• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

デスマッチファイターはタトゥーアーティスト■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

デスマッチファイターはタトゥーアーティスト■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2019-08-01 00:00
  • 1
アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマはデスマッチファイターはタトゥーアーティストです


3135dec598970bd98530b1375f6b3dc3b0404307

けたたましいデスメタルの爆音が鳴り響く中、山羊の骸骨をモチーフにした、おどろおどろしいお面を装着して入場するGレイバー(G-Raver)は、デスマッチファイターとタトゥーアーティストの二つの顔をもつ異色プロレスラー。

お面を取れば、剃りあげた頭に入れたタトゥー、長く伸びた顎髭、そして、特殊なコンタクトレンズを入れた不気味な目。Gレイバーが作り上げるその独特な世界観は、まるでホラー映画のごとく、我々の恐怖心を煽り立て、怪奇派レスラーが少なくなってきた、昨今のプロレス界において貴重な存在とも言えるだろう。リングに上がれば、蛍光灯などの武器を併用した空中殺法や、身軽な体を駆使した上下左右の動きで対戦相手を翻弄し、十八番とも言える凶器、刺青針(タトゥーニードル)を相手の額や腕に突き刺す。この針は、実際にタトゥーを彫る時に使用している針であり、両方の仕事で共有する仕事道具だ。Gレイバーは、「プロレスラー」と「彫り師」、言うなれば、「動」と「静」の両面を表現するプロレスアーティストである。

この続きと、朝倉未来、堀口vs海、ハーリー・レイス、クレーン・ユウ、扇久保博正などの記事が540円(税込み)でまとめて読める「15万字・記事22本の詰め合わせセット」はコチラ 

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1805952

 

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 
1記事85円で購入できます!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
一番好きなレスラーです。記事で読めて、本当に嬉しいです。ありがとうございました。
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。