• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「本当の女性活躍社会とは?」小林よしのりライジング Vol.391
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「本当の女性活躍社会とは?」小林よしのりライジング Vol.391

2021-03-02 18:00
  • 205
6d9bf18088e2da4ef4244bcc8fd5c39955ebd8f2
第391号 2021.3.2発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…橋本聖子が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長に就いたら、やっぱりすっかり話題は終息してしまった。例によって今回も、全く無責任に男尊女卑糾弾運動だけが、一瞬にして燃え盛り、何が「女性蔑視」なのか、何が「男女平等」なのか、そもそも「男女平等」は可能かという本質には一切触れることもないままに、女性の人数だけが問題だったという結論になってしまった。しかしライジング「ゴー宣」では、この機会に本当の「女性活躍社会」のあり方というのはどういうものなのかを考えてみたい。
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…前回の「ゴー宣道場:コロナ禍と女性の地位向上」で、フランスでは女性がピル(経口避妊薬)を服用するのが当たり前で、それが、生理や望まない妊娠というハンディから、女性を自由にしているという話があった。果たして「ピルの普及率が高まる」ということは、本当に「女性の地位向上」や「女性の自由」につながるのだろうか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!製薬業界カルテルが利益と権力拡大のためにメディアを使って巧妙な世論操作をしてる…というのは考えすぎ?芸能人たちの聖火ランナー辞退をどう思う?小室氏は本当に一人の女性としての眞子さまを愛しているの?納豆は大粒、小粒、それともひき割り派?コロナ後の経済立て直しのためには、2025大阪万博やその跡地のカジノも賛成すべき?カラスミに付いてくる大根はあり?なし?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第411回「本当の女性活躍社会とは?」
2. しゃべらせてクリ!・第348回「沙麻代ちゃん、一筆書いたら許してクリましゅ? もっと責めてクリましゅ?の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第205回「日本とフランスのピル事情」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




b4d7ce9080309212d7f77f395c6b84bba112638c

第411回「本当の女性活躍社会とは?」

 橋本聖子が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長に就いたら、やっぱりすっかり話題は終息してしまった。森喜朗バッシングはコロナ禍の一時的なストレス発散のためのスケープゴートだったので、追放したらすっきりしてしまったのだろう。
 よりによってセクハラ&パワハラの女王・橋本聖子が次期会長になったのは、なかなか皮肉が効いていて可笑しかったが、橋本がただ女性というだけで、こんな大変な状況で「火中の栗を拾う」役目を押し付けられたのは気の毒でもある。
 こうなったら森喜朗には「娘」同様という橋本聖子が何とかオリンピックを成功させてほしいと願うばかりである。
 その手始めに、女性理事の割合を40%に引き上げることから始めるのだという。白々しいが「ヒステリック・フェミ」のご機嫌取りから始めなければならないのだろう。だが、ヒステリック・フェミは左翼だから、自民党支持じゃないので、心から喜びはしないのだが。

 例によって今回も、全く無責任に男尊女卑糾弾運動だけが、一瞬にして燃え盛り、何が「女性蔑視」なのか、何が「男女平等」なのか、そもそも「男女平等」は可能かという本質には一切触れることもないままに、女性の人数だけが問題だったという結論になってしまった。
 もちろん、ライジングの読者はそんなふうに話題を消費して満足する人たちではないはずなので、この機会に本当の「女性活躍社会」のあり方というのはどういうものなのかを考えてみたい。
 実はこの問題を考える場合、いま「ゴー宣道場」がサンプルとして実に面白い状況になっている。
 ゴー宣道場では「3大目標」として「皇位の安定継承」「立憲的改憲」と共に「女性の地位向上」を掲げている。
 そして現在、「全国推進隊長」として道場開催の設営等のトップに立っているのが、ちぇぶという女性である。

 だが、これは誰でもいいから女をお飾りで置いたわけではない。
 ちぇぶという女は「全国推進隊長」という名目を与えられるや、本気で全国拡大を実践し始め、そのためには自分の権力を固めることにも躊躇しない。
 設営隊の一部の男たちを親衛隊として取り込み(男たちも望んでそれを受け入れる度量があるのだが)、先にできていた派閥との権力抗争を始めてしまった。
 どんな小さな集団でも、往々にして人が集まれば派閥ができ、権力抗争が起こるものだ。それには男女は関係ない。女だったら権力抗争をしないなんてことはないのだ。
 わし自身は困ったことになったと思いながらも、まるで天皇の下で武家同士が権力の奪い合いをしているようなもので、成り行きを見守るしかなかった。(わしを天皇に例えるのは不遜だが、分かりやすい例として)そして、詳細を書くのは差し控えるが、結局はちぇぶが権力を掌握して、今の体制を作りあげてしまったのだ。

