• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【無料公開】修斗初代王者/仮面シューター・スーパーライダー 渡部優一「東映の許可? 取ってますよ(笑)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【無料公開】修斗初代王者/仮面シューター・スーパーライダー 渡部優一「東映の許可? 取ってますよ(笑)」

2016-07-06 16:55
    edcf9a5bc91ff22ce35820ff4efa38ade24aeffc
    格闘技では修斗初代ウェルター級王者、プロレスでは「仮面シューター・スーパーライダー」、高校のレスリング部では三沢光晴と同期の桜……どこを切っても濃厚な格闘技人生を送ってきた渡部優一氏のロングインタビュー! 18000字で佐山サトル、三沢光晴、高野拳磁を語りつくします!





    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉
    非会員でも購入できる大好評インタビュー詰め合わせセット! par29は大好評インタビュー11、コラム10本、13万字オーバー540円!!(税込み)  試し読みも可能です!

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1059317


    ■W☆ING! PWC! FMW! 天龍源一郎の付き人逸話も最高!
    知っているようで知らない保坂秀樹ロングインタビュー
    「朝4時にジョージさんと空き地で極めっこをやらされるんです」


    中村祥之インタビュー④
    破壊王・橋本真也の死――不倫とゼロワン崩壊
    冬木さんの奥さんと巡ってマスコミの人間が揉めてるんです。最終的には橋本さんがそういう仲になっちゃったから、その3人からすれば橋本さんは敵になっちゃって」


    ■「斎藤文彦INTERVIEWS③」
    なぜ、どうして――? クリス・ベンワーの栄光と最期
    「アメリカでは、殺人鬼と化したクリス・ベンワーという言説はいまだにとかれていないんです。それ以上の議論がないんですよ……」


    小佐野景浩のプロレス歴史発見
    レスラーの野心が謎を生み出す……SWSに狂わされた男たち!


    ■事情通Zの「プロレス点と線
    ・新日本プロレスはなぜ青木真也をスルーしたのか
    飯伏幸太はIGFから逃げたのか
    ブロック・レスナーUFC電撃参戦!

    金原弘光のゼロゼロ年代クロニクル⑪
    現代から見るアントニオ猪木vsモハメド・アリ/道場のポリスマンの実態に迫る

    BABYMETALが「WWE/NXT」の大会テーマ曲に! プロレスとヘビーメタルの相性とは?


    ■ジム戦国時代!  格闘技ジムはどうあるべきか/大沢ケンジ

    ■ONE世界王座奪取! 内藤のび太「噛ませ犬なのに空気読めよって思ってますよね……」


    ■オマスキファイトのMMA Unleashed
    「リコシェ vs. オスプレイ」は”ストーリー”を語っていたか
    マーク・ハントの壮絶人生「BORN TO FIGHT」
    レスナー参戦スクープのドタバタ劇! 米国スターMMA記者残酷物語
    「マクレガー vs メイウェザー」噂の真相
    ・ジェイソン・“メイヘム”・ミラーはダメになってしまったのか


    二階堂綾乃のオールラウンダーAYANO
    目指せTJディラショー! サウスポーとオーソドックスの両刀使いに挑戦!? /
    猫が柔術をやったらきっと強いはず


    MMAオレンジ色の手帳
    グルメからの格闘技ジム選び!ジム飯2016開幕戦/MMAファッション通信2016〜延長ラウンド〜


    中井祐樹の「東奔西走日記」

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1059317
    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉






    ――渡部さんといえば、修斗初代ウェルター級王者にして、仮面シューター・スーパーライダーとしてプロレスの活動もされてます。90年代の修斗方面ってプロレスを徹底的に嫌っていたので、凄く不思議な存在だなあと思っていたんです(笑)。

    渡部 あー、なるほど(笑)。そこの経緯もすべてお話しますよ。

    ――よろしくお願いします! まず伺いたいのは、仮面シューター・スーパーライダーは、仮面ライダーの著作権を持つ東映から許可をどうやって取ったのか? ということなんですけど(笑)。

    渡部 わかりました(笑)。最初はホッパーキングを名乗ってたんですけど、そのときは無許可ですね(笑)。

    ――ハハハハハハハハハハ!

