• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • 週刊金融日記 第59号 サルでも分かる量的緩和とリフレ論争、日経平均が乱高下、六本木の高級イタリアン、二流男性の破滅本能、他

    2013-05-26 23:59  
    220pt
    // 週刊金融日記// 2013年5月27日 第59号// サルでも分かる量的緩和とリフレ論争// 日経平均が乱高下// 六本木の高級イタリアン// 二流男性の破滅本能// 他 こんにちは。藤沢数希です。 先週は株式市場が乱高下しましたね。株式投資やFXをやっている人は、儲けた人、損した人と、悲喜こもごもだったと思います。 それと、個人的にちょっと注目していた競馬の予想プログラムを開発して、数億円単位で儲けていた人が、国税と検察に、「当たり馬券だけ税金払え、脱税だから懲役刑」だと言われていた裁判の一審判決が出ました。『週刊金融日記 第47号 最近の税金絡みの事件みっつ』『競馬配当無申告で判決 外れ馬券を経費に認定、2013年5月23日 読売新聞』http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130523-OYO1T00765.htm なんか、税法の専門家は、この競馬のプロは負けるとか言っていたのですが、大阪地裁は、まともな判決を出してくれたみたいですね。法律の専門家も、アナリストとかエコノミストと変わらず、けっこう当てにならないものです(笑)。 為替市場では日本の個人投資家、通称「ミセス・ワタナベ」の動向はひとつの材料なんですが、最近知ったんですが、アダルト・ビデオのオンライン配信最大手のDMMがやっているFXとか、月間取引高って50兆円とか60兆円の大台なんですね(笑)。これはなかなかすごいものがあります。 ちなみに、株式市場では、東京証券取引所の1日の売買代金は、最近でこそ1日に2兆円とか3兆円ありますが、民主党政権の時は毎日1兆円を下回っていました。つまり、DMM一社で、東証全体の売買代金に匹敵しているというか、上回っているわけで、日本人はどれだけギャンブル好きなんだって話ですよ。『DMM.com証券』 http://goo.gl/fkkRd ところで、週刊金融日記も、月に1回ぐらいはマネー系の話題を取り上げようと思います。ということで、今日は、アベノミクスの中核であるリフレというか、量的緩和って何?というのを解説したいと思います。 もちろん、恋愛工学も濃厚です。というか、毎週、なんでこんなにこのメルマガは濃いのか、と自分でも慄いています。 ハハハ。1.サルでもわかる量的緩和とリフレ論争 まずは金融政策とはなんぞや、というのを理解しないといけません。金融政策というのは、基本は短期金利を動かして、経済を活性化したり、バブルが起こりそうだったら、それにブレーキを掛けたりして、物価を安定させて、長期的な経済成長率を高めることです。 要するに、安定的にGDPを増やしたいわけです。GDPというのは、日本で生み出された付加価値の合計です。モノやサービスの総生産です。ざっくりといって国民の総所得みたいなものです(細かいことを言うとちょっと違いますが)。これが増えると、豊かになって国民が幸せになります。経済成長率というのは、要するにGDPの増加率のことです。 それで、成長率と金利の関係を考えると。成長率>金利だと、金を借りて事業をするのが、全体では期待値プラスのゲームになるので、経営屋は銀行からどんどん金を借りて事業を拡大しようとして、景気が良くなります。これが行き過ぎると、銀行から金を借りて、不動産やらを買ったりしても儲かるので、金が金を産むバブルになって、いつか崩壊します。 

    記事を読む»