 ちぇぶは設営のための実務的な能力が非常に高い。しかも飛び込みの「新規開拓営業職」という、「ゴミ扱いの視線を向けられるところからスタート」の修羅場で鍛えられているから、メンタルがむちゃくちゃ強い。営業職というのは、「呼んでもいない、邪魔なのが来た」と、ゴミでも見るような目で見られるのが最初なのだ。
 ちぇぶは地方で開催するとなったらどこへでも出かけていって、地元の設営隊に全部の指示をしてくる。これでは地方の設営隊に依存心ができるし、独裁制が高まるから大概にしろとわしが注意したので、今は地方の自主性を損なわない程度にアドバイスするようになった。
 ともかくこのフットワークの軽さも、営業職で鍛えられたからこそできたものだ。
 そうして、ちぇぶは地方の設営隊諸君と、東京にいるわしをつないでいるし、もしも地方の設営隊に何かあったら、いざという時には自分が乗り込んでいって、どこの設営隊だろうと全部仕切って、その支部の設営を遂行してしまうことだってできる。
 そんな実力を持っている人間は、今まで男でも一人も現れたことはなかった。
 持っている実力は、認めなければどうしようもない。

 しかもちぇぶの考えていることはもっとすごい。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他195件のコメントを表示
×
 今日のモーニングショー、コロナ関連は一切ありませんでした。
 パネルコーナーは尖閣諸島での中国の問題。
 浜田は、そんなに変なことは言いませんが、基本、自虐的な感じがしました。
 玉川も、いいことを言っていましたが、まだ中国に対して甘い気がしました。

 現場の海上保安官が疲弊しているという話しがあり、すごく同情してしまいます。1年間で三百数十回の、ほぼ毎日の出動。しかも緊張感は半端ではない。こっちは戦えないのに、相手はいつ攻撃して来てもおかしくない。そう考えると、やはり少しでも早く憲法改正して、自衛隊を、国を守れる軍隊にしないといけないと思えてきます。

 その前の、プラスチックスプーンやホークの有料化のニュースの時は、浜田が水を得た魚のようでした。製造業者のことは考えないのかなと思います。プラスチック製品を自ら、間に合っていると断る人が良い人という空気で進行する中、玉川がスーパーのレジ袋は買うと発言していました。意外でした。僕はゴミ袋として使うからと。まともです。

 パネルコーナーの後は、定年年齢を引き上げる企業が増えてきているというニュースでした。ここで本領発揮してくれた玉川。
『仕事はお金を稼ぐだけじゃない、やりがいを感じるから働くという人もいる。』
とか話し始めました。耳を疑ってしまいます。玉川、止まりません。仕事に実存を感じる人も居るという内容の話しを饒舌に語ります。目がテンです。だんだん腸が煮えくり返ってきます。
『僕はこの仕事が好きだから、60、70になっても働きたい。』
と。頼むから勘弁してくれ玉川徹。害悪だよ。というか、そこまでのうのうと居座り続けられると思うなよ玉川徹。

 ご機嫌にペラペラペラペラ喋る玉川徹。浜田と羽鳥と3人で褒め合う姿は見ている方が恥ずかしくなりました。
 そして玉川。
『だから60歳で定年で僕はいいと思ってるんです。』
 ん? さっきと真逆なこと言った。
『需要があれば、60でも70でもやりたいと思ってるんです。』
 あっ、定年後フリーでやりたいと言うことかな。無理だと思うな玉川徹。出演者全員からサラリーマンの割には自由にやってるなんて持ち上げられても、ホントは会社に守られてこその玉川徹だと結構な人から見抜かれてるんじゃないかな玉川徹は。

 仕事が無くなる恐怖から程遠い場所に居てワイワイキャッキャッと褒め合いはしゃぎながら、多くの人を絶望や死に追いやっている罪の意識など感じている様子もなく、よりによって仕事の実存の話しまで出来るなんて……、人間辞めていますね。キチガイだと思います。