    渡部 ボクは仮面ライダーは好きだったんですけど、使ったら絶対にヤバイとはわかってたんですよ。ライダーってバッタじゃないですか。トノサマバッタって英語でなんて言うのか調べたら「キンググラスホッパー」。そこからいろいろと言葉をいじってるうちにホッパーキングを思いついて。あとになって東映の人から聞いたんですけど、仮面ライダーの原作は「仮面ライダー ホッパーキング」だったらしいですけど。

    ――東映からはどの時点でクレームがきたんですか?

    渡部 ホッパーキングのときは来なかったんですよ。あるプロレスショップが「マスクを売る興行をやりたい」と。「ホッパーさんのマスクは仮面ライダーみたいでカッコイイからよく売れる。名前をスーパーライダーにして売りましょう」という話をされたんです。でも、それはさすがにマズいと思ったんですよね。

    ――まあ、完全にアウトですね(笑)。

    渡部 プロレスショップが言うには「仮面ライダーは仮面ライダー、スーパーライダーはスーパーライダー、問題ないでしょ!」と。

    ――いやいや、問題オオアリですよ!(笑)。

    渡部 実際にスーパーライダーでやってみたら、東映さんから抗議の電話があって(笑)。

    ――ハハハハハハハハハハ! そりゃそうですよ!

    渡部 プロレスショップの社長と東映さんに謝りに行きました。もう凄く怒られると思ったんですよ。そうしたら「そういうことをやるのも、仮面ライダーが好きでやってることですから今回は不問にしましょう」と。

    ――東映、ビッグハート!

    渡部 「ライダーという名前を使う以上は正式に許可がないといけない。どうするんですか、今後も続けるんですか?」と。ボクが「できるなら使いたいです」と答えたら「わかりました。じゃあ社内で検討します!」と。

    ――……? ええええ!! 

    渡部 しばらくしたら東映さんから電話があって「いいお返事ができそうです。近いうちに会社に来てください」と。

    ――うわあ! それ、何かの罠と思っちゃいますよ!(笑)。

    渡部 その話を聞いた佐山(サトル)先生が「俺も一緒に行ってやる!」と。

    ――仮面ライダーの話し合いにタイガーマスクが参戦ですか!!

    渡部 佐山先生が訪問したら東映さんのほうが恐縮しちゃって(笑)。

    ――「タイガーマスクがやってきたぞ!」(笑)。

    渡部 佐山先生が「このたびはウチの弟子がもうしわけありませんでした!」と頭を下げてくださって。東映の担当者も「あの佐山さんのお弟子さんですし、ちゃんとした方なので仮面ライダーを使うのは問題ないという話になりました」と。東映さんからお金は何も請求されていないですよね。

    ――東映、すげええええ! そこから「仮面シューター・スーパーライダー」を公式に名乗れることになったんですね。

    渡部 怪我の功名というか、勝手にやったことで怒りを買って。謝りに行ったら寛大な態度で接してくれて。東映はヤクザ映画を作ってたから怖いのかなって思ってたんですけど(笑)。

    ――佐山先生が東映に乗り込む! というのもいい話ですね(笑)。

    渡部 先生も何かあるとすぐに動いてくれるんですよ。格闘家としては佐山先生が師匠なんですけど、スーパーライダーをあそこまでプロデューしてくれたのは高野拳磁さんなんですよ。

    ――ええええええ!? そういえばスーパーライダーはPWCに出てましたけど……。最近の記事に高野兄弟の話題がよく出てるんです(笑)。

    渡部 ああ、そうなんですか。ボクが拳磁さんと仲良くしていた頃、あの兄弟のあいだに付き合いはなかったみたいですね。ボクはジョージ(高野)さんとも繋がりはあったんですけど。

    ――ジョージさんとも! 意外な交友関係ですね(笑)。

    渡部 FSRでしったけ? ジョージさんが北海道でやっていたプロレス団体。そこにスーパーライダーとして呼ばれて行きましたね。そのときの試合はコレだったんですよ(シュートサインをしながら)。

    ――ファッ!? 

