• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • 週刊金融日記 第29号 本当に怖い高給サラリーマンと専業主婦の離婚、日銀の追加金融緩和、目黒の本当に美味しい高級イタリアン、恋人と友だちの基準、他

    2012-10-28 23:59  
    220pt
    // 週刊金融日記// 2012年10月28日 第29号// 本当に怖い高給サラリーマンと専業主婦の離婚// 日銀の追加金融緩和// 目黒の本当に美味しい高級イタリアン// 恋人と友だちの基準// 他 こんにちは。藤沢数希です。 最近わけあってiPhoneをしばらくやめてDocomoのAndroid携帯を使っています。なんか長年連れ添った恋人と別れて、新しい恋人と付き合い始めて、勝手が違ってイライラしている感じです(笑)。でも、こういうのっていくら記事を読んだりしても、実際に使ってみないとよくわからないのですよね。 別にIT業界のエバンジェリスト(笑)や証券会社のアナリストでなくても、これから当分の間、世界はスマホを中心に回っていくことになると僕も思っていて、Androidを使いならがいろいろ考えているわけです。 あと、僕はテキスト・エディタは秀丸が好きなので外でメルマガとか書くときはだい

    記事を読む»

  • 週刊金融日記 第28号 おいしい大企業正社員+副業、日本株急上昇、ソウル買い物旅行、サルサと出会い、他

    2012-10-21 23:59  
    220pt
    // 週刊金融日記// 2012年10月21日 第28号// おいしい大企業正社員+副業// 日本株急上昇// ソウル買い物旅行// サルサと出会い// 他 こんにちは。藤沢数希です。 少し肌寒くなって来ましたが、秋って本当に食べ物が美味しいですよね。サンマも美味しいし、牡蠣も美味しくなってきます。また、フレンチではジビエ(野生の鳥獣)が冬に備えて栄養を蓄えるため、これまた美味しくなります。キノコも美味しいし。 ダイエットするにはきびしい季節です。まあ、10月は特別ルールで体重を増やしてもいいことにして、11月からダイエットをはじめましょうか。 さて、今週号は最初にまじめなビジネスの話を持ってきました。1.おいしい大企業正社員+副業今週号ではサラリーマンの副業に関する相談をふたつほど受けましたので、最初のテーマはこれにしたいと思います。このテーマは一度しっかりと何か書こうと思っていましたので、この機会に僕の意見をいくつか書いておきます。割りとセンシティブなトピックで、法的にもいろいろリスクがあるので、最終的にはご自身で判断され、自分のリスクでやってほしいと思います。===============================いつも金融日記を楽しく拝見させて頂いております。匿名希望の26歳男子です。以下、質問させて頂きます。1.素朴な疑問なのですが、藤沢様がお勤めの会社は副業OKなのでしょうか? (これだけ大々的にお稼ぎなのでOKなのでしょうが)2.副業NGの会社で、副業をする場合にベストな方法はどのようなものだと考えますか?質問の背景ですが、私は友人と二人で起業を考えております。どちらも日系企業のサラリーマンで、私は大手インフラメーカー勤務、友人は大手総合商社勤務(某海外に駐在中)です。ゆくゆくは起業したいのですが、最初は現在の会社に勤めながら軌道に乗せたいと考えております。二人とも勤め先企業の社内規則で副業は禁止されているので、会社にバレずに起業する方法を考えております。是非お答え頂けると有り難いです。===============================外資系企業は、副業なんてほとんどどこもNGですよ。というか、ほとんどの大手企業の社内規則で副業は禁止されています。会社は、奴隷に別の収入ができて、鎖を外されてはとても困りますからね。あと、僕の意見では、副業は会社に黙ってやるに限ると思います。というのも、副業をするということを上司なりコンプライアンス部に相談すると、上司なりコンプライアンス部にも責任が生じてしまうからです。上司もコンプライアンス部もみんなサラリーマンなので、本音では「黙ってやってくれ」ということなのです。黙ってやっててくれれば、何か問題が起きた時に自分の責任にはなりませんからね。それがサラリーマンのメンタリティというもので、別にそれで何の問題もないのです。上司やコンプライアンス部がダメと言ったら、あなたは副業をやめるのでしょうか?また、OKだったとしても、サビ残をやらずに帰った時になんか嫌味を言われたりして、出世に響きますよ。ということで、よほど理解がありそうな場合や、今の会社の下請け的なビジネスで将来独立したいというような場合を除き、副業は基本的に黙ってやりましょう、というのが僕の率直な意見です。さて、法的なリスクですが、僕もかなり研究していますが、基本的には会社の勤務時間外に何をやろうとあなたの勝手だと考えていいでしょう。もちろん社内規則では、会社側に有利なことがいろいろと書いてありますが、いざ裁判になれば、労働法などの日本の法律が上なので、社内規則にあなたの権利を侵害することが書かれていても無効になることが多いと思います。よって、以下の点を気をつければ副業は「法律的には」OKだと考えられます。1.会社の営業機密を漏らさないし、副業には使わない。2.会社の直接の競合になるような副業はしない。3.会社の業務に支障が出ないように、十分な休息時間は確保する。