• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.94

    2017-05-08 09:00  
    2009年 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ
    2009年 第13回ツアー・オブ・ジャパンの成績は下記のものになります。 [個人総合時間賞] 1位 セルヒオ・パルディーヤ(カルミオーロ・Aスタイル) 2位 ゴン・ヒョソク(ソウルサイクリング) 3位 ドミトリー・フォフォノフ(カザフスタンナショナルチーム) [個人総合ポイント賞] 1位 リー・ハワード(チームAIS) [個人総合山岳賞] 1位 マティア・クバシナ(アミーカチップス・クナウフ) [団体総合時間賞] 1位 カザフスタンナショナルチーム
    ■栗村コメント前年総合7位に終わった韓国のゴン・ヒョソク選手が総合2位でフィニッシュしていますね。ちなみにゴン・ヒョソク選手の富士山ステージのタイムは40分50秒で、歴代日本人選手のベストタイムを大きく上回っています。翌2010年のツール・ド・ランカウイでも総合2位となり、アジア最高レベルの
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.93

    2017-05-07 09:00  
    2009年 ツアー・オブ・ジャパン 南信州ステージ
    序盤、数人の選手がアタックをかけては捕まるという展開でしたが、4周目に飛び出したジャック・ボブリッジ選手(チームAIS)とマティア・クバシナ選手(アミーカチップス・クナウフ)がアタック成功。一時、後続集団との差を5分まで広げます。 2人は最終周回まで逃げ続けましたが、後続集団よりドミトリー・フォフォノフ選手(カザフスタンナショナルチーム)、セルヒオ・パルディーヤ選手(カルミオーロ・Aスタイル)が2人に合流し、後続から差を保ちながら最期はゴールスプリント。スプリント勝負を制したのは逃げ続けたボブリッジ選手でした。 フィニッシュ後、ボブリッジ選手は「4周目に集団から2人で飛び出した後、『お互い一緒に戦おう』と言葉を交わし協力して走った。最終周回では追いつかれて4人になったけれど、その後は下りだけだったので回復できた。」とコメントしています。
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.92

    2017-05-06 09:00  
    2009年 ツアー・オブ・ジャパンアミーカチップス・クナウフエースナンバーをつけるのは宮澤崇史選手
    ■2009年の参加チーム [海外チーム] アミーカチップス・クナウフ(サンマリノ) カルミオーロ・Aスタイル(イタリア) チームAIS(オーストラリア) ソウルサイクリング(韓国) カザフスタンナショナルチーム ホンコンチャイナチーム マレーシアナショナルチーム [国内チーム] 愛三工業 宇都宮ブリッツェン EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン マトリックスパワータグ シマノレーシング ブリヂストン・アンカー NIPPO・コルナゴ パールイズミ・スミタ・ラバネロ コムレイド・ジャイアント
    ■栗村コメント2009年といえば宇都宮ブリッツェン発足の年ですね。初代メンバーが初々しいです。監督は現サイクルスポーツマネージメント社社長の柿沼章氏。デビューイヤーの成績は厳しく完走は廣瀬キャプテンと清水
  • NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.91

    2017-05-05 09:00  
    2009年 ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージこの年の堺ステージは1周2.7kmの新コースで開催されました。
    今回からは2009年の第13回大会になります。 ■日程 5.17(日)大阪ステージ 大仙公園周回コース 102.6km 5.18(月)奈良ステージ 東大寺大仏殿前 → 布目ダム周回コース 121.2km 5.19(火)美濃ステージ 旧今井家住宅 → 横越 → 美濃和紙の里会館前周回コース 164.7km 5.20(水)南信州ステージ 飯田駅 → 下久堅周回コース → 松尾総合運動場前 148.0km 5.22(金)富士山ステージ ふじあざみライン入口 → 富士山須走口5合目 11.40km 5.23(土)伊豆ステージ 修善寺駅 → 日本CSC周回コース 96.0km 5.24(日)東京ステージ 日比谷シティ前 → 大井埠頭周回コース 112.7km
    ■栗村コメント伝統の大阪ステージ