    渡部 ボクはFSRの若手との試合だったんです。試合前にジョージさんがやってきて「今日はコレでお願いします」って。

    ――試合前に!

    渡部 「まあ適当にあしらってもらってかまわないんで」って。

    ――渡部さんは受けたんですか?

    渡部 はい(あっさりと)。15秒くらいで終わっちゃいましたけど。ローキックをやって倒れたところで首を極めたら……ちゃんと極まってなかったんですけど、ギブアップして。

    ――試合前にそんなオファーをされて、平気で受けちゃう渡部さんも凄いですね……。

    渡部 あの頃は格闘技の試合はやってなかったですけど、ちゃんと練習はしてたから。何度もジョージさんに確認しましたよ。「ホントにいいんですか?」って。ジョージさんは「いいよ、いいよ」と。でも、あっという間に終わらせたら、試合後に「これはちょっと早すぎるなあ……もう少し持たせてくれても」って言われて(笑)。

    ――ハハハハハハハハハハ!

    渡部 いくら相手が若手であっても、コレの試合で持たせるってことは難しいですからね。

    ――あの仮面を被ってそんな試合をやるのも凄いですけど(笑)。

    渡部 やってるときは意識してないですけど。あとから考えると視界は悪くなるし、呼吸もキツイですよね。変身すると弱くなるのはどうなの?って(笑)。何があるかわからないから負けたら大変なことになっちゃうし、こっちのほうがプレッシャーがありますよ。

    ――のちに中井祐樹、宇野薫、五味隆典、川尻達也がその腰にベルトを巻く修斗ウェルター級の初代王者ですからね(笑)。

    渡部 その若手は、あんまりにも早く終わったことでリング上で泣いてたんですよ。だからボクはマイクで「ライオンはウサギを捕まえるにも全力を尽くす。キミに全力でぶつかっていったのは敬意の表れだ。これからも頑張ってくれ!」と言ったら、若手は泣きながら「ありがとうございましたっ!」って。

    ――そういう試合でもギャラは同じなんですよね。

    渡部 変わらないですね。

    ――それで受けて立つって(笑)。

    渡部 急に言われても、負けることはそんなにないだろう、と。自分が持っている力を全部出せれば、勝つというより負けることはないだろうって。あのときコレだったのはボクだけでしたけど、まあそんなにあることではないですよ。

    ――試合途中で不穏になることもあったんですか?

    渡部 ありましたねぇ。なんだっけ、外国人との試合。メキシコ人だったかな。なんかナメたポーズしてきたんで、ボクも若かったんで首投げでぶん投げて蹴っ飛ばしてやったら大人しくなりましたけど。

    ――はあ(笑)。

    渡部 メキシコでなんか格闘技をやってみたいで。試合後に周りがボクのことを説明してあげたそうですけど。

    ――「アイツは総合格闘技のチャンピオンだぞ!」と(笑)。

    渡部 被ってるマスクがマスクだから、ナメていたのかもしれませんね

    ――あー、そうかもしれないですね(笑)。高野拳磁さんの話はのちほどたっぷりとうかがうとして、プロレスの活動をするくらいですから、渡部さんは子供の頃からプロレスファンだったんですか?

    渡部 猪木さんのファンでした。猪木さんがジョニー・パワーズに勝ってNWFのチャンピオンになって、そのあと異種格闘技戦を始めますよね。ボクが小・中学生の頃でしたけど。

    ――高校時代にレスリング部に入られたのもその影響なんですか?

