• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 69件
  • SE編集者の2020年公開映画、おすすめ3選。(SE編集者のコラム)

    2021-01-21 19:00 12時間前 
    100pt

    みなさま、遅まきながらあけましておめでとうございます。
    このコラム2回目の登場になります、ストレートエッジの編集Siriです。
    この記事が公開される1月21日は、双葉社さんから刊行されている雑誌「映画秘宝」の発売日なのですが、例年映画秘宝さんの新年1冊目はいろいろな映画通の方の意見をまとめた、年間の映画ベストテン企画をやっているんですよね。
    前回のコラムでは食い気を全面に出した内容でお贈りしましたが、わたくし映画も大好きでして、今回は映画秘宝さんの発売日に便乗して、2020年のSiri的ベスト映画についてちょっと語らせていただこうかと思います!

    ■邦画
    まずは、「日本人ならお茶漬けやろが!」(byラモス瑠偉)じゃなくて、
    日本人なら邦画やろが!ということで、昨年見た邦画の中でSiri的にピカイチだった作品をご紹介します。
     
  • どうして音楽を聞くだけで涙が出てくるのか?(SE編集者のコラム)

    2021-01-17 19:00  
    100pt
    どうもご無沙汰しております。
    「神様になった日」が完結してしまって悲しみの新人編集者、むぅ©︎です。
    みなさんはもうご覧になったでしょうか?

    「神様になった日」は原作・脚本を麻枝准さん、キャラクターデザイン原案をNa-Gaさんが手がける、昨年10月〜12月のクールで放送されたTVアニメです。
    麻枝准さんとNa-Gaさんはゲームメーカー「Key」に所属しており、本作はKey作品のひとつと言ってしまっても過言ではないでしょう。

    Key作品のファンは「鍵っ子」と呼ばれることもあり、かく言う私もそのひとりです。
    私が思うKey作品の魅力は、良質な「泣き」シナリオと質の高い音楽の融合です。
    「神様になった日」も例に漏れず、2話の「夏凪ぎ(piano ver.)」と9話の「夏凪ぎ」の流れるタイミングと演出に惚れ惚れして、何度となく見直してしまい、心動かされました。
    もしまだ未視聴の方がいらっしゃれば、ぜひともご視聴いただくことをオススメいたします!!
    さて、そこでですが今回は物語における音楽、とりわけ劇伴について書いてみようかと思います。
    ただ、最初に断っておきますが私は音楽に造詣が深いわけではありません。楽器の演奏をしたことはおろか譜面が読めるわけでもなく、作詞だってできません。
    じゃあ、そんな私が何を書くのか?
    「どうしてあの音楽を聞くだけで涙が出てくるのか?」
    そのことについて、ちょっと考えてみようと思います。
     
  • 【1月新刊】ストレートエッジが編集したライトノベルのご紹介

    2021-01-09 13:00  
    あけましておめでとうございます!
    今年も「三木一馬と石飛恵里花のラノベは人生!」ブロマガをご覧いただきありがとうございます!
    こちらではストレートエッジが制作に携わったライトノベルのご紹介をさせていただきたいと思います。
    弊社の1月新刊ライトノベルはコチラ!!↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    (1) 

    新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち

    著者:佐島勤 イラスト:石田可奈
    電撃文庫


    魔法、青春、そして恋! 魔法科高校に、新世代の風が吹き抜ける!

     伝説の魔法師・司波達也とその妹・深雪が卒業して一年。魔法科高校に二人の少女が入学する。
     十文字アリサと遠上茉莉花。
     幼少から本当の姉妹のように育てられてきたが、「とある」事情で二年前からアリサは魔法師の名家、十文字家に預けられていた。彼女たちは、第一高校に入学したことで久しぶりの再会を果たす。
     無邪気で無防備なアリサと茉莉花。
     魔法の勉
  • こんなゲームを遊びました『Outer Wilds』(SE編集者のコラム)

    2021-01-07 19:00  
    100pt

    早いものでリレーコラムの担当も2回目ですね、平和です。
    前回はライトノベルのオススメ紹介でしたが、今回は趣向を変えて最近面白かったゲームの話をしたいと思います。たださすがに紹介するだけだと申し訳ないので、この作品について、編集者的にどう感じたか、というところも書いてみようかな、と。

    紹介したい作品は宇宙を冒険・探索するゲーム『Outer Wilds』です。自分が遊んだのはPC版ですが、PlayStation 4版などもあります。発売開始されたのは昨年なので、もうプレイ済みの方もそこそこいるかもしれません。自分も評判は耳にしていたのですが、遊んでみたのは今年の夏ごろでした。やってみて、確かに好評なのも頷ける面白さだと感じました。今年に入ってからも、権威ある賞でベストゲーム賞を受賞するなどしています。

    ネタバレにならない程度に内容を説明しますと、プレイヤーは異星人(さすがに体型は人型です
  • 今年の「積み」を数える(SE編集者のコラム)

    2020-12-31 19:00  
    100pt
    こんばんは!
    ストレートエッジ編集者のTMです。
    はやいもので2020年も終わりとなりましたが、
    みなさんにとってどんな一年でしたか?

