• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 『「元少年A」の出版拒否が最高の罰だったのに。』 【Vol.599】

    2015-06-19 16:25  
    110pt
    週刊文春 6/25号によると、「元少年A」は 手記を出版する事を 熱望していたという。その少年Aに 400万円余を出して補助 したのは、幻冬舎社長の 見城徹氏。 彼の書いた「編集者という病」と 「異端者の快楽」いずれも 出版したのは、今回の太田出版 高瀬幸途 前社長。 元少年Aは、見城氏と エイベックス社長の 松浦勝人氏が 対談した 2010年 正月のBSの特番で 見城氏を知り アプローチ してきたという。

    記事を読む»