    渡部 いや、レスリング部に入ったのは、地元・大田出身の高田裕司さんの活躍があったからですね。高田さんがロス五輪で金メダルを獲った中継を見てたんですけど、メチャクチャ強かったんですよ。

    ――高田さんに憧れれレスリングを始めたんですね。

    渡部 ボクのオヤジは柔道をやってたこともあって、真似事で柔道をやってたんですけど。身体が小さいのでどうも柔道は好きになれなかったんですよね。で、高田さんの活躍を見て面白そうだからレスリングをやってみたくなったんです。そうしたら地元の足工大附属高校のレスリング部がちょうどインターハイで優勝して。オヤジも地元のレスリング関係者を知っていたこともあって、それで足工大付属でレスリングをやることになったんです。

    ――そのレスリング部の同期が三沢(光晴)さんなんですよね。

    渡部 はい。ボクがキャプテンで、彼が副キャプテンで。1年生のときからずっと寮生活を送ってましたね。三沢は栃木出身じゃないんですけど、ボクらが3年生のときにちょうど栃木で国体が開かれることになってたんです。そのために全国から有望な選手を集めてたんですよね。

    ――それで三沢さんも越境入学してきたんですね。

    渡部 三沢は埼玉の越谷でしょ。普通だったらわざわざ栃木に来ない。三沢は中学を卒業したらプロレスラーになりたかったんだけど、学校の先生が「とりあえず高校は行きなさい」と。

    ――「とりあえず高校は行け」は“プロレスあるある”ですね(笑)。

    渡部 学校の先生もレスリングの強い学校を探してあげて、当時日本一だった足工大付属に三沢も行くことになったみたいで。彼の家は母子家庭だったので「母親を楽させてあげたい」っていう話をよくしてましたね。

    ――渡部さんは地元なのに寮生活だったんですか?

    渡部 そうです。朝6時から練習なので、なかなか通いは大変ですよね。

    ――朝6時! 日本一だけあって練習はハードだったんですよね。

    渡部 まあキ◯◯イですよね(笑)。日本一強い学校と聞いていたから、ある程度覚悟はできてましたけど、まあ凄かったんですねぇ。

    ――どんなスケジュールだったんですか?

    渡部 朝6時から2時間練習、学校に行って昼にご飯を食べて休んだらウエイトやランニング。午後は4時から8時まで練習。スパーリングは20分1ラウンドなんですけど、1本で終わると怒られるんですよ。普通で2連チャン、3連チャン。ボクが3年のときは5連チャンでやってましたね(笑)。

    ――凄いスタミナですね。

    渡部 当時のレスリングは3分3ラウンド。そういう練習をしていたから、後半に相手がバテてきてから巻き返す戦い方でしたね。

    ――休日はないんですか?

    渡部 日曜日は朝練が休みですけど、9時から12時まで練習して。元旦と1月2日は休みかな。大晦日に朝練やったあと、地元の神社に行って、250段くらいある階段を5往復やって解散するんですけど。これだけ練習すれば誰だって強くなるんじゃないかって。厳しい練習にガマンできれば、の話ですけど。結局、レスリング部は3分の1しか残らなかったですからね。

    ――三沢さんも残ったんですね。

    渡部 彼は必死こいてやるという感じじゃなくて、黙々とこなしてましたね。もともと体力はありましたから。

    ――三沢さんは当時からプロレスラー志望を口にしてたんですか?

    渡部 はい。1年生のときに全日本プロレス道場に入門をお願いに行ってましたからね。

    ――ジャンボ鶴田さんに「卒業してから来なさい」って追い返されたんですよね。

    渡部 そうです(笑)。あのときの三沢は朝練が終わってから東京に行ったのかな。もしくは朝練に出ないで行ったのか。どっちかなんですけど、監督やコーチたちが「三沢はどこに行ったんだ!?」って大騒ぎになったんですよ。学校にも来てなかったから。

    ――渡部さんは三沢さんが全日本の道場に行ったことを知ってたんですよね?

