• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「若者に媚びる大人」小林よしのりライジング Vol.146
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「若者に媚びる大人」小林よしのりライジング Vol.146

2015-09-01 17:05
  • 97
c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
第146号 2015.9.1発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…先日、安保法案に反対する最大規模のデモ・集会が開かれた。警視庁の調べではたった3万人だったこのデモを、左翼リベラル系知識人らは大絶賛し、主催者の一つである「SEALDs」を新しい運動の形として持ち上げている。しかし彼らは本当に「若者の代表」か?イデオロギーに絡めとられていないか?客観性を失い熱狂に溺れていないか?いつの時代も、若者が何か目立つことを始めると、「ピュアな若者」幻想を持つ大人が媚びて過剰に褒め称えるが、そんなことは無意味である!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!パパがますます太ってお腹も出てきている!よしりん先生、パパを叱って!次に「論じる漫画」「ストーリー漫画」両方きたら、どちらを選ぶ?安彦良和先生の作品の感想を聞かせて!日本は中華文明の影響下にあり続けているのでは?「男女の友情」は成立する?日テレ公式サイトでアップされ批判が集まった動画「セクシーラグビー」は問題アリ?橋下徹の維新分裂&新党結成をどう見る?…等々、よしりんの回答や如何に!?
※著名なる言論人の方々の立派な御意見を思いっきり褒めそやす「御意見拝聴・よいしょでいこう!」。常識を超えた痴性で、恐るべき共産党の陰謀を見抜く二大虚頭、渡部昇一・中川八洋両先生!なんと日本を蝕んでいたのは、共産党の陰謀だけではなく、日韓併合でつぶされた朝鮮王朝や朝鮮貴族までもが、皇室を乗っ取ろうと陰謀をめぐらせている!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第142回「若者に媚びる大人」
2. しゃべらせてクリ!・第106回「へふふ~~~ん…至福の耳かきタイムぶぁ~い!の巻〈前編〉」
3. 御意見拝聴・よいしょでいこう!・第5回「『皇室消滅』⑤世界最高貴種血統を守る皇統ブリーダー!」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




b856f0d1e4cd54abb9c9aea7f84b150aa5777269

第142回「若者に媚びる大人」

 最近は安保法制に反対するSEALDsが若者の代表のように報道されているが、本当なのだろうか?
「ゴー宣道場」にも十代や二十代の若者が参加しているが、彼らは社会問題を考えたい若者であって、結論を出してデモに参加する若者とは違うような気がする。
 昔、援助交際が流行っていたが、その時もわしは援助交際をやってない少女の方が圧倒的多数だと主張していた。いつの時代もマスコミに取り上げられるのは、少数派の若者の一時的な流行である。
 わしは大人としてズルい部分があるから、安保法制反対の世論を作るために利用できるなら応援しておいてもいいやと思うのだが、薬害エイズ運動の時のように、マスコミに持ち上げられて勘違いする者もこれから出てくるかもしれない。
 あのような集団の中には、共産党系の民青が入り込むし、すでに「アンチ・小林よしのり」のしばき隊が影響を与えているのも事実だ。
 今の若者はもうわしの『脱正義論』という名著も知るまい。「純粋まっすぐ君」を利用する大人たちは相変わらずいるのだが、わしの警告が効く余地はもう残されていない。彼らは深く考えることなく、祭りを楽しんでいる。
 ブログは見てる人が多すぎるから、本心は言えないが、ライジングでなら、わしの本心を吐露できると思い、一度書いておく。

 安全保障関連法案に反対する若者たちがデモをやると、その都度朝日新聞やら東京新聞やらが写真を載せて持ち上げるのだが、掲げているプラカードが英語だらけなのには違和感を覚えるばかりだ。
「WAR IS OVER IF YOU WANT IT」と書いてあるのは、ジョン・レノン&オノ・ヨーコの「Happy Xmas(War is over)」からとっているのだが、「望めば叶うよ、戦争は終わり、ハッピー・クリスマスをただ楽しめる」という歌だ。
 昔は「PEACE」「NO WAR」が多かった気がするが、今は「WAR IS OVER」が主流らしい。
「CHANGE THE PRIME MINISTER」という文字があるが、これは意味が分からない。首相は日本国民が選んでいるのに、「首相を変えろ」と英語でアピールして何になる? アメリカ人に、日本の首相を変えてくれと頼んでいるのか?
 英語さえ使えばカッコいいと思っているのだから情けない。アメリカに追従するから戦争に巻き込まれるのに、アメリカの言語の方がカッコいいと思っているのだから世話ない。