まあ、常識の範囲で考えれば当然のことばかりですね。会社から業務を与えられて給料をもらっているのですから、その分の仕事はしっかりやりましょう、ということです。その上で副業をがんばればいいと思います。つまり、副業するのは大変なのですよ。でも、それぐらい大変なことを軽々とできないようでは、その後の起業や独立など到底できないと思います。週末に働くぐらいで、それなりに利益を出せるようになってから、会社を辞めて起業することを考えればいいんじゃないでしょうか。大企業の正社員で、最初は副業をして、うまく行き始めてから起業する、というのは実は大変多いパターンです。なんか臆病者っぽいですし、昔の職場に気を使ってみんな表立っては言いませんが、正社員の給料を貰いながらそれでリスクヘッジして、ある程度うまく行きそうなところまで事業を育てた後に起業するのはローリスク・ハイリターンで、大変おいしいと思います。僕の知り合いの起業家や独立した人たちの8割以上がこのパターンです。さて、バレないようにするにはとにかく誰にも喋らないことです。(これは不倫などにもいえます)ちょっと利益が出始めると、会社の同僚とかに自慢したくなる気持ちも分かりますが、本当に信頼出来ていっしょに業務をやっているメンバーだけで情報を共有して下さい。沈黙は金なり、です。また、副業を法人化して会社を登記すると、調べればバレますから、個人事業主として進めるのがいいかと思います。さて、上記の点を注意すれば副業は「法律的には」OKといいましたが、それはバレてもクビにならない、ということを言っているのではありません。もしバレて、副業を理由に会社から解雇された場合に、日本の裁判所はその解雇が無効だという判決を書く可能性が高い、ということを言っているに過ぎません。当たり前ですが、会社は好きな時に好きな理由で解雇できます。解雇してから給料を払うのを止めるだけなので簡単ですね。そこで解雇された社員が裁判を起こした場合に、それが無効になるかどうかという問題だけです。ここで解雇無効になると、会社は、裁判に勝った社員を職場復帰させるかどうかはともかくとして、基本給を払い続けなければいけませんから、かなり痛いです。中小企業なら潰れかねません。しかし、大企業なら体力がありますから、むしろ社員に勝手に副業なんかやられては困るということで、そういった裁判で負けるリスクを承知で、見せしめ的に解雇する可能性はありますね。ということで、要するに腹を括れ、ということですよ。会社に万が一バレて、たとえば上司に呼び出されて「副業を辞めなさい。辞めないなら、会社を辞めなさい」と言われた時にどうするか、ということです。「両方辞めません。私としては会社に迷惑をかけているつもりもありませんし、どちらも大切だと思っています。それを理由に解雇するなら司法の場で争いましょう」とドヤ顔で上司に言い切るぐらいの覚悟をしておけば怖いものはありません。それでは次の相談です。===============================いつも有益な情報、本当にありがとうございます。私は28歳、既婚、子無し、大卒、東証一部上場企業に勤める年収420万円のごくごく普通のサラリーマンでございます。仕事は楽しく、やりがいあるのですが、大企業ということもあり、営業成績は良くても、いかんせん出世が遅く給料が遅々として上がりません。30代には年収650万円以上は見込めると思うのですが「デート」「遊び」「趣味」ともっともっとお金が欲しいです。やはり起業や転職を選択するしかないのでしょうか?今の会社が好きで、よっぽどの経営環境の悪化が無い限りはココで働いていたいと考えております。サラリーマンでいながら、稼ぎを増やそうとアフィリエイトをやっておりますが、月に1万円程度と微々たるものです。何かこの状況を打開する最良の戦略がありましたら、ご教授頂きたくメールさせて頂きました。ご回答よろしくお願い致します。===============================ということで、僕は会社勤めしながらやりたいサイドビジネスを育てて、副収入を得る、というのをオススメしています。インターネットのアフィリエイトって、会社勤めでも簡単にできる副業なのですが、問題は参入障壁が低すぎて超絶なレッドオーションで、こういうサラリーマンの労力をシロナガスクジラが北極でオキアミを飲み込むように大量に捕食しているグーグルやアマゾンばかりが儲かって、副業サラリーマンはぜんぜん儲からないことです。だから月1万円というのは、かなりがんばっている方ではないでしょうか。しかし、ネットの世界というのは勝者総取り的なので、成長が対数目盛でして、1000円の次は1万円で、1万円の次は10万円なんですよね。だから、このままネット・ビジネスをがんばって月10万円にするというのもひとつの手です。簡単ではないと思いますけど。いずれにしても、大企業の正社員をやりながら副業をする、というのはなかなかおいしいポジションだと思います。大企業に所属していると人脈も作りやすいですし、新しいことを学べる機会がとても多いですからね。そういうわけで、僕は覚悟を決めて、ずっと個人メディアという副業をやってきました。だからといって本メルマガの読者の方にも、会社から干されるし、最悪の場合には解雇される、というリスクを負ってでも、もうひとつの仕事をしろ、と言うつもりは毛頭もありません。また、僕は弁護士資格も持っていませんし、法律の教育を受けたこともありませんので、法的リスクに関しては弁護士などに相談してみてください。まあ、ご自身で判断していろいろやってくださいな。 