    渡部 三沢から聞いていたけど「言っちゃいけない」と思ってたから「朝起きたら三沢がいなくなってた」ということにしてたのかな。夜になって三沢が戻ってきて、監督やコーチとどういう話をしたのかはわからないですけど。三沢が寮に戻ってきて「どうだった?」って聞いたら「鶴田さんに会ってきてさ……卒業したらいう約束してきたから大丈夫だ」と言ってましたね。実際三沢は高校卒業後に全日本に入門するんですけど。やっぱり三沢は体力もあったし、ボクなんかよりも全然強かったですからね。

    ――でも、キャプテンは渡部さんなんですよね?

    渡部 キャプテンは監督が選ぶんです。

    ――渡部さんのほうが統率力があったんですか?

    渡部 いや、統率力も三沢のほうがありましたね(笑)。走るのはボクのほうが早かったんですよ。朝練で走るときはキャプテンのペースに合わせて走るでしょ。そうすると早い人間が先頭に立ったほうが後ろの人間も必死こいて走るので、伝統的に走るのが早い人間がキャプテンになって。

    ――そういう理由なんですか。

    渡部 統率力や人格は三沢のほうがあったと思います(笑)。ボクも三沢に何度か注意されましたからね。「後輩をイジメるな!」とか。ボクらも下級生のときには凄くイジメられていたんですよ。だからイジメたという認識はないんですけど……伝統的なものというか。

    ――いわゆる“かわいがり”や“しごき”ってやつですね。

    渡部 そうしたら三沢が「自分たちがやられたからやるという考え方だと、いつまで経っても終わらないんだぞ!」と。

    ――三沢さんって親分肌ですよね。

    渡部 そうです、そうです。絶対にイメジないですし、逆に止めるくらいです。俺らが下級生に何かやってると「やめろよ!」と。 

    ――でも、三沢さんはレスリング部の1年後輩だった川田(利明)さんには厳しい印象がありましたけど……(笑)。

    渡部 ああ、川田もプロレスラーになりたかったでしょ? 三沢からすれば「俺は筋金入りのプロレスファンだけど、おまえは違う!!」という感じでしたね(笑)。

    ――ハハハハハハハハハハ! その感情が四天王プロレスにまで繋がってるんですかね(笑)。

    渡部 三沢は三沢でプライドはあったんじゃないですか。「俺のプロレスラーになりたいと、おまえのプロレスラーは違う!」みたいな印象は受けました(笑)。でも、川田は三沢のことは大好きだったし、よく2人でプロレスごっこみたいなことをやってましたねぇ……(なつかしそうに)。

    ――貴重な光景を見られたんですね。

    渡部 考えてみれば、よく2人ともトップレスラーになりましたよね。



    「初期シューティング、地獄の合宿の実態」
    「仮面シューターは高野拳磁のプロデュースだった!」
    「伝説のシュートマッチ? スーパー宇宙パワーvs仮面シューターの裏側」
    三沢光晴の最後」……を語る後編はコチラ!
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1062869




    Dropkickメルマガロングインタビューの一覧表。
    試し読みもできます! 名前をクリックすると記事に飛びます!

    【昭和プロレス】

    桜田一男
    喧嘩日本一見参! ケンドー・ナガサキ「SWSは全部で99億円使った」 

    ミスター高橋with田山正雄
    レフェリーの魔術「試合はこうして壊れていく――」 

    平田淳嗣
    おまえ平田だろ!「スーパーストロングなプロレス人生」 

    新倉史祐
    道場破りから前田日明vsルスカまで……「俺が見た昭和・新日本プロレス伝説」 

    康芳夫
    世紀の呼び屋「猪木vs人喰い大統領アミンはぜひやりたかったね」 

    猪木快守
    猪木一族の事業欲とは何か? 



