• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 110件
  • ■久瀬太一/7月31日/19時20分

    2014-07-31 19:20  
    2



     母さんが死んだ年のクリスマスパーティが、たぶん最後だ。
     それっきりオレは、あのパーティには行かなくなったはずだ。
     あの夜、雪は降っていなかった。
     外気はひりひりと肌に張りつくように冷たかった。反対にホテルのなかは、暖房がよく効いていて、頭がぼんやりとした。暇だったオレは、ホテルの中をあちこちをちょろちょろと走り回っていた。
     パーティ会場の隣にある、重たい扉を開いたことに、理由はなかったように思う。なんであれ、閉じられている扉は開きたくなる子供だったのだ。
     先は暗い部屋だった。光が少ないからだろうか、会場と同じように暖房が効いていたはずなのに、なんだか寒々しく感じた。その部屋のかたすみに、ドレスを着た女の子が座り込んでいた。みさきだった。
     彼女は膝を抱え込んだまま、驚いた表情でこちらをみた。
    「こんなところで何してんだよ?」
     と、たぶんオレは言った。
     あのときの、みさ

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月31日/19時10分

    2014-07-31 19:10  
    1



     母さんが死んだのは、オレがまだ8歳だったころだ。
     そのころオレは父親の赴任先にいて、母さんは東京の病院だった。
     母さんが死ぬことは、わりと早い段階からわかっていたことなのだと、今思い返せばわかる。だからその2週間ほど前から、オレは東京の親戚の家にあずけけられた。
     どうして母さんが死んだのか、オレは知らない。なにかずいぶん難しい名前の病気だった。幼いころに聞いたけれど、とても覚えられなかったし、それなりに成長してからも改めて聞く気にはなれなかった。
     なんにせよ、オレが8歳のころ、母さんは死んだ。それがすべてで、重要なことは母さんとの、いくつかの思い出だけだ。
           ※
     偉人の最期の言葉というのは、よく話題になる。
     もっと光を、と言ったのはゲーテだ。向こうはとても美しい。これがエジソン。私の図形に近寄るな。アルキメデス。
     谷崎潤一郎は、「これから小説を書かないとい

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月31日/19時

    2014-07-31 19:00  



     今日は一日、宮野さんのところでアルバイトをして過ごした。
     こんなことをしている場合か、という思いもあったけれど、あのミュージックプレイヤーとスマートフォンを手に入れたい。とりあえず真面目に働いて、「スイマを調査する仲間」だと認めてもらうしかなさそうだ。
     とはいえベートーヴェンには、スイマの記事しか載らないわけではない。今日、オレに割り当てられた仕事は、インタビューのテープ起こしだった。宮野さんがどこかの大学教授から、陰陽術について訊いてきたもののようだ。内容はあまりオカルト的ではなかった。どちらかといえば民俗学としての学術的な側面の方を強く感じた。意外なことに、そのテープ起こしは楽しい作業だったけれど、やはり気持ちは焦る。
     宮野さんとスイマについての話ができたのは、夕食の時間になったときだった。
    「おごってあげるわ」
     といわれて、宮野さんと共につけ麺がうりのラーメン屋に入る

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月30日/24時05分

    2014-07-31 00:05  



     ようやく山のようなメールが、一通り片付いてきた。
     とはいえそこには多くの、有益な情報が含まれていたから、時間が流れるのはほんの一瞬だったようにも感じた。とにかくソルからのメールを読み解くのに必死だった。
     ラスト付近に、気になる情報がふたつあった。
           ※
     一方は、これだ。
     ――八千代はドイル、またはアカテかも知れない。
     八千代が聖夜協会員なのは、間違いない。
     悩みどころは、すべての聖夜協会員が敵なのか、という点のみだ。なんにせよ警戒は怠れない。
     その八千代という人物の、協会内での通称を絞れるのは、大きな意味があるように思った。
           ※
     もう一方はソルから送れらてきた、ふたつのアドレスだった。
     一方は動画サイトのもののようだ。もう一方は、よくわからない。
     共に、「みえるか確認しろ」という旨の文章がついていた。
     ――ソルは、オレにはそのページが

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月30日/23時55分

    2014-07-30 23:55  
    2



     いくつか、違和感を覚える情報も入ってきた。
     ――我々が得られる情報は、グーテンベルクの描写及びリュミエールの光景と言うプレゼントによるものらしい。
     プレゼント?
     あの、「ニールの足跡」という馬鹿げた瞬間移動と同じようなものか?
     オレはあれが、聖夜協会に関係しているものだと思っていた。おそらくソルは、聖夜協会とは対立関係にあると予想していた。
     ――でも、ソルもプレゼントを使っている?
     そう簡単に、ふたつの陣営に振り分けられるわけでもない、ってことか。
     どうやらグーテンベルク、およびリュミエールは、あのバスで会った双子のことらしい。次に会ったら、詳しく事情を訊いてみようと思う。 
           ※
     さらにそこからは、「雪」という人物に関するメールが続く。
     雪。
     ベートーヴェンの大手広告主で、宮野さんに指示を送っている人物。
     気になる相手だった。ソルたちも、彼女を気

