• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 17件
  • ■久瀬太一/7月27日/16時20分

    2014-07-27 16:20  
    2



     室内は空調で寒いほどだったが、額には汗が噴き出していた。それを拭って、オレはつい呟く。
    「……なぜ?」
     サングラスは不機嫌そうに口を歪めた。
    「なぜここがわかったのか? それとも、なぜ部屋に入れたのか、か? そういう質問はもう聞き飽きてんだよ」
     オレは、ゆっくりと尋ねる。
    「なぜ、もう来るんだ?」
     予定よりも早い。こいつが来るのは、午後8時だったはずだ。
    「ん? ああ、馬鹿がへまやって、尻拭いに駆り出されたんだよ。それからメシ食って、風呂入って、ちょっと寝ようとしたけど眠れなくて――って」
     サングラスは楽しげに笑う。
    「お前もプレゼントを貰ったのか?」
     プレゼント? バスで、あのきぐるみが言っていたことか?
     確か――
    「ニールの足跡」
    「へえ、よく知ってるじゃねぇか」
     サングラスの笑みが大きくなる。
    「オレの予定も知っていた。プレゼントが絡んでいると考えるのが自然だ。

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月27日/16時10分

    2014-07-27 16:10  
    1



     ソルのスマートフォンが、震えた。 ――電波が、ある!
     オレはひったくるようにスマートフォンをつかむ。慌てて、メールを確認する。
     まずは1通。
           ※
     鍵の1つは下下下下上上上上下で開きます
           ※
     そして、すぐに2通め。
           ※
     残りの南京錠の開け方、一つは『左上左右左上右左上右上』です。幸運を祈ります。
           ※
     オレはすぐに、手元に小箱を引き寄せ、順にそれを入力する。
     かしゃん。みっつ目。
     続けて、かしゃん、と気持ちの良い音が聞こえて、最後の錠が開く。
     全身から、力が抜けた。
     ――これで、助かる。
     もちろん死ぬのが、怖かった。今もまだ指が震えている。それでもすべての錠が開いたのだ。オレの未来は、きっと変わる。冷えた身体をストーブで暖めるような、じんわりとした安堵が、全身にみちた。
     ソルのおかげだ。
     また、彼らに救わ

    記事を読む»

  • ■謎まとめ/7月27日/詰将棋謎

    2014-07-27 16:09  

    ※ここには読者が解き明かした謎の内容が記されています。自らの手で謎を解き明かしたいという方は、この記事を読み飛ばして次ヘ進んでください。
    《読み飛ばす》
     まぁや @maaaya1011
    詰将棋 pic.twitter.com/KPQmm0kgtC
    桃燈 @telnarn
    24飛、15玉、16歩、同玉、26飛引、17玉、27飛上、18玉、28飛、17玉、27飛引、16玉、17歩、15玉、25飛、14玉、24飛、15玉、25飛上、迄19手詰め。
    じゃがりこ@コミケ行くお金ください @potatobou
    詰将棋早いなw
    QED @qed223
    @telnarn 先手から見ると下下下下上上上上下ですかね
    あさって @sakuashita1
    将棋答えあわせ中
    マコト @mako_3dbell
    @telnarn 中将棋といいすごいですね
    桃燈 @telnarn
    しゃぁ!!詰キストの面目躍如やでぇ

    記事を読む»

  • ■聖夜通信7月号

    2014-07-27 16:08  

    いそでぃ@3D小説参加中 @equi_libria
    聖夜通信7月号!! p.twipple.jp/dSbqw

    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント( @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいております。


    記事を読む»

  • ■謎まとめ/7月27日/街歩き謎

    2014-07-27 16:07  

    ※ここには読者が解き明かした謎の内容が記されています。自らの手で謎を解き明かしたいという方は、この記事を読み飛ばして次ヘ進んでください。
    《読み飛ばす》
     雑食人間@3D小説参加中 @zassyokuman
    これは天神組に歩き回ってもらわないといけない?人数おおくてよかったかも?
    ちょくし@[3D小説 bell]参加中 @DodoRoku
    @Miraclekurami 申し訳ないですが、このまま歩いてもらう感じですかね?
    しろくろパンダ@3D小説福岡現地攻略班 @Miraclekurami
    @DodoRoku その可能性大ですね
    きのえとら @kinoetora
    書を捨て、町に出よう
    雑食人間@3D小説参加中 @zassyokuman
    そうだ、ストリートビューを使おう。
    闇の隠居 @yamino_inkyo
    歩いた方向が答えなのか、矢印の向いてる方が答えなのか(こっちかな?)
    oda