 明日は、何をやるのでしょう。
1ヶ月前
×
4回目の投稿で恐縮です。が、緊急な事でお許しください。
先程SPA編集部にメールを送りました。
これがどの程度の効果かはわかりません。
が、いてもたってもいられませんでした。
内容は編集者に対してプロの矜持を問い質す事を書きました。
いてもたってもいられませんでした。
1ヶ月前
×
SPA!のツイッターの方に送信しました。SPA!編集部のメールアドレスは分からなかったので。またよしりん慰安婦の二の舞のないように、して貰いたいものです。
1ヶ月前
×
ライジング配信ありがとうございます。

男女関係なく、公の為に、実力のある人物かどうか、これに尽きると思います。

ちぇぶさんが最初の最初の頃、よしりん先生に会いましたか?という質問に、
とんでもない、会ったことないですよ。会えなくてもいいんです。みたいに言ってたと記憶していますが、
その時、この方は、ただ日本のために、道場を通じて役に立ちたい人なんだな、と思いました。

ピルについては、避妊薬でしょ、でもよく知らない、という感じでした。
最近同僚でピルを飲んでるという子がいましたが、
当時自分が全く関心がなかったので、聞き流していました。

若い女の子が、やりたい盛りの男の欲望を満たしている風にしか見えず、
彼女は結婚したいけど、彼は本気で結婚するのかねーと感じて、
やらせりゃいいってわけでもないんだが、と思いながら、放置してしまいました。

男女の性行為、避妊については、個人的に思うところがあり、
よしりん先生も言われていますが、若い男性の怒濤の性欲問題?を知ると、

みじかな可愛い姪っこ達が今まさに花咲く乙女ばかりで、
やりたい盛りの男に騙されてやられて、性欲満たしてサッサと去る、みたいな事があると、
ルサンチマンの塊になり、
おのれーっっっ、この恨み晴らさでおくべきかーっっっ、ってなわけで、
うちの娘を傷モノにしやがって、コノヤロウ!と出刃包丁片手に乗り込む父の心境になるわけです。
男は狼なのよ、気をつけなさい、と強く教えとくべきだった!と悔やむことしきり。

ピルの話から逸れました。
フランスが1967年まで、避妊が違法だったことから、
妊娠出産を選ぶ権利に過激になることは必然だったと思います。
やはりいつも、その国の歴史的背景がありますね。

もちろん出来れば妊娠中絶はして欲しくありません。
女性の心身のダメージ、産声をあげなくてもひとつの命とも言えます。
でも禁止してしまえば、レイプに代表される不本意な妊娠出産を強要されます。

また、幼児虐待による死亡という痛ましいを通り越し、怒りに震える事件があると、
育てる決意ができないなら産むな!そもそもセックスするんじゃねえ!と、
罵倒したくなる自分がいて。いろいろ複雑な要素を抱えた問題ではあります。

ピル、というものが私には全く頭になかったので、
ピルで、女性が不本意な妊娠出産から身を守る手段としては賛成です。
スポーツ選手や第一線でバリバリに働く女性にとっても、必要なものでしょう。
そういう知識が全然なかったので、ピルのことを知れた事はとても良かったです。
飲む飲まないは本人の自由だと私も思います。

ただ、可愛い姪っ子達に、身を守るために飲みなさいと自分からは言えない。
そういう状況にならないように、不本意なSEX、不本意な妊娠をしないように、
考えて行動して欲しいと思ってしまう。

そして、自分の性欲を満たしたいだけの男に騙されないように、教育をしてあげたい。
フリーセックスって、私には、欲望をコントロールできないだらしない響きに聞こえてしまう。
まずは、お互いを大切に思う気持ちがあって、ピルもコンドームも機能すると思う。

女性の自立や進歩向上のために役立つなら、ピルに反対する理由はありません。
いつものことですが、わけのわからないことを書いてしまいすみません。

性教育に厳しい家庭だったり、青春時代、これまた禁欲的なクリスチャン時代が長かったので、
青臭いこと書いてすみません。

1ヶ月前
×
泉美先生のピルの記事、興味深かったです。

自分は男ですが避妊薬としてのピルの普及には肯定的です。当然女性が必要な知識を得た上で自発的に希望する場合に限りますが。世の中セックスに至る関係や個々人の事情も様々でしょうし、必要とされるケースは確かにあると思います。

