• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 6件
  • 共感とは経験である(SE編集者のコラム)

    2021-02-25 19:00  
    100pt

    こんにちは~!みやPです。
    弊社もテレワークなのですが、家の机ってどうしても集中できないんですよね。
    既視感あるなって思ったら、家で宿題するとすぐに飽きる小学生の自分……!
    でもあのときと違うのは、割と高い椅子に座っていること。
    そう、テレワーク開始時はちゃぶ台みたいなところで仕事をしていましたが、
    作家の伏見つかささんに「机と椅子は大事だ」とアドバイスいただき、買いました。
    (高いやつじゃないですが、オフィスで使うタイプの椅子です)
    そのやり取りは、アキバBlogさんで掲載の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない あやせif下巻インタビュー」をチェックしてください(笑)。
    http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51603351.html
    ちなみにストレッチボールも買いました、痛くなると使ってます。
    肩こりひどいんですよね~、肩こり解消のおすすめアイテムがあったら教えて欲しいです。
    ちなみにみなさん肩こりってどうですか?
    私みたいに何していても痛む人、疲れがたまると出る人、肩こり全然出ない人様々だと思います。
    第一三共ヘルスケア株式会社が行なったアンケートによると、30代・40代の男女50,000人を対象に、この1年間で経験した痛みを聞くと、「肩こり」(54.6%)、「頭痛」(51.5%)、「腰痛」(46.8%)の順となり、肩こり、頭痛、腰痛は日本人の痛みTOP3となっています。
    ※参照元
    https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/gaiyou/common/pdf/research01.pdf
    30代以上の方、約半数の方が肩こりに悩んでいます。
    20代以下の人はアンケート対象ではないのですが、この数字から少なからず悩んでいる人は20代以下の方にもいるのは想像がつきます。
    突然なんで肩こりのアンケートなんて言い出すのか、「え?」って思われたかもしれませんが「最近肩こりひどいんだよね~」と誰かから言われたとき、経験ある方なら「わかる~」ってなりますよね?
    それが創作に役立つかもしれない、という話を今回させていただこうかなと思います!
     
  • 今も昔も王道のデビュー手段?ライトノベルの『新人賞』(平和のコラム)

    2021-02-25 19:00  
    100pt

     
    少しずつ暖かくなってきましたね。平和です。第六回目は前回触れた作家デビューの方法から、「新人賞」(公募のライトノベルを対象とした賞)についてを更に掘り下げてみたいと思います! 意外とどんな流れで実施されているのか、知らなかったりしませんか? 

    これまでこのコラムで触れてきたことでもありますが、ライトノベルというのはだいたいの場合、出版社の「レーベル」が毎月新刊を刊行しています。その中で年に1回かそれ以上の頻度で「受賞作」と銘打たれたものを見たことはないでしょうか。実はその作品、半年前くらいに結果発表された、出来立ての作品なのです。
     
     
  • 作家はみんな自分だけの「金ピカ」を持っている。(SE編集者のコラム)

    2021-02-18 19:00  
    100pt

    皆さま、こんにちは、よぴおじです。
     
    さて早速ですが、皆さんはこの【名言】をご存知でしょうか。
     
    「どんなにアホに見えたって、偽物じみた金ピカだって、俺が、俺たちが、それはすごいって思ったらそれはすごいんだよ。」
     
    これはウィリアム=マサチューセッツという人物が行った、とある演説のなかで語られた一文です。
    実はこの言葉をきいたとき、私は感情が盛り上がり涙を流してしまったものです……。
     
     
    はい、持って回った言い方をしましたが、「アホ」や「俺」が入ってることからも既にお察しかもと思いますが、これは実在する偉人などの演説ではなく、小説『ログ・ホライズン』の作中台詞です。
    それらしい響きですが、ウィリアム=マサチューセッツという呼び名も、日本人キャラクターのハンドルネームです。
     
    まず小説『ログ・ホライズン』について軽くご紹介すると、

    剣と魔法の世界を舞台にしたMMORPGゲーム「エルダー・テイル」。そのゲームの全プレイヤーが、「エルダー・テイル」にそっくりな世界に自分の操作キャラクターと見た目が同じ姿で、転生されてしまう。
    冒険者(=転生者)となった主人公たちは、ゲームの頃に獲得した強力な能力を保持したまま転生しており、その力と知識は本来この世界で生活していた大地人(=NPC)に対して大混乱をまねくこととなる。
    元「エルダーテイル」プレイヤーたちは大地人との共存、そして地球世界への帰還方法と世界の謎を探求していくことになる。

     
    ざっくりと上記のような、あらすじとなるのですが、
    件のウィリアム=マサチューセッツ(以下、ウィリアム)は主人公陣営ではありますが、そこまで出番の多いキャラクターではありません。
     
    かつてMMORPG時代(=前世?)に廃人ゲーマーだったウィリアムは、レイド攻略を生きがいとしていました。レイド攻略とはレイドボスと呼ばれる敵を倒す長時間の戦闘のことで、彼は転生後の世界でもレイド攻略に自らの意思で挑むことになります。
    レイド攻略は倒さなくても誰も困らないボス、倒す必要のない超強大な存在を、仲間と協力し何十時間ものを費やして達成します。
     
    まだゲームだった頃の「エルダー・テイル」のレイドボスは、
    倒すことで社会的な評価は得られません。
    倒すことで効率よくお金を稼ぐことはできません。
    倒すことで自分が賢くなるわけでもありません。
     
