号法廷において、六代目山口組・高山誠賢淡海一家総長と、西田幸市淡海一家最高顧問が、組織犯罪処罰法の問われた裁判の最終弁論が行われた。
     
  • 六代目山口組・髙山誠賢淡海一家総長に求刑10年! 《通信時報 Vol.3-2》

    2013-01-31 21:00  
    110pt
    ※システムの制約上使用できない文字があります。
    山口組最新情報
    六代目山口組・高山誠賢淡海一家総長に求刑10年!
    (※高は上の口がはしご。以下同じ)
    注目の裁判の行方は!?
     一月十六日、京都の建設業者U氏からみかじめ料名目で現金を脅し取ったとして恐喝罪、組織犯罪処罰法違反の罪に問われた六代目山口組直参の高山誠賢・淡海一家総長の論告求刑公判が京都地裁(市川太志裁判長)で開かれ、検察側は懲役十年を求刑した。同一家の西田幸市最高顧問に対しては、懲役八年の求刑。  この事件では、高山総長と共謀したとして、高山清司若頭(二代目弘道会会長)が恐喝罪で起訴され、検察側は懲役十年を求刑している。高山若頭の判決公判は三月二十二日に予定されており、その判決への影響を含め、高山総長の論告求刑に注目が集まっていた。