    記事を読む»

  • 週刊金融日記 第27号 高額所得者は本当にモテるのか? スペイン国債格下げ、麻布十番の教えたくない寿司屋、またもや購読者から童貞卒業の報告、他

    2012-10-14 23:59  
    220pt
    // 週刊金融日記// 2012年10月14日 第27号// 高額所得者は本当にモテるのか?// スペイン国債格下げ// 麻布十番の教えたくない寿司屋// またもや購読者から童貞卒業の報告// 他 こんにちは。藤沢数希です。 いま、じつは所要でソウルに来てまして、ソウルのホテルからメルマガを書いています。来週辺りにソウル特集でもしたいと思いますので楽しみにしていてください。それにしてもソウルって、いま一番安く行ける海外なんじゃないですかね。スパとかコスメとか免税店での買い物とか、女子には人気がありそうな感じですね。1.高額所得者は本当にモテるのか? 金持ちはモテる、というのは自明のようで、意外とそうでもありません。確かにモテることもあるのですが、そのモテ方や、モテの度合いというのは世間が思っているよりもずっとマイルドで、そして複雑なメカニズムです。金持ちはモテるのか、また、もしモテるとした

    記事を読む»

  • 週刊金融日記 第26号 アレの形から人類の先祖への思いを馳せる、ノーベル賞の季節、豚肉料理が東京で一番美味しいフレンチ、外資系金融への転職、他

    2012-10-07 23:59  
    220pt
    // 週刊金融日記// 2012年10月7日 第26号// アレの形から人類の先祖への思いを馳せる// ノーベル賞の季節// 豚肉料理が東京で一番美味しいフレンチ// 外資系金融への転職// 他 こんにちは。藤沢数希です。 日本は三連休ですね。僕は三連休中も仕事をして来週末にちょっとソウルに旅行に行こうという作戦です。なぜ、いまソウルなのか? 来週のメルマガに書きますから楽しみにしていてください。 ところで、今週号で紹介する某青山のフレンチは、ちょっと路地裏の小さな庭がある民家のとなりを通っていくのですが、今週ちょっくら行ってきたらその日は雨で、その路地裏の横にすごく大きなカエルがいて、快適そうにゆっくりと歩いていたんですよ。あと、芝公園とかあの辺も、雨の日に歩道でたまにカエルを見つけたりするのですが、都心のど真ん中でもこういう生き物ってちゃんと生息しているのですよね。カエルって水中に卵を産んで、それがオタマジャクシになって、成長して大人になると思うのですが、都心にそんな池も川もないんですけど、こういったカエルたちはどこでどうやって繁殖しているのでしょうか? う~ん、不思議ですね。 さて、今週も盛りだくさんの内容です。連休も最終日ですけど、時間ができたときに僕のメルマガでも読んでやってください。1.アレの形から人類の先祖への思いを馳せる===============================藤沢様はじめまして。質問ではないですがメルマガタイトルに「ちんこ」とか書かれると、職場のメールサーバのスパムフィルターにひっかかってしまい配信されないようです。Gmailに配信されたものを職場に転送すると駄目みたいです。他のメルマガは問題ないので単純にタイトルの問題かと思っております。ほかにも困っている人がいると思いますので一応お伝えしておきます。匿名希望=============================== 前号の男性器の形状に関する考察は大変な反響を頂いたのですが、タイトルに関して若干問題があり、一部の購読者の方に迷惑を掛けてしまったようです。以後、細心の注意を払います。どうもすいませんでした。 また、前号の考察について生物学者から匿名でいくつかの指摘を頂きました。今週のメルマガでは、それらの指摘と、最新の考古学の発見も踏まえて、人類のルーツについて再検討します。 まずは生物学者からの指摘ですが、じつはあれほどのしっかりしたカリ首があるのは人間だけで、霊長類では人間に近いチンパンジーやボノボのペニスでは、あのようなカリ首は発達していないのです。う~ん、これはかなり本質的な指摘ですね。 メスの膣内に複数のオスの精子が注入される場合に、精子戦争が起こるのですが、おそらく進化の方向はふたつあって、ひとつは睾丸をどんどん大きくして、精子の数や連続したセックスの耐久力で勝負することです。