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月27日/13時30分

    2014-07-27 13:30  
    2 1



     オカルト雑誌『ベートーベン』について調べて欲しい。出版社、編集プロ、大口のクライアント、発売日、定価など何でも良い。宮野さんにバイト代の件で連絡して、聞くのも良いかもしれない。
           ※
     と、ソルのメールにあった。
     だからオレは、宮野さんに電話をしてみることにする。
     ソルのスマートフォンには、未だ電波がない。でも次に繋がったときのために、少しでも情報を獲得しておきたい。
     オレは宮野さんの携帯に電話をかける。
     意外に、コールは長く続いた。――7回、8回。
     掛け直した方がいいか、と考えたとき、ようやく彼女が出る。
    「なによ!」
     いきなり怒鳴られた。
    「仕事中ですか?」
    「ええそうよ昨日の夜からね」
     そういえば、アルバイトの呼び出しを受けていた。
     彼女の息が妙に弾んでいるのに気づいて、尋ねる。
    「なにをしてるんです?」
    「逃走中よ。今は」
     なんだそれ。
    「今度

    記事を読む»

  • ■他人のアパート家探し

    2014-07-27 12:31  
    1



    極端P@3D小説楽曲参加 @Piri_dm_ 

    ドーモ…ソルサン…

    pic.twitter.com/V0DGW2Br4b



    闇の隠居 @yamino_inkyo 

    きたーーーー突入ーーーーー 
    いぬくん@bell 長崎支店 @kun_inu 
    いらっしゃいませーーーー!





    ヌク @nukokkuma 

    @maaaya1011 声もはっきり聞こえてます!冊子とカプセル気になります!  




     
    光輝 @koukiwf 

    ニコ生に読者参加者が!!

    敵組織拠点に、参加者が乗り込んで映って、家捜ししてるwwwwwwww
    うちゃのきMkⅡ @ucyanoki_Mk2 

    突入見逃したー!!


    あさって @sakuashita1 

    ドイルの視点2がみつかる

     

    まぁや @maaaya1011 

     pic.twitter.com/7gYsiZNAuN



    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/7月27日/12時30分

    2014-07-27 12:30  
    1



     眼鏡は、私の姿を見失ったようだ。
     この追いかけっこが始まってから既にずいぶん時間が経過しているはずだが、まだ私が捕まっていないのだから、もし居場所がバレていたら、両腕を思い切り振れて息を大きく吸える眼鏡が、私に追いつけていないはずがない。
     幸運だ。
     でも、これだけでは足りない。
     私はひたすらに山をくだる。私が向いている方向に街があるのだと信じる。そこに辿り着くまで私の体力が持続することと、眼鏡に追いつかれないことを願う。すべて叶えられるのはどれほどの確率だろう? これがただのギャンブルなら、私は私にベットしない。
     朽ちた木と木の間を抜け、苔の生えた岩を踏まないように避け、斜面を下る。汗でテープがはがれ、息は吸いやすくなっていた。でも3回転んで、膝と肩から血が流れた。軽く足首をひねっている。今は痛みはないが、それはきっと恐怖で紛れているからだろう。
     そろそろ、限界だ。
     

    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/7月27日/12時20分

    2014-07-27 12:20  



     駆け込む店も、助けを求める通行人もいなかった。
     あるのは乗用車同士がギリギリすれ違えるくらいの、細くうねった道路と、途切れ途切れのガードレール。あとはひたすらに生い茂る木々だけだ。
     ――山の、中?
     そんな。一体。
     ここから、どうしたらいいんだ?
     もう一度トランクに舞い戻るわけにはいかないのだから、駆け出すしかなかった。
     後ろでドアが開いた音が聞こえた。眼鏡が追ってくる。私は前だけを見て走ることに集中する。両手が縛られたままでは上手くバランスもとれない。転ぶな、と両足に念じて走った。
     眼鏡よりも速く走れるなんて思えなかった。
     私はガードレールが途切れたポイントをみつけ、山の斜面へと駆け降りる。転ぶな。転ぶな。手が縛られていては、立ち上がるのにも無駄に時間を使うのだから。
     背の高い草が生い茂っていた。それが顔や二の腕に何度も触れて不快な気持ちになるが、我慢する。視界の

    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/7月27日/12時16分

    2014-07-27 12:16  



     奇跡が、起こった。
     車内に電子音が鳴り響いていた。古典的な着信音だ。ドイルという人だろうか? まったく別人だろうか? 誰でもいい。なんでもいい。再び車が路肩に寄り、停まる。
    「なにをしていたんだドイル」
     叫ぶような眼鏡の声が聞えた。
     ――いましかない!
     この、神さまがくれたような好機に、私は意識を集中する。
     暗い中、古い記憶に潜り、トランクの構造を思い描く。ケーブルを引っ張ってもダメなら、ケーブルの行く先であるロックシリンダーをみつければいい。
     かつてみたトランクの図解を思い浮かべながら手を伸ばす。暗闇の中、目を閉じて指先に集中する。意外なほどにあっさりと、それはみつかった。無理に身体を捻って掴み、掛け金を外す。
     ガチャンと、想像していた以上に大きな音を鳴らし、トランクが開く。
     開いた。開いた!
     思わず声が出るところだった。私は慌てて、くしゃみの直前のように息をひ

    記事を読む»