• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米国は二階幹事長にどう対応するか。二階幹事長は『月刊日本』11月号。「(米は習近平来日に批判的に)常に米言う通りにしなければならないという、そんな情けない日本であっては困ります」7月CSIS論評で、対中国友好をとる二階幹事長、今井補佐官を批判。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米国は二階幹事長にどう対応するか。二階幹事長は『月刊日本』11月号。「(米は習近平来日に批判的に)常に米言う通りにしなければならないという、そんな情けない日本であっては困ります」7月CSIS論評で、対中国友好をとる二階幹事長、今井補佐官を批判。

2020-10-29 06:34
  • 11

(1)日本の外交政策の舵取りで、今最も難しいのは日中関係であろう。
 一方において、中国の経済の量質が世界最大になりことが現実性を帯びてきたこと、日本経済の発展にはこれとの連携が欠かせないとみられること、他方において米中関係が緊迫していることで、米国が対中包囲網を敷き、米国は日本に対し、これへの参加を強く求めるとみられることである。(2)安倍首相の姿勢、及びこれを引き継ぐとした菅首相の姿勢からすれば、米国の主導する対中包囲網の一員になることが避けられないとみられる。
(3)ただここに二階幹事長の動向が関与してくる。
 二階幹事長は、『月刊日本』11月号「いま角栄先生ならどう考えるか」で次の発言している。
―二階幹事長は中国の習近平主席の訪日実現に向けて取り組んできました。新型コロナウィルスの影響によって習氏の訪日は延期になっていますが、今後の見通しを教えて下さいー
 お出でいただける環境が整えば、早

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他1件のコメントを表示
×
二階氏については、恥ずかしいことだが、私は余り知らなかった。孫崎先生のこの話に接し、二階氏を改めて見直しました。

同じような年齢で古賀誠氏がいるが、彼は「憲法9条は世界遺産」と主張しています。こういう人材が自民党に居る、居たとなると自民党ジャパンに未来が無いとは言えない。

これから大いにあり得るのだが、日本がどん底に落ち込まない、ようにするためには、次の二つを忘れてはならない。靖国の英霊もそう願っているに違いない。
1.日本は絶対に米国の鉄砲玉にはならないこと。
2.中国人、朝鮮人と仲良くすること。

自民党がまず務めることは中國と米国の和議を仲介する力量を早急に持つことだろう。
1ヶ月前
×
>>1
相変わらず、中国にはネガテイブですな。

中国型資本主義は米国資本主義に欠けている部分を補って余りあります。地球を汚染から救う原動力は中國から出て来ましょう。詳しくは、また別の機会に述べましょう。

米植民地同様の南米諸国からは米国は既に三行半を出されており、南米諸国の中国への視線は熱い。コロナで米国経済は破産同様。アフリカ諸国も中国になびき、アセアンも基本的には親中国。

一帯一路、一路一帯は益々栄えて行き、ウオール街のプレイヤーたちは略奪、略取を放棄し、行く行くは上海に移住するだろうと私は観測してます。
1ヶ月前
×
日本が米国のコロニーだと断言できる多くの事柄の一つして、日本の海上自衛隊と航空自衛隊は米軍の一ウイングに編み込まれていて、その指揮権は日本には事実上無いということです。

靖国の英霊はそういう堕落を許さないと思うんですよ。リベラルの私が右翼の三島由紀夫に脱帽するのは、彼がそういうことに不満を持ち、抗議しているからです。

韓国もそれが問題になっていて、韓国軍の全面的統帥権は韓国大統領には無い。韓国は国家ではないと朝鮮人民民主主義国が非難するのも理解出来る訳です。

私が言いたいのは、「日本は既に制度的には米国の鉄砲玉になっているのではないかということです。従って、鉄砲玉になってはいけないということは鉄砲玉になって飛んだら駄目ということです。」
1ヶ月前
userPhoto
p_f
×
> 今後米国が二階幹事長にどう対応するか注目される。

“「在日米軍基地の見直し」と「中国との関係改善」。結局、日本にとって踏んではいけない米国の「虎の尾」とは、このふたつの問題につきるのです。”(「戦後史の正体」)

その伝でいけば、米国(ジャパン・ハンドラー)は二階を潰しに掛かる。
先般、アベがドタ辞任したのもジャパン・ハンドラーに見放された所為だとする説もアリ-
https://tocana.jp/2020/08/post_168418_entry.html
見放されたのは、二階と今井(首相補佐官)が「中国ベッタリ」だから とのこと。
それをジャパン・ハンドラーお抱えのシンクタンク、CSISが公然とレポートに書いた。表紙は安倍の顔が大写し。
係る記事の筆者曰く-