 8月19日の参院特別委員会で、山本太郎議員が非常に重要な質問をした。
 リチャード・アーミテージ元米国務副長官とジョセフ・ナイ・ハーバード大学教授が2012年8月に作成した「第3次アーミテージ・ナイレポート」に書かれていた日本への提言と、安倍政権が進める安保法制などの政策が全く一緒だというのである。
 以下に、その項目を列挙しておこう。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他87件のコメントを表示
×
こういう流れだからこそあえて、と思い、8/30のデモに参加してみました。
ちなみに大阪、人生初です。

駅は大混雑、かなりの人が集まっていることを予想させます。
駅から出たらいきなり革マル派ののぼりがお出迎え(笑)
そこらじゅうに労働組合やら平和団体やらののぼりが上がっていました。
学生運動っぽい例のフォントで書かれた看板も。
赤旗の号外も配ってました。
ラテンアメリカ革命なんちゃらっていう、チェゲバラの顔が描かれた赤い旗を持ってる人もいて、もうカオス状態。自分の思想のアピール会場みたいになってます。

会場の公園は人でいっぱい。他を知らないので比較はできませんが、「たくさん来てるな~」という印象。
辻本清美ちゃん、共産党のなんとかって人、社民党の又市さん、とまあ予想できる面々の演説のあと、「私たちも反対しています!」ゆうて創価学会の女性が演説始めた時は「おおーっ!」っと一番盛り上がってました。

どんな人が来てるのかなと見回しますと、まあ選挙会場でよく見かける世代のおっちゃんおばちゃんがほとんど。後は親子連れが割と目立つ。若い人は・・・あまり見かけず。
時々見かけた若者は、司会をしてたSEALDs KANSAIのメンバーなのかな?みんな真面目そうな顔をしています。それに比べ自分は世間ずれしてしまったなあ・・・と、彼らを持ち上げる大人たちの気持ちもわからんでもないかも・・・なんて思ったり。

しかし例えば自分が大学生で、自分たちで主催して政治家や著名人をたくさん呼んで、あれだけたくさんの人を集めて、メディアの取材もたくさん来て、となったら、そこらのチャラいイベントサークルなんかよりはよっぽど充実感も達成感もあるだろうな・・・と思いました。
なにせ政治を真面目に考え、世の中を動かそう!ってんですから。
自分ならすぐ調子に乗っちゃうな・・・と、(学生時代に薬害エイズのデモ参加を呼びかけられるも「行ったら可愛い女子と出会えるかな・・・」とか考えてる自分が嫌で結局行かなかった経験を持つ)僕などは思うのでした。まあ僕と一緒にしちゃ彼らに失礼ですね。

そのあとはデモ行進。
ラップ調のリズムに合わせてシュプレヒコールを繰り返します。
時々リズムが裏打ちになるせいで、おっちゃんおばちゃんたちはそのたびコールがずれますが、まあおだやかに進みます。
隊列の中から道行く人々を見ますと、だいたい半笑いでこっちを見ています。「日曜の午後にご苦労なこったねえ」と言わんばかりに。

30分ほど練り歩いてゴールに着くと、後はそのまま解散。
みんな一仕事終えた感のある笑顔でそれぞれ帰って行きます。
「一人だと不安やったから、●●さんがいてよかったわあ~」と話しているおばさまもいらっしゃいます。

全体としてはかなり穏やかで落ち着いた雰囲気でした。
常連さん?もいるようで、「お、お疲れ様!」って挨拶を交わす人たちもけっこういました。
まあ淡々としたもんです。淡々としすぎててあまりこれといった感慨も浮かばず。
たんに自分が不感症なだけかもしれませんが(笑)

