• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>No.119「久しぶりで拳骨を使った感覚+」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>No.119「久しぶりで拳骨を使った感覚+」

2016-11-26 10:00
  • 1

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

*前号までのあらすじ*3年がかりのプロジェクトである大西順子の復帰アルバムからブルーノート3デイズまで。という大仕事を無事に終え、あまつさえ途中にはMC漢との共演もあったが、若干のバカの闖入を除けば難なくこなし、次の大仕事である自分の3デイズに向けて歩みを進めた菊地成孔であった。しかし、DyyPRIDEがデジタルカメラを床に落として壊しちゃった。どうする菊地成孔。 

 

 <IXY時代の終わり>  

 私が「デジタルカメラ」、というか、自分のカメラを持って日々の写真を撮り始めたのは2006年からだから、丁度10周年が終わる頃だ。「8ミリカメラを買わず、ステレオセットを買ったお陰で音楽家に成った」という話しはそこらに書いているが、そこから先が飛んでいる。実のところ私は、かなり初期のHi8から、動画を撮り始めている。勿論、自主映画ではない。敢えて言えば自主AVだが、この話は、特定個人が想定され易いので口をつぐんで来たが、まあもう時効だろう。私の自室には、もう再生する事が出来ない(再生メディアがなくなってしまったのと、そもそも録画したソフト自体が劣化してしまった事に依る)、膨大な個人的なポルノムーヴィーがある。

 私は自分がポルノムーヴィー、ポルノフォト、ポルノではないポートレイト撮影の、大変高い才能がある事を、残念ながら知っている。料理もそうである。世に言う「考えない事にする」という行為は抑圧に限りなく近いので、あまり精神衛生に良くない。なので、可能な限り、何でも考えるようにはしているのだが、自分の音楽や文章の才能よりも、僅差でポルノとキュイジーヌの才能がある事は、物凄い精神的な圧力を使って、考えない様にしている。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。