• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • ■佐倉みさき/8月14日/20時

    2014-08-14 20:00  
    1




     スマートフォンをテーブルの上において、ノイマンは小さなため息を漏らした。
    「みつからないんですか?」
     と私は尋ねる。ニールのことだ。
     鹿児島の、あのカフェで姿を消してから、彼の行方はしれない。ノイマンは定期的に電話をかけているようだけど繋がらない。
    「だめね。面倒なタイミングで消えないでほしいわ」
     とノイマンは言った。
    「面倒なタイミング?」
    「そろそろ家に帰りたいもの。でも私のマンションの住所は強硬派にも割れてるみたいだから」
     その辺りのフォローはニールの仕事だったんだのよ、とノイマンは言う。
     なるほど。あまりそんな感じがしないから、しばしば忘れそうになるけれど、ノイマンは穏健派のスイマで、ニールは強硬派のスイマだった。彼がいなくなると、ノイマンも少し困るのだろう。
     一方でニールのことが、純粋に心配でもあった。基本的に、私には誘拐犯に同情するような心理はないけれど、

    記事を読む»