  • 週刊金融日記 第58号 週刊金融日記を理解するためのバックナンバー紹介、ドル円相場103円突破、日本庭園が綺麗な鉄板焼き、モテるためのマジックワード、他

    2013-05-19 23:59  
    220pt
    // 週刊金融日記// 2013年5月20日 第58号// 週刊金融日記を理解するためのバックナンバー紹介// ドル円相場103円突破// 日本庭園が綺麗な鉄板焼き// モテるためのマジックワード// 他 こんにちは。藤沢数希です。 それにしても日本株の勢いが止まりませんね。安倍内閣も、好調な株価に押し上げられて、支持率は7割を超えていて絶好調です。いよいよ日本経済の夜明けが来たかも知れません。株もFXも盛り上がってきたので、今年はマーケット情報を充実させようと思っていて、いま着々と準備を進めているところなですのでしばらくお待ち下さい。 今週も恋愛工学の内容が盛り沢山です。1.週刊金融日記を理解するためのバックナンバー紹介 さて、今週も以下のような要望がありましたので、恋愛工学を理解するために重要なバックナンバーを紹介したいと思います。途中から本メルマガを購読した読者も、この機会にキャッチアップしてもらえればと思います。 どのプラットフォームでもバックナンバーを販売しているので、これらを買って、スキマ時間などにスマホで読めばかなり理解が深まるでしょう。===============================藤沢さん、こんにちは。以前週刊金融日記23号で相談させていただいた、地方の中小企業に勤める28歳の者です(今は29歳になりましたが)。現状はまだ皆様のように輝かしい成果を出し続けているわけではないですが、このメルマガから仕入れた情報をちょっとかますと、女という女がみんなメルマガに書いてあった通りの反応しかしないので、何だかなあと思っている今日この頃です。ところで、今日は相談と言うよりもお願いなんですが、スーパーサイヤ人やアルファと言ったジャーゴンは、最近から金融日記を購読しはじめた方にはいまいち概念が分からないのでは、とちょっと思いました。私が藤沢さんのメルマガと同時に購読しているホリエモンのメルマガも、先日から、よくある質問などを巻末に記載するようになったことですし、私みたいに週刊金融日記を創刊号から購読している者にも、よくある質問の答えやジャーゴンの説明があった方が復習にもなって、いいのではないかと思います。ぜひご検討をよろしくお願いします。=============================== それでは大急ぎで恋愛工学の講義に追いつくための勘所を紹介しましょう。 まず、恋愛工学のバックボーンである進化生物学の基本はぜひとも理解しておく必要があります。進化生物学の原理原則は恋愛工学全体を支配しており、本メルマガで紹介されるあらゆる恋愛戦略が、まずは進化生物学的な整合性を備えていることが検証されます。『週刊金融日記 第12号 Good Genes or Good Dad?』『週刊金融日記 第13号 女の生理周期と浮気の関係』『週刊金融日記 第42号 女心の基本的な数理モデル』 また、以下の本は恋愛工学を勉強する上で、読んでおいても損はないと思います。『利己的な遺伝子 リチャード・ドーキンス』 http://goo.gl/JrzP6『精子戦争 ロビン・ベイカー』 http://goo.gl/FayP0 

    記事を読む»

  • 週刊金融日記 第57号 イタい男とそうでない男のちがい、ドル円100円突破で日経平均1万5000円超えへ、スーパービュー踊り子で伊豆温泉旅行、LINEと恋愛工学、他