レポは以上です。



あ、卑怯者の島がらみで話題に上がってた「野火」と「プライベート・ライアン」観ました。
「野火」は確かに卑怯者に通じる部分がありますね。ライアンの方は確かに圧倒的な映画なんですが、卑怯者の島を読んだ後だとラストが(ベタすぎて)拍子抜けしてしまいますね。卑怯者が濃すぎるのかもしれませんが。

それにしても、先生は無理と言われる実写化、それでもファンは妄想しちゃうもんで、自分の中では、神平は山田孝之、と決まってしまってます。
あのラストシーンのためだけにでも、と思いますが、ラスト全然違うやんけ!という実写化あるあるも想像できたり。なかなか難しいですよね。
48ヶ月前
×
沈黙の徹底抗戦、なるほどと思いました。
しかし自分は考えます。敢えて国会前のデモで徹底的に安倍総理及び政権を誉め殺しにするのはどうでしょう!?
却って不気味かもしれませんよ!
もちろん皮肉交じりですが(笑)

シュプレヒコールの例えは、
「安倍様(ちゃんとかやめてもう最上級の敬称で様呼びしますw)!ありがとーーう!!」
「安倍様!我々日本人の生命財産をアメリカ様に献上していただきありがとーーう!!」
「解釈改憲という先例を作り後々の政権もそれを行えるようにしてくれてありがとーーう!!!」
………………………などなど。
とまあ自分が考えられる精一杯のユーモア交じりのシュプレヒコールです。
48ヶ月前
×
デモってのも色々な形が有るとは思いますが、直接的に相手に(この場合は安倍政権や戦争法案)、
非暴力でダメージを与えられない限りは、側面支援にしか成らないと思いますし、効果もまるで無いと思います。

結局のところ、私達一般市民が打撃を与えられる唯一の方法は、
例えガス抜きにしか成らなくても「選挙」しか無いとも思います。
今回の法制反対デモはガス抜き以外の効果は薄いでしょうね、
デモに数分参加しても「参加した、反対した」と承認欲求を満たせる訳だから、
衆院選や参院選の遥か前や後にこれを仕込んでもニヒリズムを増大させて萎ませるの繰り返ししか起き無いとも推察します。

そう言う意味でも、「シビリアンコントロール」以上に「マジョリティーコントロール」は上手く行ってるんだなあ〜と見えてしまうのですが…。
48ヶ月前
userPhoto
dai
×
デモ隊のなかには、そもそも総研に出ていたシングルマザーのような人もいると思うのですが、リーダーたちが未熟ですね。第一、安保法案をどう廃案に持っていくかというビジョンがないもん!だから、運動それ自体が目的化してると思われてもしょうがないし、そういう若者にこそ大人が媚びてくる…。
左翼の言葉は死んでいるのにも関わらず、未熟な若者を自分の陣営に引き込もうとする下心が見え見えで気持ち悪いです!

「まれ」は先生の予想通りになるのか?今後の展開が楽しみです。なんて言ったら意地悪でしょうか?
しかし、以前、大輔に比べて圭太に魅力がないという話がコメント欄であって、それは僕も同意見ですが(人のことは言えませんが)、今の展開をみるとやっぱり圭太と結婚して良かったですね。都合がいいから…。
48ヶ月前
userPhoto
dai
×
ハゲについて。「鼻」では笑われたのですが、僕がもしハゲの友人に久し振りに会ったときに彼が増毛してたら寂しくなるかな?
やっぱりなじみの顔が一番!人の顔とキャラはどうしても結びつけて考えるから、顔が変われば、その人そのものがいなくなったように思えるかも…。
48ヶ月前
×
コメントしてくれた方々、有り難うございましたo(^o^)o
個別に返信が書ききれなくて、誠に恐縮です!!