    【新日本プロレス系】

    草間政一
    私が戦った暗黒・新日本プロレス 

    永島勝司
    アントニオ猪木と北朝鮮 

    田中ケロ
    ケロちゃんの新日本プロレス伝説 


    西村修
    「独裁者・長州力に逆らうってエネルギーが必要なんです」 


    中村祥之インタビュー
    負けたら即引退試合SP、過激な舞台裏「新日本プロレスはあのとき橋本真也がいらなかったんです」 

    中村祥之インタビュー
    ZERO-ONE激動の旗揚げ 

    中村祥之インタビュー
    破壊王・橋本真也の死――不倫とゼロワン崩壊



    高岩竜一
    「90年代ハチャメチャ新日本プロレスと俺が愛した橋本真也」 


    村上和成
    平成のテロリスト・村上和成――格闘家が挑んだ命懸けのプロレス道!! 


    高岩竜一×田山レフェリー
    理不尽とは何か? 90年代新日本プロレス居酒屋トーク 


    田口隆祐
    将棋を語る 

    岡倫之
    ブシロードクラブの怪物「プロレスラーが世界最強であることを証明します!」 



    斎藤文彦INTERVIEWS】

    プロレス史上最大の裏切り「モントリオール事件」■ 


    オペラ座の怪人スティング、「プロレスの歴史」に舞い戻る 


    なぜ、どうして――? クリス・ベンワーの栄光と最期



    【90年代インディ】

    上田勝次

    FMWを支えたキックボクサー「アイツが死んで以来、ヒジは使ってないよ…」 


    金村キンタロー
    理不尽小僧「インディで年収1500万……一銭も残ってないです!」 


    ウルトラマンロビン
    「あんなにネットで叩かれたら普通は自殺しますよ!」 

    髙田龍・前編
    90年代インディの夢と地獄…レッスル夢ファクトリーとは何だったのか? 

