• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 3件
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.20

    2017-02-20 09:00  
    1987年 国際サイクルロードレース
     この年、京都大会と東京大会を制したイタリアのジョヴァンニ・フィダンツァ選手が、総合優勝も手にしています。 フィダンツァ選手はこの年のツール・ド・ラブニールでも活躍し、'89年のジロ・デ・イタリアではポイント賞、ツール・ド・フランスの第20ステージで優勝しています。
    1987年 国際サイクルロードレース
     女子はフランスのコリンヌ・ル・ガル選手が京都大会で優勝を決め、総合優勝にも輝いています。 また京都大会では中国の魏 宏英選手、魯 素艶選手が2位、3位になっています。
    ■栗村コメント ジョヴァンニ・フィダンツァ選手といえば、あのマリオ・チッポリーニ選手に並ぶほどの伊達男レーサーでしたね!女性ファンは是非 "Giovanni Fidanza" で画像検索してみてください! あっ、最近のかなりお太りになられた画像もでてくるので注意してください……。
    ■「
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.19

    2017-02-19 09:00  
    1987年 国際サイクルロードレース
     写真の自転車はおそらく「Peugeot PY-10FC」。 PEUGEOTは1882年に「Cycles Peugeot」という子会社を作り、自転車製造を手がけています。 1905年に行われた第3回のツール・ド・フランスを優勝したルイ・トゥルスリエをサポートしていたのもPEUGEOTです。 このPY-10FCは当時の最新技術としてチューブにカーボンファイバーを導入し劇的な軽量化を達成しています。
    ■栗村コメント 懐かしい!プジョーのカーボンバイク! 現在でこそレース用のフレームはほぼ100%カーボンとなっていますが、この時代のカーボンフレームはかなり最先端をいっていました。 逆に言うと完成度はまだまだであり、接着箇所がスポッと抜けてしまうトラブルなどもチラホラ。また、フレーム強度もあまり高くなく、人によってはフニャフニャという表現でインプレッションし
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.18

    2017-02-18 09:00  
    1987年 国際サイクルロードレース
     '87年の写真は京都のものが残っています。 これまで東京と大阪の2大会が毎年行われていましたが、この年から3大会になり、京都が選ばれています。  資料によると、北桑田郡美山町長尾をスタート、町内コース(11.2km)を周回と書かれています。このコースは京都国体のコースと同じだったようです。
     ちなみにツール・ド・北海道はこの年から開催され、資料には「日本初のステージレース」と書かれています。5日間469.8kmのレースが行われたそうです。
    ■栗村コメント でました!国際サイクルロードレース京都大会! ウィーラースクールを全国で展開しているブラッキー中島さんが本拠地を構えているあの美山町です。 現在も、京都美山サイクルロードレースとしてほぼ同様のコースでレースが開催されており、昨年30回目の開催を迎えた伝統のサイクルイベントとなっています。
    ■「NEX