• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 『アメリカの傲慢と 倫理の無さ』 【Vol.489】

    2014-12-23 16:00  
    108pt
    アメリカ・ソニー・ピクチャーズ・エンタテイメントが 北朝鮮の 金正恩(キム・ジョンウン)第一書記を 題材にした 映画  「ザ・インタビュー」を 制作、 上映しようとしたことに対して、  「平和の守護者」と言う名の グループからの サイバー攻撃を受け、  ソニー・ピクチャーズ・エンタテイメント(SPE)の 数千台のコンピューターが 使用不能となり、  情報が流出したり、 映画館への テロ予告も  あった件について、アメリカのFB I は 〝北朝鮮の犯行〟と   断定したのです。

    記事を読む»