    とはいっても、今年は一様にコロナウイルスに振り回された一年だったんじゃないでしょうか。
    学校が休みになったり会社がテレワークになったりといった影響が、日本だけでなく世界中があったわけですから、みなさんの生活にもなにかしらの変化があったかと思います。
    私自身もテレワーク中心になりましたが、なかなか慣れなくて早く元の生活に戻りたいなぁと思うことも多いです。

    ライトノベルはもちろん出版業界の受けた影響も大きくて、4~5月には刊行がずれ込む書籍や休業する書店もありましたね。残念なことに、廃刊となった雑誌や営業をやめてしまった出版社もちらほら。巣ごもり需要もあって、少しは回復しているということですが、なかなか厳しい状況が続いているいう話ばかりです。

    そんな暗い
  • 面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)#42

    2020-12-26 18:00  
    100pt
    ※この記事は2015年にKADOKAWAより発行された『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』と同じ内容のものです。http://amwbooks.asciimw.jp/sp/nandemo/ 
  • 年末年始は大変!?ライトノベルの『発売日』(平和のコラム)

    2020-12-25 19:00  
    100pt

    皆様、こんにちは。平和です。刊行を楽しみにしている作品があると、その発売日が待ち遠しいですよね。四回目のコラムでは、年末年始という時期であることも踏まえて「ライトノベルの発売日」について語ってみたいと思います。

    ライトノベルに限らず、本の発売日というのはややわかりにくい部分があります。「雑誌」という区分だと更に事情が違うのでひとまず除外しますが、それでも書籍を運ぶ流通プロセスの都合もあり、どうしても複雑になってしまうのです。

    大きく分類しますと「本が書店に到着するおおよその日=発売日」とするざっくり型の発売日と、「毎月この日に発売!」と決めて準備しておくきっちり型の発売日があります。それでは、現在の主なライトノベルレーベルではどうなっているでしょうか。
     
  • 面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)#41

    2020-12-25 18:00  
    100pt
    ※この記事は2015年にKADOKAWAより発行された『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』と同じ内容のものです。http://amwbooks.asciimw.jp/sp/nandemo/ 
  • ラブコメへのちょっとした一家言(SE編集者のコラム)

    2020-12-24 19:00  
    100pt

    皆様、こにゃにゃちは~です。ストレートエッジ編集者・はせさんじ が馳せ参じました。気がつけばいつの間にか年の瀬。師走の忙しなさに目を回しているうちに、もう年末ですよ。もーねんまつ。

    しかしながらその前に、毎年中止のお知らせがくる憎むべき例の日があります。
    そう。本記事が掲載されるのは、その前日の聖なる夜――。
    たった今、外にはカップルという名の爆発物で溢れていることでしょう。
    ぐぬぬ……。想像すると、妬ましさと虚しさで頭がいっぱいになります。
    当日、少なくとも私はそうなっているはず。悲しいですが……。
    でも大丈夫!
    そんなときは外出自粛!
    自宅のコタツでミカンを頬張りながら、ぬくぬくと過ごしましょう!
    そして、ラブコメを読みましょう! ラブコメ!
    可愛い女の子たちとのイチャラブにニヤニヤできて、
    可愛い女の子たちのほろ苦い恋愛模様に胸を打たれ、
    可愛い女の子たちとのドタバタ劇に笑って――
    リアルなんかよりよっぽど楽しいわい!!!(涙目)
    ……はい。半ばヤケになっていましたので一度落ち着きます。
    …………
    それでは気を取り直して、今回のテーマは、
    はせさんじ の「ラブコメへのちょっとした一家言」です!
    『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(伏見つかさ/著 電撃文庫)
    『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(渡航/著 ガガガ文庫)
    『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』(二丸修一/著 電撃文庫)
    『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(赤坂アカ/著 ヤングジャンプ・コミックス)
    『宇崎ちゃんは遊びたい!』(丈/著 ドラゴンコミックスエイジ)
    等々、ラブコメは作品名を出せば枚挙に暇がないほど、いまやオタクコンテンツにはなくてはならないジャンルです。
    そんなエンタメ界の大御所・ラブコメに触れるにあたって、私個人が意識しているポイントが2点ありますので、そちらを紹介させていただきます!
     
  • 年末進行ってナンダ? (SE編集者のコラム)

    2020-12-24 19:00  
    100pt

    ども、お久しぶりとなります。ストレートエッジ所属の編集者、ダキオさん@頑張らないです。2020年も残すところあとわずか。この記事が掲載される時期も結構年末の時期となる予定で、ブロマガ更新の担当から「年末進行でお願いします!」と言われております。なのでダキオさん@頑張らない、とても今回頑張りました。そしてブロマガのテーマも浮かびました。
    今回のテーマはズバリ「出版社の年末進行」です。
    この言葉を聞くと、冒頭の挨拶のように今年も終わりだな~と、ただ年の瀬を感じる編集者もいれば、一方で遂にこの季節が来てしまった……と絶望する編集者も存在します。同じ編集者なのに、両者に生じるこの大きな違い。その理由は、年末進行の時期に締め切りがあるか、無いかです。もちろん、日頃から締め切りを常に守れる優秀な編集者は「年末進行」の時期が来ても一切動揺しません。しかし、日頃から締め切りギリギリタイプの編集者は、地獄の進行が始まったと覚悟を決める時期でもあります。そし私は、後者のタイプの編集者でした(今でもそうかもしれない……)。
    このように、編集者(一部)を地獄に突き落とす、「年末進行」と何なのか。自身のこれまでの経験、そして自戒も込めて、簡潔に説明できればと思います。