    しかしウィリアムとその仲間たちは、今も昔もレイド戦に本気で挑みます。
     
    レイド戦の実績を、ゲームプレイヤー以外は誰も褒めることはありません。
    ひとによっては膨大な時間を費やすことを馬鹿にするかもしれません。
    それでもウィリアムたちがレイド戦に挑戦するのは、なぜなのか。
    それが、自分たちにとって「価値がある」と思うからです。
     
    やってみなければわからない「面白さ」。
    仲間と共に何時間もの苦労を繰り返し、終わった後に笑い合う掛けがえのない時間と達成感。
    それは彼らだけの何よりも得難い「金ピカ」なのです。
     
    ゲーム時代のウィリアムは不器用な男で、実生活では建設的なことを上手くこなせない人間でした。
    でもレイド戦だけでは、彼は有能なリーダーとして活躍できたのです。
    前世の頃からウィリアムにとってレイド戦に挑むことは、誰が何と言おうと、自分の信じ仲間たちもまた共有する「金ピカ」であり、価値のあるものでした。
     
    『ログ・ホライズン』の該当のシーンを読んでも共感できない人はいるかもしれません。
    しかし台詞のこのシーンで、私はマジで泣きました!
     
    それは自分がゲーマーだからということもありますが、何より自らの信じる「金ピカ」の価値を信じ行動すること。
    その「価値」を私自身も信じたいと思っているからです。
     
    さて、ここまでが『ログ・ホライズン』の紹介です。
    このコラムでは作家さんやクリエイターの皆さん向けのブロマガですので、ウィリアムのいう「金ピカ」の精神はクリエイターにとって、もしかしたら「何よりも大事なこと」かもしれません。
     
    「金ピカ」の精神に通ずる、作家さんにとって「大事なこと」について書こうと思います。
     
     
     
     
  • 『ラノベは人生』内のコーナーである、『ラノジン presents ラノベ新人賞受賞への道?』の途中報告です!!(三木一馬のコラム)

    2021-02-15 19:00  

    みなさんこんにちは!
    ストレートエッジの三木です。
    今回は、『ラノベは人生』内のコーナーである、『ラノジン presents ラノベ新人賞受賞への道?』の途中経過をご報告したいと思います。
    そもそもの成り立ちはこちら。
    一流のラノベ・ライト文芸編集者と共に、新人賞受賞&作家デビューを目指す企画へ参加していただける作家志望者さん大募集!!!!
    ラノベの新人賞での受賞は、作家志望者の誰もが憧れる目標です。その頂きに向かって、自分たちストレートエッジの編集者と共に、新人賞受賞&デビューを目指す企画へ参加していただける作家志望者さんを募集しました。
    その結果、なんと約60名の方からエントリーを戴きました!!!!
    そして、実際の原稿を読ませていただき、厳正なる審査をし、以下の三名の方がこの『新人賞への道』を共に歩むことになりました。
    蛙田アメコ
    はなぶさしゅう
    雪星セルカ
    ※五十音順、敬称略
    ★上
  • おうち時間にオススメ! 2020年に完結したラノベ紹介!(SE編集者のコラム)

    2021-02-12 19:00  
    100pt

    どうもみなさま、おはこんばんにちはー!
    ストレートエッジのなかじーです!
    寒い日が続きますがみなさまいかがお過ごしでしょうか?
    暦の上では春なんて言いますが……
    寒いものは寒いんです!!!!
    実はわたしすっごい寒がりで、この時期は冬眠したいなと常々思っています……。
    寒い日は外に出ずにおうちでぬくぬくしたいじゃないですか。
    寒い日に暖房であったかい部屋でおこたに入ってアイスを食べるの、至高じゃないですか!!
    今は外出するのも難しいので、おうちでまったりするのも悪くないですよ!
    そんなときにyoutubeやNetflix、スマホゲーも悪くないのですが、ラノベも読んでみませんか?
    ……と考えたときに「いっぱいありすぎてどれを読めばいいの?」ってなったりすると思います。
    少し前の大熊のコラムにあったように毎年たくさんの新作が出されていて、(編集者ではなく)いちラノベ読みとしてはうれしいのですが、新しい作品に手を出すのが難しかったりしますよね。
    せっかくまとまった時間があるので、完結したシリーズの一気読みなんてどうでしょう?
    去年は例年以上に話題作の完結が多かったような気がしています。
    その中でもしかしたらお気に入りの1冊が見つかるかもしれませんよ……!
    というわけで、今回は2020年に完結を迎えた作品の一部を紹介していきます!
     
  • 【第6回生放送・2/23(火)19:00〜】「三木一馬と石飛恵里花のラノベは人生!#06」情報

    2021-02-09 19:00  
    みなさんこんにちは!#ラノジンの次回生放送まで、あと2週間となりました!
    第6回生放送のゲストは……声優の茅野愛衣さんです!!
    ●生放送予約は ↓こちら↓ からhttps://live2.nicovideo.jp/watch/lv330191516また前回「MCはワシが育てた」のコーナーで出された石飛さんの課題図書は『ノーゲーム・ノーライフ』でした!著者・イラスト:榎宮 祐レーベル:MF文庫J石飛さんの感想はいかに……どうぞご期待ください!!
    番組ではみなさんからのおたよりを募集中です!!
    ・あなたのマイベストラノベ 
    ・ラノベで人生が変わったこと
    ・このライトノベルや作品に救われたという経験
    ・石飛さんにおススメしたいライトノベル
    ・呼んで欲しいゲスト、声優さん希望
    ・石飛さんへの応援メッセージ
    ・ふつうのおたより
    ……などなど
    番組へのおたよりは ↓こちら↓ から。
    お便りフォーム
    h