“国益や公益など一切無視で、「政治でビジネスをする」という、完全な拝金第一主義が安倍政権の正体でした。したがって、経済政策は単に一番儲かるという理由だけで中国寄りだったんです。だから、尖閣問題なんて最初からやる気なんかなかったんです。そういったところがいま対中政策で強行になっているアメリカにとっては我慢ならなかったわけです。”

“日米同盟が大事だと言っている一方で、アメリカの目が届かないところでコソコソやりたいんです。彼らは単純でアメリカが見てなければ何をしてもいいという発想なんです。”

ありそうな話である。
1ヶ月前
×
>>4
より正確には韓国軍の統帥権は「戦時には米軍司令官に移る」
ということですね。
当然ながら米軍が参戦する戦争の場合です。

かりに竹島をめぐって日本と戦争をする場合には韓国は勝手に
やるものと思います。
1ヶ月前
×
ですから徴兵された韓国軍兵士の最高指揮官は戦争が起きた時は
トランプ大統領ということです。
米国第一をうたう。

まあ、長年にわたり北にバカにされまともな交渉相手とされなかったのは
無理ありませんね。
日本だってそんなに変わりませんが。
1ヶ月前
×
>>7
なるほど。よく分かります。コメント、有難うございます。
1ヶ月前
×
日本の対中ODAは、新規案件は2018年度に終了しましたが、2021年度末まで継続案件があります。つまり、まだ続いています。知らなかった人が多いでしょう。

それにこれで全部おわりかというと、そうではなく、世界銀行が中国に巨額な低利融資を続けています。日本は世銀に米についで二番目の額を出資している国です。かたちをかえたODAはまだ続いているとも言えます。

こういうのを日本国内で差配し、そのカスリをとっていたのが、田中派、いまでいえば二階氏なわけですね。将来、日本が中国に与えるものが尽きてきたら、最後は、日本の土地を安く売り、水を安く売り、とうとう人を安く売って、「二階派」的なヒトビトは消滅するのかもしれませんね。そして中国に感謝などまったくされないでしょう。

それはともかく、
「日本と中国はしっかり向き合っていくことが大事だとされてきましたが、これからはただ向き合うだけにとどまらず、お互いに協力し合い、国際社会で自らの実力や実績に相応しい行動を取るべきだと思います。」
との発言はことばとしては立派だとおもいます。しかし、そこからは、現状の日中関係を前提として、なぜ「国賓来日」なのかがまったく出てこないとおもいます。互いに実務的な訪問はおおいにやればいいとおもいますけども。

「常にアメリカの言う通りにしなければならないという、そんな情けない日本であっては困ります」というのも、ことばとしてはまったくそのとおりです。ただ、その結果出てくる行動が、「中国の言う通りにしよう、それが友好だ」となってしまう。「米国の言う通りにしよう」というヒトビトと売国競争になるわけですね。

ただ、これは、意見の違う相手との礼儀・友好というものがそもそもアタマにないような日本人のオッサンや爺さんによくみられる行動様式だとおもいます。 二階氏も、ビデオで拝見すると、意見の違う相手にはかなり攻撃的です。
1ヶ月前
×
意見の違う相手は攻撃して追い払い、一方、友好したい相手にはべったりと相手の意見に同一化する。これ友好だとおもっているというわけですね。

想像ですが、中国人は、そういう日本人がカネをくれるから適当につきあってるけど、本当は気味が悪い、気持ちが悪いと思ってるんじゃないでしょうか。
1ヶ月前
×
一度は世界を席巻した日本の日系エレクトロニクス産業は韓・台・中をアウトソーシングに使われ負けてしまいました。
その後、GAFAのIT覇権が進み巨利を上げています。一方の稼ぎがしら失った日本としては中国との関係を切れと言われても経済界や観光関係とか承服できない面があると思います。二階幹事長にはそちらの方面の声が届いていると思われます。
日本にとっては中国も米国もどちらも経済関係は生命線です。
やはり韓国朴槿恵大統領のバランサー仲介路線が日本の生命線と思われます。
経済の相互依存は安全保障を補完可との先生の本もあり、経済関係の強化は無理な軍拡競争を阻止でき、それによる国民の疲弊を防げます。
米国内のグローバル派も韓国も東南アジア諸国も戦争とか軍拡競争を望まないと思われます。巨大な力に抗するには仲間の結集しかないと思われます。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。