私は「なぜトッキーさんは丸坊主にされたのか?」
をずっと考えていました。

そもそもなぜ小林先生は、忠実なトッキーさんに対して、あれほどの叱責をされたのでしょうか?
それは「ほんのわずかな心の隙すら許さない」という、よしりん企画の武士道を示されたのだと私は感じました。
武士道とは、一言で言えば【命懸け】だと思います。

小林先生の『言論』は文字通り【命懸け】そのもの。
そして『作品を生み出す』ことは【命懸け】でなければできないことだと、私なりに想像致しました。

トッキーさんの丸坊主は、
【命懸け】に対する決意表明だったのではないでしょうか?
まさに武士ですね!!!
48ヶ月前
×
今週も配信ありがとうございます。
内田樹はSEALDsを見て「地場の平和主義、自前の立憲デモクラシー」と評価しましたか。わたしはこの一文を見て大笑いして、「あー恥ずかしい」と赤面せずにはいられませんでした。
「とりま廃案 それなそれなそれな(ギャル語:とりあえず、まあ、廃案でいこう、その通り、その通り、その通り)」のどこが平和主義と立憲デモクラシーのかたちだと言うのか。「堂々たる勝利と成功のしるし」とまで言われた日にゃもう、思わず顔を覆って「やめてー!」と呟きたくなりました。
いわゆる「知識人」と言われている人の知性の劣化をこの様な場面でも垣間見た感がいたします。
ギャル語が立憲主義やデモクラシーの成功例だなんてベタ褒めするとは、最早「知識」ではなくて「痴識」でしょう。
内田氏をはじめSEALDsを手放しで歓迎する識者には早々に「知識人」の看板を下ろしていただいて、「痴識人」の看板に掛け替えていただくのが賢明かとわたしは思います。

さて、SEALDsはしばき隊やサヨクらの影響をうけてどんどん「陣営化」していますね。
しかしサヨクはそもそも「憲法9条」や「ポツダム宣言」などGHQの占領統治を肯定していて、アメリカの奴隷と化している(だから『戦争論』が出た時も連中は非難するか素で無視するかしていたわけだが)から、従米ポチとさして変わりないですね。広い意味ではSEALDsも「従米ポチ」の亜種と言えるかも知れません。
しかし曲がりなりにも彼ら若者はこれから日本を破滅に追いやろうとする安倍政権に対してNOを突き付けているわけだから、その努力を小林先生は買ったのでしょう。日本を破滅に追いやる政策を自称保守と呼ばれる連中が絶賛して新聞に広告まで出す情けなく惨憺たる現状を見ては、壊れたスピーカーと化した「爺るず」よりは戦争法案反対を訴えてデモをする主婦や若者に先生が軍配を上げるのは、ゴー宣を読んできたわたしの目から見ても当然と言えるのではないでしょうか。

ただし先生は彼らデモの主体である若者や主婦層に釘をさすのも忘れていませんね。国会の休みの日にデモをしたってどんな効果があるかと。結局は祖父の岸信介のように安倍晋三が喜ぶだけであって却って戦争法案成立を助長させるだけだと、先生はわたしたち読者に気づかせてくれます。それよりも沈黙を貫いて安倍を不安がらせる「無抵抗作戦」が効果があるのではないかと、先生は対案を出して下さっています。

批判ばかり言うのではなく、ちゃんと対案を示してくれるところが先生の優しさなのかもしれませんね。
若者は未熟だと断じておきながら、しかしけっして放置はせずに、彼らを教諭して正しいほうへ導く先生の姿勢こそが真の保守の取るべき立場だと気づかせてくれた今号のゴー宣でした。

それにしてもSEALDsに対して「利己的」だと頓珍漢な発言をした某議員は、マスコミで次々と不適切な身辺事情が暴露されているのに自ら責任も取らず、自民党に押し付けているのは、「利己的」ではないのでしょうか?