ふたつ目が人間みたいに他のオスの精子をペニスで掻き出す、というように形状で工夫することでしょう。 チンパンジーは睾丸を増大させる方向に進化し、人間はカリ首の形状で進化したようです。今週号では、それはなぜか、ということを僕なりに考察してみたいと思います。 まず、チンパンジーとゴリラのペニスを比較すると、ゴリラは体重が200キロにも達して筋肉隆々の体をしていますが、じつはちんこは約3センチしかなく、睾丸もふたつで35グラム程度しかありません。じつはゴリラというのは短小なのです。チンパンジーの睾丸は、ゴリラよりもはるかに体が小さいのに120グラムもあります。 これは言うまでもなく精子戦争の有無です。日々乱交パーティーを繰り返しているチンパンジーでは、競争が膣内で行われるので、精子をとにかく大量に送り込んで、少しでも自分の精子での受精確率をアップしないといけないわけです。ところがゴリラは、乱交を行わずにハーレムを作ります。戦いに勝ち抜いたオスが、複数のメスを囲うのです。これらのオスは、たびたび他のオスから挑戦を受けて、殺されたりします。つまり、ゴリラの場合は、膣内で精子同士の競争は起きないのですが、オス同士が命を懸けた喧嘩を繰り返しているわけです。だから、体が筋肉モリモリに発達する代わりに、ちんこもきんたまもとても小さなものになったのです。 さて、人間もやはり精子戦争が起こったようで、睾丸も大きく発達していますが、チンパンジーほどではありません。人間は、じつは霊長類のなかで、もっとも大きいペニスを持っており、カリ首が大きく発達したのです。 チンパンジーのようにほぼ同時に複数のオスがメスとセックスする場合は、カリ首で掻き出すというのはそれほど有効な手段ではなく、単に精子の数をどんどん増やしたり、連続したセックスでも精子を切らさないように、睾丸の機能を高めていったほうが、ライバルを押しのけて子孫を残すのに成功したのかもしれません。あんなに次から次に交尾するので、前のオスの精子を掻き出したところですぐに別のオスが精子を注入してしまい、掻き出す行為にはそれほど意味がなく、一回の交尾で精子を出した後も、すぐに次の精子を作り出し、二発目、三発目を打ち込めるように睾丸を強化したほうが有利だったようです。 それでは人間のペニスのように、別の男の精液を掻き出すのはどういう場面で有利だったのでしょうか? 僕の知る限り、生物学者の間でこの問題に対して何か決定的な仮説が提唱されたことはないようです(単に僕の勉強不足かもしれませんので、そういった論文がすでに書かれているかもしれません。あったら教えてください)。 さて、僕は今週いっぱい、この問題で頭を捻っていたのですが、次の1000ページにもなる歴史書を読んでいて、ある仮説に到達しました。『文明と戦争』アザー・ガットhttp://goo.gl/A6uAf 最近の考古学の研究で次々と明らかになってきたのですが、太古の人類は戦争の繰り返しだったようです。血縁者を中心とする群れを作り、別の群れを見つけては戦争をしかけて殺しあう、ということをしていました。戦争に勝ったほうは、負けたほうのグループの若い女を残して、あとのメンバーは皆殺しにしてしまいます。当然、命懸けの戦争に勝ったご褒美として、戦士たちは若い女を集団レイプするわけです。そうすると乱交というよりは、組織の論理で、順番に秩序だってセックスをしたわけで、そうやって考えると、あの精液を掻き出すためのペニスの形状は非常に理にかなっていると思うのです。 つまり、チンパンジーのようにほぼ同時に牧歌的な乱交パーティーをするというよりは、組織の上下関係に従って、女を順番に回したわけで、そういう競争に勝利するためのペニスの形状の軍拡競争の結果、いまのような形に進化したのではないか、というのが僕の仮説1です。 同じように、割りと秩序だって、時間差を経て複数のオスの精液が膣内に送り込まれるシチュエーションがあります。それは売春です。売春というのは人類最古の商売といわれています。人類の進化にかなりの影響を与えたと考えるのが自然でしょう。人間の場合は、乱交より売春のほうがはるかに一般的のような気がします。 売春でも、前の客の精液を掻き出して、少しでも自分の精子による受精確率を高めようと思ったら、やはりあのペニスの形は非常に合理的に思えます。