僕の場合、コンドームを使うのは"相手のことを考えて"という部分もありますが、何よりもまず"自分が避妊を望んでいるから"という方が動機としては大きいです。妊娠したら出来婚か、相手がシングルマザーになるか、中絶か…どれも嫌ですからね。それをわざわざ宣言などしませんが、望まない妊娠は男にとっても十分リスキーで避けたい事態です。

もちろん妊娠する当の本人である女性にとってはより深刻な問題でしょう。だから僕は自分がそうできるのと同じように「女性が確かな形で避妊の決定権を手中にできる」という点で、ピルの普及は良いことと思います。問題は必要としている人の手に適切に渡るかどうかですね。現状その辺の仕組みがきちんと整っているならいいですが>>26の方が書かれた「日本ではピルが認可されていると言っても、実際は選択肢として成立していません。」というのが確かであれば、改善した方がいいとは思います。

とはいえフランスのように男の側から積極的に服用を勧めるのは「さすがに行き過ぎじゃないか?」と感じます。そうした認識にまで至ってしまうのはピル使用に対する環境的、心理的ハードルが著しく低いことも関係してるんじゃないでしょうか。どうにも極端な印象です。だからその辺は海外に倣うより、あくまで"国内における"適切な基準を意識して探るべきでしょうね。
1ヶ月前
×
>>244
現状、ピルが必要な人には、適切に行き渡っていると考えられます。
医師の処方箋が必要なので。
むしろ、不適切なルートでの入手が多いと思われます。
医薬部外品など、購入に処方箋が不要になった場合、ピルが必要でない人も購入可能になり、乱用する人がでるのは確実です。
購入の仕方の問題ですね。
1ヶ月前
×
>>237
私も見ていましたがアメリカへの懐疑という点では玉川もまともなことを言うんですよね。ただコロナ関係の発言があまりにも異常なので、反米を唱える人達を玉川と同類の異常者と見られるのは不本意です。明日は3/11だから震災絡みの話題でしょうね。避難所にPCR検査キットを常備せよとか言い出さないか不安です。
1ヶ月前
×
>>245
自由にピルを買えた場合、結局は男が買ってきて女性に「ピル飲め!」と言える世の中になりますよ!ってことです。
現状の日本では無理だけど(非正規ルートならばできるが笑)。
本末転倒かな?笑
1ヶ月前
×
>>137
しょうたの父さま
「人生経験の乏しい人、修羅場をくぐってない優等生は結局ダメかも(金塚センセみたいな)」私は、いい歳ですが、優等生ではありませんでしたが、それ以外は「結局ダメかも」の部類にはいります。でも、ごくごく平凡な人生を歩んでいても、丁寧に生きていればそれなりの実りはあるんですよ。経験値が高いに越したことはありませんが、同じ経験をしていても、それに無自覚であれば何もえられることはできません。木蘭さんと同じ経験をしても誰もが木蘭さんのように経験を活かし知的で寛容な女性になるとは限らないのと同じです。 
また、もう一つ気になった点、ここでは、概ね金塚先生の評価がとても厳しいように思いますが、金塚先生が「人生経験の乏しい人、修羅場をくぐってない人」と決めつけられるのはどうかと思います。先生なりの経験があり、先生なりの修羅場はくぐってらっしゃるのではないかと思います。もちろん、私と金塚先生においては、非常に感覚の違う所もありますが、
私の知らない知識を沢山持っておられて、その点ではとても興味深くお話を伺いました。私は金塚先生は、フランスの教育を受けて育ってらっしゃるので、「フランスの血が混じった」日本人という感覚で見ておりました。仕事柄上、どうしてもリベラル色が強くなり理念に重きをおくのも推察できますし、フランス教育を受けてらっしゃるので権利意識が高くまた「男女平等」についても真面目に追及し過ぎた余り、よしりん先生曰くのフェミニズム原理主義に陥りやすいのかなと思います。でも、金塚先生を「結局ダメかも」という位置づけにはできません、私には。先生にある種、寛容さが感じられないのは確かですが、社会的貢献をされていることも確かですし、今後どのようなご発言をしていかれるのか、興味をもってブログを覗いていきたいと思っています。いろいろな自分と異なる感覚をもたれる、そして、誠実さを感じられる人には、興味がありますので。
1ヶ月前
×
>>250
rokuさま
コメントありがとうございます。
良く分かりました。
仰る通り決めつけが強すぎたと思います。
反省し、文章は慎重に書くようにします。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。