    2013-05-13 23:59  
    220pt
    // 週刊金融日記// 2013年5月13日 第57号// イタい男とそうでない男のちがい// ドル円100円突破で日経平均1万5000円超えへ// スーパービュー踊り子で伊豆温泉旅行// LINEと恋愛工学// 他 こんにちは。藤沢数希です。 先週はゴールデンウィーク明けで、休みの間に溜まった仕事を片付けていた人も多いのではないでしょうか。気温も上昇してきて、とても過ごしやすいですね。日本って、夏は暑いし、冬は寒くて、2月~4月は花粉症があって、6月は梅雨なので、いい月が5月と9月と10月の3ヶ月しかないんですよね。来年ぐらいからは、花粉症の季節ぐらいは海外で過ごすとかできたらいいと思います。 アベノミクスはいまのところ上手くいっていて、株価の上昇が止まりません。輸出企業を中心に企業業績も改善しており、景気が良くなりそうな感じがしてきました。アベノミクスの3本の矢というのは、大胆な金融緩和、機動的な財政政策、そして成長戦略なのですが、最初の2本、特に黒田新体制の日銀が放った異次元金融緩和が円安と株高を引き起こし、安倍政権はなかなか好調な滑り出しです。確かに、財政破綻とか心配ですけど、やっぱりそういうのって、破綻した後に考えればいいじゃん、と思う今日このごろです。だって、リーマン・ショックとか、ぶっちゃけぜんぜん大したことなかったでしょ。日本の財政破綻も、破綻してみたら、なんだこんなもんか、みたいなもんだと思うんですよね。 ということで、3本目の矢である成長戦略には期待しています。これは先週発売された週間Spa!の記事にも書いたんですが、産業競争力会議には小泉内閣でブレインを務めた竹中平蔵さんとかもいて、アベノミクス戦略特区を作ろうとしています。これも目に見える形でやる必要があり(もちろん政治的には選挙対策のためにも)、外資系企業誘致のための法人税特区とか、マカオみたいなカジノが作れるリゾート開発特区とか、そういう派手なのを期待しております。なんかちょっとワクワク感がでてきました。今回のアベノミクスが、日本復活のための最後のチャンスかもしれません。 まじめな話を冒頭に書きましたが、今週号は恋愛工学も盛り沢山ですよ。1.イタい男とそうでない男のちがい 最近、立て続けに複数の(おそらく自分のことを美人と思い込んでいる)アラサー恋愛コラムニスト(未婚、子なし)による、過去に自分を口説いてきた痛々しい男たちを晒し者にする文章を目にしました。女子が、こうやって自分を口説いてきた(けど、セックスを断った)男をバカにするのはよくある光景で、それらのエッセイも取り立てて何か目新しいことが書かれているわけでもないので、ここではあえて出所には触れません。 女子会などでは、こうした痛々しい男たちの品評会が毎晩のように開かれています。ここでターゲットにされる男は、たいていは金持ちかイケメンです。なぜならば女子は自分に寄ってくる男のレベルで自分の価値を測ろうとする傾向があり、女子同士の序列争いに関わるので、貧乏・ブサメンに口説かれたということをあえて公表することはなく、また話題性にもかけるからです。女子たち、特にアラサー女子たちは、これだけスペックの高い男に口説かれながらも、私は断ってきた、ということを必死にアピールすることにより、自らの自尊心を守ろうとしているのでしょう。 こうした女子たちの精神分析はそれだけで一通のメルマガにするほどの価値のあるトピックですので、それはまた別の機会に譲るとして、今回は、どういう男の態度が痛々しいとされるのか、そしてそんなご立派な身分の自称美人のアラサー女子たちは、いったいどんなご立派な男たちとセックスしているのかを明らかにし、恋愛工学的には極めて重要な、女子の男選択アルゴリズムの秘密に迫っていきたいと思います。 

    記事を読む»

  • 週刊金融日記 第56号 男がセックス以外に考えていること、米雇用統計、堀江貴文氏と対談しました(後編)、六本木の一軒家フレンチ、結婚への行動をエスカレートさせる彼女、他

    2013-05-05 23:59  
    220pt
    // 週刊金融日記// 2013年5月6日 第56号// 男がセックス以外に考えていること// 米雇用統計// 堀江貴文氏と対談しました(後編)// 六本木の一軒家フレンチ// 結婚への行動をエスカレートさせる彼女// 他 こんにちは。藤沢数希です。 このメルマガは、伊豆の温泉で書いています。それにしても東京辺りはゴールデンウィークは天気が良かったですね。 なんか、対談とか、人生相談コーナーのボリュームが多くて、5万字超えてて、過去最大ボリュームです。メルマガ一通が新書の半分ぐらいの分量というのはどうかと思うので、もっと短くできるように努力していますが…。 明日から、また仕事がはじまる人も多いと思いますが、通勤のときなんかに読んでもらえれば、と思います。1.男がセックス以外に考えていること 

    記事を読む»