売春を通してのペニスの形状の進化、というのが僕の仮説2です。 おそらく僕たちのお母さんは、ずっと昔の先祖までたどれば売春婦だったのでしょう。そしてお父さんは、戦争している時は上手いこと最前線から逃げて、同僚に命懸けのリスクを取らせて自分だけ生き残り、最後の集団レイプのときだけはのこのこと現れて、同僚の精液を掻き出して、ちゃっかり最後に妊娠させた「臆病な」強姦魔だったのでしょう。2.今週のマーケット 2012年9月28日-10月5日TOPIX  :  737.13 (週間 +0.0%, 年初来 +1.2%)日経225: 8863.30 (週間 -0.1%, 年初来 +4.8%)S&P500 : 1460.93 (週間 +1.4%, 年初来 +16.2%)FTSE100: 5871.02 (週間 +2.2%, 年初来 +6.5%)USDJPY :   78.65 (週間 +0.9%, 年初来 +2.2%)EURJPY :  102.50 (週間 +2.3%, 年初来 +2.9%) 10月5日金曜日はアメリカの9月の雇用統計が発表された。8月の失業率は8.1%だったが、9月は7.8%と市場予想よりも良い数字になった。これには米大統領選を控えたオバマ陣営の改ざんではないかとの噂が流れたほどで、日本でも有名なGEの元CEOであるジャック・ウェルチ氏は公然とその可能性を指摘して批判している。 オバマ大統領とロムニー候補との第1回のテレビ討論では、オバマが口ごもったりして精彩を欠いていたが、雇用統計の改善を受けて、オバマ陣営に若干の追い風が吹いた。 予想外の失業率の改善で、金曜日の米株式市場は上昇すると思われたが、指数のなかで大きなウエイトを占めるアップルが2%以上も下落し、結局、前日比でマイナスになった。米大統領選と世界の金融規制改革http://agora-web.jp/archives/1491379.html米失業率の低下、「シカゴの連中が操作」http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MBFL9C6TTDT301.html 世界的な金融緩和や、米雇用統計など、マクロなテーマが相場を動かしていたが、10月第2週はアメリカの主要企業の決算発表がはじまる。テーマはマクロからミクロな企業業績へ移っていくだろう。 日本ではすでにセブン&アイが業績見通しを下方修正し株価を下げた。アメリカでも、ヒューレット・パッカードが2013年度の業績見通しを発表し、急落している。 9日は米アルコア、11日はユニクロ、12日はJPモルガン、ウェルス・ファーゴ、グーグルなどの決算発表がある。 また、相場とはあまり関係ないがノーベル賞発表が迫っている。日本人では青色発光ダイオードを開発した中村修二氏や、文学賞で村上春樹氏などが毎年候補に挙がるが、今年はどうだろうか。iPS細胞の山中伸弥氏も有力候補になっているようだ。 本メルマガでも機会があれば、ノーベル賞の解説でもしよう。10月8日(月):中国9月HSBCサービスPMIユーロ圏財務相会合欧州安定メカニズム発足株式市場休場:日本、カナダ10月9日(火):日8月国際収支日9月企業倒産件数日9月景気ウォッチャー調査IMF・世界銀行年次総会EU財務相理事会米3年国債入札決算:Jフロント、高島屋、米アルコアなど10月10日(水):米8月卸売在庫ベージュブック米10年国債入札株式市場休場:台湾決算:ABCマート、久光製薬、サイゼリヤなど10月11日(木):日8月機械受注日9月銀行貸出・資金吸収動向日9月都心オフィス空室率日9月消費者態度指数日30年国債入札ガイトナー米財務長官来日韓国中銀政策金利決定イタリア国債入札米9月輸入物価指数米8月貿易収支米30年国債入札決算:ビックカメラ、ファミリーマート、東宝、ファーストリテイリング、米チャールズシュワブなど10月12日(金):日9月マネーストック日8月第三次産業活動指数日9月国内企業物価指数日オプションSQユーロ圏8月鉱工業生産米9月生産者物価指数米10月ミシガン大学消費者信頼感指数株式市場休場:ブラジル決算:松竹、米JPモルガン、米ウェルズファーゴ、米グーグルなど10月13日(土):10月14日(日):3.ブログではいえないお店 #26 

