• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 15件
  • ■久瀬太一/8月2日/18時10分

    2014-08-02 18:10  
    1



     前方に、深い赤のジャケットがみえた。
     ――八千代だ。
     間違いない。奴はスマートフォンで誰かと電話しながら、悠長に歩いている。
     オレは速度を緩めずに走る。目の前に迫った肩に手を伸ばす。
     つかんだ。はずなのに。
     指先にはなんの感触もなかった。八千代は身を捻ってかわし、こちらをみていた。
    「足音。うるさいよ」
     伸ばしたオレの腕を、八千代がつかんでいた。その動作が、オレにはまったく目で追えなかった。
     腕をつかまれたまま、彼を睨む。
    「食事会に出るつもりか?」
    「間に合えばね。美味い料理が食えるときいている」
     八千代は通話を切り、スマートフォンをポケットに落とした。
    「よくわからないな。ならどうして、招待状を手放したんだ?」
    「手放したわけじゃない。君の仲間が、勝手に持っていったんだ」
     ソルがなにかしたのか? まあ、なんだってできそうな奴らではある。
     八千代がオレの腕を離

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月2日/18時

    2014-08-02 18:00  



     考えろ。考えろ。そう胸の中で繰り返す。
     ――オレが素直に行動するなら。
     まっすぐに、正解のコインロッカーの前に移動する。
     もし八千代がその場所を捜しあてられたとしても、多少は時間がかかるはずだ。先回りできることになる。
     ――なら、八千代はどうする?
     オレの後をつける、というのが、正しいように思った。
     姿をくらませて、オレを焦らせて、正解のコインロッカーに向かわせる。あいつはそのあとをついてくる。
     オレはもう一度、辺りを見回してみる。だがやはり八千代の姿はない。今もどこか、物陰からこちらをみているのか? それとも本当にひとりで歩いて行ってしまったのか? 食事会の待ち合わせ時間までは、あと40分ほどだ。たった40分で、どの駅にあるのかもわからないコインロッカーをみつけだせるものなのか?
     ――最悪に備えよう。
     とオレは考える。
     たとえば知識があれば、鍵やタグの形状から

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月2日/17時45分

    2014-08-02 17:45  



     オレは眉間に皴を寄せる。
    「話って、なんの?」
    「ありきたりな世間話だよ。君、聖夜協会のクリスマスパーティに参加したことは?」
     どうして、そんなことを聞きたがるんだろう?
     わからない。が、やっぱりオレは嘘が苦手だと、昨夜反省したところだ。オレは事実を答える。
    「あります。幼いころに、何度か」
    「その会場に、『少年』は何人いた?」
     少年?
    「それは、いくつくらいまでですか?」
    「当時の君と同い年くらいだよ」
    「たぶん、いなかったと思います」
     みさきとちえりの他には、同年代の子供には出会わなかった。高校生くらいなら、他にも何人かいたような気がするけれど。
     八千代がじっと、オレの顔を覗き込む。
    「本当に?」
    「はい。はっきりとは覚えていませんが」
    「いいねぇ」
     彼は嬉しそうに笑う。
    「君、今、いくつ?」
    「21ですよ」
    「じゃあ最後の質問だ。12年前――9歳の時にも、クリスマ

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月2日/17時35分

    2014-08-02 17:35  



     八千代は約束の時間に、5分ほど遅れて現れた。
     彼は20代の後半ほどにみえる、背の高い男だった。細いストライプの入った、落ち着いた赤のジャケットを着崩している。顎の髭を少し残していて、胡散臭い芸術家のようにみえた。
    「やあ」
     と八千代は微笑んで、オレの向かいに座る。
     店員に向かって、「アイスオレね。氷はいらない」と注文した彼は、こちらに向かってにっこりと笑って名刺を差し出す。
    「次からはこっちに連絡してね。家にはさ、滅多に帰らないから」
     オレはその名刺を受け取って、眺める。
     八千代雄吾。携帯電話の番号とメールアドレスが併記されている。会社名や住所はなかった。
     気になったのは、その肩書きだ。――旅先案内人。
    「ガイドなんですか?」
    「ああ。そう思ってもらっていい。オレはね、君たちの知らない場所を案内するのが仕事なんだ」
     八千代の仕事は、別にどうでもよかった。でも、少しでも

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月2日/17時20分

    2014-08-02 17:20  



     八千代が待ち合わせに指定したのは、ちょうど駅と駅の中間ほどの落ち着いた一画にある、品の良いカフェだった。店の前にはオープンテラスもあったけれど、夏の陽射しが強く、そこに座ろうという気にはなれなかった。
     店内にはレコードの、レトロな音が流れていた。曲名はわからなかったが、心地のよい音楽だ。
     オレがその店に入ったのは、待ち合わせの時刻の10分ほど前だった。店内をざっと見回しても、ひとりきりの男性客はいない。きっと八千代はまだなのだろう。
     オレは空いていた席に座り、アイスコーヒーを注文する。
     それから、ポケットに入れていた2台のスマートフォンを取り出した。一方は自分のもの。もう一方はソルのスマートフォンだ。この数日、ソルのスマートフォンはずっと「圏外」だが、手放すわけにもいかない。
     まず自分のスマートフォンに届いていた、友人からのメールを確認する。飲み会への誘いだ。みさきの誘拐

    記事を読む»