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月30日/23時40分

    2014-07-30 23:40  



     オレはあまりメールを打つ方じゃないから、返信が遅くて自分で嫌になる。
     ――途切れるなよ、電波。
     クモの糸にしがみつくような心境でそう念じながら、必死にメールを確認し、返事を書く。
           ※
     続いてのメールは、主に宮野さんの悪行に関するものだった。
     ――宮野さんからスマホとミュージックプレイヤーの情報を入手してください。
     高級プリンを持って行け、と書かれているメールもあった。
     オレも、彼女が持ち帰ったというスマートフォンとミュージックプレイヤーは気になっていた。
     今日の昼にも彼女と連絡を取り、明日、アルバイトに参加する予定を立てていた。
     でも彼女は、それらを手元では管理していないらしい。
     なかなか入手は難しそうだが、そうそう弱音を吐いてもいられない。とにかくなんとか、中身を確認する手段をみつけよう。
           ※
     さらにメールは続く。
     情報の洪水に飲

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月30日/23時25分

    2014-07-30 23:25  




     ソルのスマートフォンはオレのデスクを叩き続けていた。
     それは激しく、感情的にドアをノックするようでもあった。その音はどこか頼もしく感じた。
     オレがスマートフォンを手にとってもなお、その振動は止むことがなかった。
     メールボックスを開く。
     その間にも着信件数は増え続ける。
     すべて、ソルからだ。
     オレは、最初に届いたメールからそれを読んでいく。
           ※
     最初の何本か――6本か7本くらいのメールは、ある「食事会」に関するものだった。
     どうやら今週末、8月2日に、聖夜協会の食事会が開かれるらしい。
     ポイントを抜き出すと、4つだ。
     まずひとつめ。
     オレがあの、4つの鍵がかかった小箱から発見した白い星は、奴らの食事会の入場証らしい。
     ずっと昔、クリスマスパーティにオレが参加していたころも同じように入場証として扱われていたから、それは変わっていないのだろう。
     

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月30日/23時10分

    2014-07-30 23:10  


     この数日は、バスに乗る夢をみていない。
     心のどこかで、あの超常現象に期待していた。あれがなければオレはただの大学生で、警察にもみつけられないみさきを、どうすれば助けられるのかイメージできない。
     聖夜協会のパーティは毎年同じホテルで行われていたから、そこに連絡をいれてみた。もちろん客の個人情報は公開できないと断られた。聖夜協会のことは、警察にも伝えているけれど、どこまで本気にされているのかはわからない。
     ほかにどうすることもできず、オレは八千代という人物に電話を入れる。だが、聞えてくるのはいつも留守番電話サービスの無機質なメッセージだ。まったく、嫌になる。気持ちばかりが焦っていた。
     いつものように、ピーという音のあとに、「久瀬です。また電話いたします」と吹き込む。
     その時だった。
     ソルのスマートフォンが、震えた。
     ほんの数秒おきに、何度も。



    DREAMS@Sol技術

    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/7月30日/9時

    2014-07-30 09:00  



     誘拐犯のくせに私には健康的な生活を提供してくれるノイマンだけれど、彼女自身はそれほど健康的というわけでもないようだった。
     目を覚まして、ベッドでうだうだして、それからリビングに出ておどろいた。ノイマンが目の下に、大きな隈を作っていた。
     彼女は私が眠る前と同じ姿勢で、一心不乱にノートPCを叩いている。
    「もしかして寝てないんですか?」
    「寝てるわよ。それなりに」
    「いま気づいたんですけど、ベッドってひとつしかないですよね?」
    「私はソファで寝るのが好きなの」
    「寝づらくないんですか?」
    「起きやすいのよ。仕事が片付かないまま熟睡するのは、生理的に嫌なの」
     部屋を見ればある程度わかることだったが、彼女は整理整頓が好きらしい。
    「仕事って?」
     そういえばノイマンが出勤している様子はない。
    「いまは、個人的に頼まれた作業が立て込んでてね。溜まってた有給をまとめて取ったわ。もともとは

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月29日/14時

    2014-07-29 14:00  



     めまいがするくらいに暑い日だった。
     夏のなにげない路上の景色が、膨れ上がった空気でゆらゆらと揺らいでいた。
     オレは深緑色の軽自動車の助手席で、エアコンの風に手のひらを向けながら、ぼんやりそれを眺めていた。
    「なんの用よ?」
     と宮野さんは言った。彼女は運転席で、緑色の瓶に入ったラムネをちびちびと飲んでいる。
    「スイマの調査、どうなったのか気になって」
    「もう話したでしょ。大阪に行って、アパートからスマートフォンとミュージックプレイヤーを借りてきて」
    「盗んできて、の間違いでしょう」
    「返すつもりはあるわよ」
    「なにか目ぼしい情報はみつかりましたか?」
    「まったく」
     宮野さんは首を振る。
    「スマートフォンの方は、着信履歴がいくつかあっただけよ。電話をかけても繋がらない」
    「番号は?」
    「そんなの聞いて、どうするのよ?」
    「オレもスイマに興味が出てきましたから」
    「あいにく、暗記

    記事を読む»