    髙田龍・後編
    男たちのプロレス屋形船…友情とカネが砕け散ったWJ 


    保坂秀樹インタビュー
    「朝4時にジョージさんと空き地で極めっこをやらされるんです」



    【全日本プロレス】

    更級四郎

    “Uと馬場”を支えた黒衣の絵描き 

    更級四郎×ターザン山本
    G馬場ブレーンの語らい――全日本プロレスが再生した日 

    北原光騎
    男が男に惚れる天龍劇場「俺にとって天龍さんは“神様”だよ」 


    倉持隆夫
    元・全日本プロレス中継アナウンサー「作られたスポーツを実況するということ」 


    ウォーリー山口
    プロレスなんでも屋「ジャイアント馬場と竹内宏介、ふたつのG魂」 


    安西伸一×小佐野景浩
    天龍源一郎が生きた時代~『週プロ』と『ゴング』の天龍番対談~ 


    【90年代格闘技】

    木村浩一郎

    90年代・灰色の狂気――「FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」 

    中井祐樹
    「ボクシングができるアントニオ猪木が理想でした」 

    朝日昇
    “奇人”が語る「本当に恐ろしい昭和格闘技」 


    山田学
    初代シューターにしてパンクラシストの大冒険 

    麻生秀孝
    関節技の帝王!サブミッションアーツレスリング総帥 
     
    鶴巻伸洋
    W☆ING発、リングス行き! 怪しい格闘家人生 

    KEI山宮
    パンクラシストの憧れと死を見つめて 



    安西伸一
    元『格闘技通信』名物記者の「俺が愛したグレイシー柔術 」 




    【UWF系】

    船木誠勝
    「俺は真剣勝負がやりたかったわけじゃないんです」 

    中野巽耀
    「一番尊敬できた先輩は高田延彦だよ」 


    尾崎允実
    元パンクラス代表「前田日明とも仲は良かったんですよ」 

    山本宜久
    「ヒクソンと戦ってるとき、放送禁止用語が聞こえてきたんですよ…」 


    謙吾
    「スーパールーキーが見たリングスvsパンクラス仁義なき戦い」 

    滑川康仁
    地獄のリングス前田道場卒業生 

    横井宏考
    リングスの怪物くん「格闘技は前田さん、プロレスは橋本さんが師匠でした」 


    中村大介

    2014年のUWF――「それでもボクはUスタイルで戦い続けます」 

    入江秀忠
    修斗とUを漂流した男「俺は自称UWFじゃないんですよ」 


    ターザン山本
    「佐山サトル、前田日明、高田延彦、船木誠勝、石井館長たちがプロ格という魔物を作ったんですよ」 



    【ゼロ年代MMA検証系】

    塩崎啓二
    元レフェリーの衝撃告白「私はPRIDEで不正行為を指示されました……」 

    菊田早苗
    「PRIDEの弁当に毒が入ってるんじゃないかって……」 

    大山峻護

    愛と苦しみのPRIDE物語「ハイアン戦の恐怖はしばらく消えませんでした」 

    “雀鬼”桜井章一×笹原圭一
    「PRIDEと生きた時代」 

    中村和裕
    PRIDE崩壊後に見えたもの―― 


    高瀬大樹
    「俺は悪い奴だった……」元カリスマブロガーの懺悔録 

    大沢ケンジ×礒野元
    「格闘技とルール」桜庭vs秋山、Dynamite!! USAの舞台裏 

    大沢ケンジ
    語ろう青春の和術慧舟會!~ゼロゼロ年代格闘技界の裏側~ 




    【立ち技系】

    小笠原和彦
    リアル・空手バカ一代!「ボクは“やっちゃっていいよ”組なんです」 


    青柳政司
    「左目を失っても打倒プロレスの旅は終わらない」 


    天田ヒロミ
    K-1天国と地獄「谷川さんがやるようになってK-1はダメになりました」 


    小比類巻貴之
    「ミスターストイックのキャラは正直、しんどかったです」 


    ノブ・ハヤシ
    K-1逆輸入ファイター 白血病からの復帰 

    武田幸三
    キックに命を懸けた男 

    小林聡
    野良犬の哲学「選手もプロモーターも群れてちゃ面白くないんですよ」 

    佐藤嘉洋
    判定問題のせいで闇に葬り去られていますけど、魔裟斗戦はMAX史上最高の盛り上がりだったと思います 


    佐藤嘉洋
    マット界初! 選手組合「日本キックボクシング選手協会」とは何か? 


    木村ミノル
    K-1毒舌王「いまの格闘技界はお客さんの目線を気にしすぎなんですよ」 





    【MMA】

    榊原信行
    「僕のことは嫌いになっても、格闘技のことは嫌いにならないでください!」 


    クロン・グレイシー
    グレイシーを10倍楽しむ方法 


    酒井正和
    “格闘技団体”としてのあり方――パンクラス 

    菊野克紀
    「最近は武器の型もやってます」沖縄拳法に震えろ! 

    鈴木信達
    極真、米軍、行政書士!! 破天荒人生 

    北岡悟
    「パンクラスイズム横浜」設立 

    渋谷莉孔
    「プロ相手でも勝てるようになったので“地下格禁止令”が出たんですよ」 


    マキシモ・ブランコ
    「日本は最高の国。街を一人で歩いても殺されない」 

    佐野哲也
    リアル神代ユウ「格闘技を続けるために警察学校をやめたんですよ」 


    松田干城
    高校球児がアメリカに渡りUFCデビューするまで 


    内藤のび太

    修斗世界王者は仮面を脱いでも“のび太”だった!! 


