• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

新日本プロレスのMSG侵攻は「WWE一強独裁」に何をもたらすのか■斎藤文彦INTERVIEWS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新日本プロレスのMSG侵攻は「WWE一強独裁」に何をもたらすのか■斎藤文彦INTERVIEWS

2018-09-22 09:45
    b4c4a4e991da7666f97fd31a0cbdc9b8ca0c398b
    80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト斎藤文彦氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます! 今回のテーマは「新日本プロレスのMSG侵攻はWWE一強独裁に何をもたらすのか」です! 



    【関連記事】

    ・米インディプロレスの記念碑的祭典『ALL IN』で起きたこと

    ・新日本プロレスのニューヨーク侵攻!! ROHの証言


    Dropkick「斎藤文彦INTERVIEWS」バックナンバー

    ■怪物ブロック・レスナーを通して見えてくる「プロレスの作り方」

    ■追悼・マサ斎藤さん……献杯はカクテル「SAITO」で


    ■皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に

    ■ジャイアント馬場夫人と親友サンマルチノ、2人の死――

    ■ベルトに届かず…されど「世界に届いた中邑真輔」のレッスルマニアを語ろう 

    ■ステファニー・マクマホン、幻想と現実の境界線がない生活

    ■ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括

    ■アメリカンドリーム、ゴールダスト、コーディ……ローデス親子それぞれの物語

    ■ジェリコvsケニー実現で考える「アメリカから見たプロレスの国ニッポン」


    旭日双光章受賞!! 白覆面の魔王ザ・デストロイヤー

    ■みんなが愛した美人マネージャー、エリザベス!

    ■職業は世界チャンピオン! リック・フレアー!!

    ■怪死、自殺、大事故……呪われた鉄の爪エリック一家の悲劇

    ■ミスターTからメイウェザーまで! WWEをメジャー化させたセレブリティマッチ

    ■馬場、猪木から中邑真輔まで!「WWEと日本人プロレスラー」

    ■WWEの最高傑作ジ・アンダーテイカー、リングを去る

    ■『1984年のUWF』はサイテーの本!
    ■伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』 

    ■「現場監督」長州力と取材拒否

    ■ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツ…ヘビに人生を飲み込まれなかった男


    ■追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑

    ■ドナルド・トランプを“怪物”にしたのはビンス・マクマホンなのか




    ――
    来年2019年4月6日に新日本プロレスとROHの連合軍が、WWEの本拠地マディソン・スクウェア・ガーデン(以下MSG)で合同イベントを行います。つい先日にはCodyとヤング・バックス兄弟が『ALL IN』という非WWEのスーパーイベントを成功させました。アメリカのプロレス界ではいったい何が起ころうとしてるんでしょうか?

    フミ まず『ALL IN』のほうから説明すると、これはCodyとヤング・バックスの3人が中心となってプロデュースしたイベントで、1年がかりで準備したものなんです。ROHや新日本プロレスなど、NON WWEの選手たちが出場しました。

    ――
    定期的に興行を行なう団体ではなく、単発のイベントだったんですね。

    フミ
     場所はシカゴのシアーズ・センター・アリーナ。収容人数は1万人。開催するのは東海岸に強いROHでもない。このような単発のイベントが1万人の観客を動員できるかどうかというところから始まったんですが、なんと大成功させてしまったんですね。 

    ――
    成功の要因はなんだったんでしょうか?

    フミ
     『ALL IN』は団体ではありませんが、いつの時代もオルタナは存在していました。90年代のECW、00年代のTNA(現インパクト・レスリング)などもそうですが、『ALL IN』との違いを言えば、かつてのアメリカではPPVビジネスが成立しなければ、プロレス団体の運営・経営は成功できない仕組みだったんです。

    ――
    興行のあらゆる収入手段の中で最も効果的なのはPPVだったんですね。

    フミ
     ただし、団体側がPPVをやろうとすると、ケーブルカンパニーやPPVプロバイダーと視聴契約料のパーセンテージ配分などのビジネスをしないといけません。ファンもPPVを見るためにはケーブルテレビと契約したり、チューナーも必要になってくる。ひと手間もふた手間かかるわけです。 ところが2010年代も終わりに近づく現在では、インターネットの動画配信という新しいかたちでスマホやパソコンでアメリカどころか世界中のプロレスが見ることができるテクノロジーが完成していますよね。これまではアメリカからは見ることもできなかった日本のプロレスがライブで楽しめる時代になった。そういった環境の変化も後押ししたことで、『ALL IN』は大成功を収めたと言えるんですね。 

    ――
    『ALL IN』を見ている日本のファンもいましたね。

    フミ
     『ALL IN』成功の理由はもうひとつ。やっぱりWWEのプロレスだけは満足できないマニア層はいつの時代も存在するんですよ。

    ――
    どのジャンルにもメインストリーム以外の刺激を求めるファンはいますね。

    フミ
     『ALL IN』に集まった1万人の観客は、大都会シカゴだけの1万人ではなく、アメリカ全土からの密航者がシカゴに集まってきたんです。それほどWWE一強独裁体制にもの足りなさを感じているファンが多い。いまアメリカではROHやインパクトなどの団体が活動していますが、あくまでも形だけの自由競争社会。現実としてはWWEが市場を独占してるんですね。今回の『ALL IN』が巨大な点を打ったことはたしかで、この点が線になっていけば面白いことになっていくんですが……。 

    ――
    巨大な点を打ったどころでは、どうにもできないWWEの現状があるってことですか。

    いま入会すれば読める9月更新コンテンツ

    追悼、山本”KID”徳郁 米国からも押し寄せる悲しみの声/全日本プロレスの「うっかり八兵衛」が明かす全日本秘話/90年代を漂流した格闘家・本間聡ロングインタビュー/朝倉兄弟の兄ミクル……その「死と覚悟」を大沢ケンジが聞く/天心vs堀口をプロはこう見る! 「このタイミングは堀口くんにとってベストです」/レスリングオブザーバーのスターレーティングとは何か/「バトル・オブ・ロサンゼルス」にはプロレス界の未来が見える……ほか

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。