• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

<ビュロ菊だより>No.126「狼たち。+」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<ビュロ菊だより>No.126「狼たち。+」

2017-04-05 10:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    <イン・ダ・ステュディオ>


     昔は私もフィフティのように、イン・ダ・クラブだったのである。オン・ダ・フロアだった時もある。いつでもそこは、人が溢れていた。近田春夫の「金曜日の天使」のような、ガラガラの場末のディスコなんて経験した事が無い。最近は、あれは近田さんの空想だったのではないかと思っている。しかし、それが53にもなるとイン・ダ・ステュディオ、しかもイン・ダ・ステュディオアローンになるとは。有識者が見れば、楽譜が1曲は坂本龍一の、もう1曲はダフトパンク楽曲だという事が解るであろう。クラブに毎日、用事があった様に、ディスコのフロアにさえ、毎日用事があった様に、現在私は、毎晩、火急の用事がステュディオにあるのである。たった1人なのにも関わらずだ。

    b9592955840cf66bf3cb87c2c1ea8a4b0ce68195

    14752a92951216c75397ab713db1cd61d59205a2

    dd03766581057ed98006b45b4d0f889df980d353

    5a4df477a75cabe3c36486e9f70c58b1f7d8b828

    c1fe8daa37399be168a018ea9ce30bb4aa0852b5

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。