    内藤のび太
    「噛ませ犬なのに空気読めよって思ってますよね……」



    【金原弘光】


    鬼が作るUインターの激ウマちゃんこ

    UWFが柔術を知った日〜道場はどう変わっていったのか〜 


    現代から見るアントニオ猪木vsモハメド・アリ



    【ハッスル】

    中村祥之インタビュー
    ファイティングオペラ『ハッスル』とはなんだったのか 


    若鷹ジェット信介
    黒歴史ファイティングオペラ――ハッスルの最期を看取った男 




    【骨法】

    矢野卓見

    ヤノタク、堀辺正史と骨法を語る――愛と悲しみの17000字インタビュー 

    矢野卓見
    再び堀辺正史を語る――「先生も知らない骨法の秘密」 

    追悼・堀辺正史
    矢野宅見「ダメなお父さんでしたねぇ……」 


    漫画家・中川カ~ル

    骨法会員番号229番が見た「骨法変節の瞬間」 


    ヤノタク×中川カ~ル
    俺たちが愛した喧嘩芸骨法 


    矢野卓見
    武道の幻想と現実「合気の達人は存在しますよ」 




    【SP対談】

    佐藤大輔×藤井健太郎
    佐藤大輔はなぜガチ相撲に激怒していたのか? 


    天龍源一郎×神取忍
    男と女の壮絶プロレスとは何だったのか? 


    桜井マッハ速人☓猫ひろし
    巣鴨凸凹マラソン部 



    【小佐野景浩のプロレス歴史発見】
     
    嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!!

    冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った…

    完全無欠のプロレスラー!! ジャンボ鶴田

    超獣ブルーザー・ブロディ

    【涙のカリスマ】大仁田厚の邪道プロレス人生


    癌に勝った絶対王者・小橋建太

    “プロレス巨大組織”NWAとは何だったのか?

    呪われたIWGPが最高権威になるまで

    悲運の闘将ラッシャー木村、耐えぬき続けた人生 

    燃える男、アニマル浜口――!!

    “天龍番”が感傷に浸れなかった天龍源一郎引退試合


    全日本プロレスを二度は裏切れない……」秋山準


    馬場死去、三沢離脱……その後の全日本プロレス

    ジョー樋口、和田京平…全日本プロレスを支えたレフェリーたち 


    我らが英雄ザ・ファンクスの凄み! 
    レスラーの野心が謎を生み出す……SWSに狂わされた男たち!


    【女子格闘技】

    浜崎朱加
    INVICTAアトム級世界王者インタビュー 

    中井りん
    アジア人初のUFC女子ファイター!「日米友好親善と世界平和のために参戦します!!」 

    中井りん
    「恥ずかしいけどテレビに初めて出ました!」 

    しなしさとこ
    総合格闘技と女性の戦い 


    RENA×浜崎朱加
    SBとMMAの女王対談 


    森谷吉博
    「MMA?絶対に無理!!」未来へ飛んだRENA――大晦日出撃その舞台裏! 






    【その他】

    柳龍拳
    この男は実在する!!合気道の達人ロングインタビュー 


    管理人に直撃!

    インディ興行の聖地”新木場1stRINGとは何か? 



    三富政行(元・潮吹豪)
    「私が博報堂を辞めてプロレスに浸かる理由」



    鈴木秀樹
    ビル・ロビンソン最後の弟子「弱いプロレスラーは迷惑なだけです」 

    鈴木秀樹

    「はぐれIGF軍団」誕生秘話 


    山本淳一
    元・光GENJI、プロレスデビューを語る 


    大家健
    ガンバレ☆プロレス代表の麻雀放浪記 


    矢野啓太
    ピエロの狂気「胸いっぱいのプロフェッショナルレスリング論」 



    HARASHIMA
    「学生プロレス時代、真壁さんとスクワットを延々やってましたね」 



    「多重ロマンチック」漁師JJ
    アナタはなぜブログを更新するのか 



    “中条ピロシキ”橋本吉史
    学生プロレスとラジオ 

    今成夢人
    「ガクセイプロレスラー・ライジング 卒業後のリアルなリング」 


    福田洋
    ジョーカーの狂気とアメリカンプロレス 



    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    Dropkick
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。