トッキーさんの「よいしょでいこう!」今回も冴えています!渡部・中川両氏のデンパぶりがますます磨きがかかっています。渡部氏は戦争法案を支持する「国民フォーラム」なる団体にも名を連ねていますね。
ちなみに「国民フォーラム」の顔ぶれは…青山繁晴、市田ひろみ、伊藤憲一、呉善花、大原康男、小川榮太郎,小川和久、 鍵山秀三郎、葛西敬之、北村 稔、後藤高志、櫻井よしこ、桜林美佐、佐瀬昌盛、佐々淳行、すぎやまこういち、高須克弥、田久保忠衛、中西輝政、永瀬昭幸、西 修、西岡 力、西元徹也、長谷川三千子、葉山莞児、平林博、廣池幹堂、細川珠生、舞の海秀平、松尾新吾、水谷研治、宮家邦彦、百地 章、森本 敏、山田吉彦、渡部昇一、渡辺利夫
…といった見ただけでそっち系とわかる人物がものの見事に入っていますね。
舞の海秀平氏が入っているのが残念でなりません。角界は日本の伝統を重んじるものだと思っていましたが…
舞の海秀平さんには、そのような団体とは手を切って、日本とモンゴルとの友好に努め、外国人力士に対する偏見の払拭に力を出しながら、日本人力士の強化に精を出すようにしてほしいと、一刻も早く願っております。


Q&Aのわたしの質問に短いながらも簡潔に「戦います。」と回答して下さったよしりん先生に感謝しています。
子供に対して真剣に向き合っている先生だからこその最高の回答だとわたしは思いました。
あれだけ忙しい仕事をこなしておきながら、もし先生に実子がいて、乱暴なふるまいをしたとしても決して無視したり放任したりせずに、「戦う」姿勢を見せるのは、今号のゴー宣のSEALDsの若者の捉え方にも共通するものがあると、気付かせてくれました。


次週もよろしくおねがいいたします。

48ヶ月前
×
先のコメントでは長文になったことをお詫びします。
カレーさんの >>102 の文章を見て、わたしは、「新戦争論1」で小林先生と堀辺師範が語っていた『一所懸命』 という言葉を思い出しました。
仕事に対する取り組み方の甘さを恥じて自らに罰を課す「律し方」の所作は、極めて日本人的といえるのではないでしょうか。

小林先生の著作を完成させるのは本来命を懸けるようなことだと内外に訓(おし)える、そのような役割を時浦さん自身が身を以て示す、そんな時浦さんの『一所懸命の行動』にわたしは普段のだらしなさに喝を入れられた気がして、思わず姿勢を正さずにはいられませんでした。

わたしはそういつも緊張しているわけでもなく、これからもしょっちゅうだらしなくなるかもしれませんが、さらにだらしなくなろうとしかけた時には、この時浦さんの姿勢を思い出して、自分に喝を入れて踏み止まろうと思いました。
48ヶ月前
×
配信ありがとうございます^^

SEALDsのデモをニュースで取り上げられていた時に、デモに参加していた女子高生たち(?)の雑談で「ちょー楽しくない~」と言う声が入っているのを聞いて、「うーむ」と言う気持ちでしたが、小林先生が外国人特派員協会のでの会見で、「若者とは未熟なものだ」と仰っていられるのを拝見して、「まあ~そうだよね」と思っておりました(私もまだまだ未熟ですしw)。
それにしても、若者に媚を売っているオッサンたちは、何でこんなにキモイのでしょうか?

「しゃべクリ」は、何と、私のネタを最初と最後にご採用頂きまして、誠にありがとうございます^^
茶魔ちゃまの度量の深さに感無量でありますw
それにしても、お父ちゃまの顔がかなり怖いっす^^;

「よいしょで行こう」は、中川と渡部の無礼すぎる発言に、呆れ果てましたが、
>>おのれ~~~! やっぱり共産党の陰謀なのですか!!
いや~このフレーズに爆死寸前ですw

>カレーさん
折角美味しいネタを振ってくれていたのに、乗れずにすいませんw

48ヶ月前
×
配信ありがとうございます。よしりん先生がイラク戦争の時から、アメリカにメールを盗み見られていると、指摘されているのに全くわかってないみたいですね・・・ 本当、日本は親米っ子が増えちゃった、 女子高生じゃないなら、キスはしたくないけど(笑)

私も先生と同じく、デモより自分の地域の草取り作業や、祭りのほうが大事だと思います。神輿を担ぐのだって、自分の力で担ぐものなのだから、世論に惑わされずに、自分考えて輿論をかつげ!!
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。