• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • ■久瀬太一/8月21日/22時00分

    2014-08-21 22:00  
    1




     ベル、とオレは、口には出さずに呟く。
    「アレクサンダー・グラハム・ベル?」
    「おそらく、彼からとった名前なんでしょうね。はっきりとはわからない。それは、ベルの物語と呼ばれている」
    「それも、プレゼントなんですか?」
     ニールの足跡や、ドイルの書き置きに似た名前だ。
    「ええ。まだ確認されていない、最後のプレゼント。センセイが初めて、センセイ自身のために用意したプレゼント」
    「それを、貴女が護ろうとしている?」
    「ええ」
    「正体も知らないまま」
    「そうよ」
     ノイマンは深呼吸のように、細く長く息を吐き出した。
     彼女はオレの向かいのチェアを引き、腰を下ろす。
    「私たちはゲーム盤の上に並ぶ駒のようなものよ。そのマス目にいる意味を理解してはいない。ただプレイヤーの指示に従って、ルール通りに機能するだけ」
     プレイヤー。
     その言葉から、連想したものがあった。
     ノイマンが笑う。
    「貴方の

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月21日/21時45分

    2014-08-21 21:45  




     足音が聞えて、部屋に誰か入ってきたのがわかった。
     照明がついて、姿がはっきりとみえた。黒髪が綺麗な女性だ。年齢はよくわからない。おそらく30代だ。でも20代でも、40代でも不思議ではない。ミステリアスな雰囲気の女性だった。
     女性が口を開く。
    「貴方、だれ?」
     とその女性は言った。
    「久瀬太一、でわかりますか?」
     彼女の眉がぴくんと跳ねる。きっとこちらを知っているのだろう、と予想がついた。
     続けて尋ねる。
    「貴女がノイマン?」
     彼女は頷く。
    「どうして、貴方がここにいるのよ?」
    「ほかに聖夜協会に繋がりそうな場所を知らなかったんです。八千代――ドイルも電話に出てくれない。ここしかなかった」
    「にしても、紳士じゃないわね。勝手に女性の部屋に入るなんて」
     オレは鼻で笑う。
    「男性であれ女性であれ、誘拐犯は誘拐犯です」
     ノイマンは息を吐き出し、向かいの椅子に座る。
    「別の

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月21日/21時30分

    2014-08-21 21:30  




     明かりをつけていないマンションの一室で、オレは5回、電話をかけた。
     まずは八千代雄吾に。
     だけど、彼は出なかった。
           ※
     次にオレは、父親に電話をかける。
     しつこくコールしていると、やがて父の、どこか間が抜けた声がきこえた。
    「どうした?」
    「訊きたいことがあるんだ」
     ソルから尋ねるよう言われていたことを、オレは順に尋ねる。
     まずはみさきの祖父について。彼は謎が好きだったのか? それと、彼がいなくなった正確な時期について。
    「頭を使う問題は、全般的に好きだったよ」
     と父は答える。
    「よく人に問題を出していた。そういうのを真ん中において、ああだこうだと言いながら酒を飲むのが好きな人だった。いなくなったのは、あまりはっきりとは知らない。10年前の、春ごろだったと思う」
     続けてオレは質問する。
     聖夜協会に入る方法について。
     父は答える。
    「さあな。メンバ

    記事を読む»