    記事を読む»

  • 週刊金融日記 第25号 なぜちんこはああいう形をしているのか? 日米欧の金融緩和が息切れ、汐留の天空の城の中華、英語超勉強法、他

    2012-10-01 23:59  
    220pt
    // 週刊金融日記// 2012年9月30日 第25号// なぜちんこはああいう形をしているのか?// 日米欧の金融緩和が息切れ// 汐留の天空の城の中華// 英語超勉強法// 他 こんにちは。藤沢数希です。 せっかくの秋なんですが、いきなりゲリラ豪雨が来たり、台風が来たりと、あんまりいいお天気を楽しめませんね。ゲリラ豪雨とかって、昔はこんなになかったと思うのですが、やはり世界的に異常気象が増えて来ているのですかね。 それにしても秋はサンマの塩焼きが美味しいです。はっきり言って、ウン万円の高級レストランのディナーより500円ぐらいで作れるサンマの塩焼き定食の方が、美味しいし、健康にもいいです。だから高級レストランなんてカネの無駄だ、とはいいません。高級レストランって、一種のエンターテイメントなんですよ。アートといってもいいかもしれません。そしてエンターテイメントとしてはそんなに高くないし、じつに楽しいのです。 さて、今週の人生相談コーナーは、おそらく週刊金融日記史上、もっとも濃い内容になったと思います。1.なぜちんこはああいう形をしているのか?今週は読者の方から以下のような質問を頂きました。これは人生相談と言うよりも、多分に科学的な話で、恋愛工学をより深く理解するためにも重要なポイントをいくつか含んでいます。よって、今週のテーマ論文として取り扱うことにしました。===============================藤沢師匠、お久しぶりです。週刊金融日記13号の大トリに採用していただいた、風俗大好き20代半ばの大手金融マンです。お礼の返信が遅くなってしまい申し訳ありません。「風俗」と「恋愛」。金玉のように日々悶々と揺れ動いていた私の悩みが、藤沢師匠の大変丁寧で筋の通った手解きで、スッキリすることができました。その後も、サラリーマンのつまらないルーチンワークをこなしながら、毎週送られてくる、師匠のメルマガに叱咤激励されております。特に17号メルマガで師匠に提示していただいた 女の価値 = 女の時価総額 ÷ 同時にセックスしている(かもしれない)男の数という数式には感動しました。学生時代、さまざまな数式に出会いましたが、数式を見てここまで感動したのは生まれて初めてでした。今回、新たに疑問に思うことがありましたので、久しぶりに質問させていただきます。世界トップクラスの高テストステロン値集団である、私たち週刊金融日記読者メンズ群が週7回、もしくはそれ以上行っている大切な大切なルーチンワーク。我々生きとし生けるものと未来の子供たちの終わりの始まり、始まりの終わり。「射精」です。すべての男が、必ず感じていることだと思いますが、なぜ射精すると、あんなにも疲れるのでしょうか?射精とは、読んで字のごとく、精子を発射するということですが、なんと申し上げましょうか、何億という聖なる子供の種を体から放出したことで、自分自身の細胞が減ってしまったかのような、はたまた、上記数式における価値の高い女と悪戯を楽しんだことへの神からの戒めかのような、射精後は、心も体も金玉もシワシワに垂れ下がってしまいます。SEXすると疲れる、というよりは、射精すると疲れる感覚だと思います。そこで毎週2桁は射精をしているであろう藤沢師匠に質問です。なぜ、射精するとあんなにも疲れるのでしょうか?精子は、どんな成分でできているのですか?何回、何十回も射精した次の日に、元気に仕事に行くには、どんな栄養素を摂取したら回復しますか?性欲が毎日ムンムンでも、射精するのは週1,2回とかに我慢した方が体にはやさしいのでしょうか?むしろ体に悪いのでしょうか?ぜひ藤沢教授の見解を聞かせてください。===============================あなたのふだんの何気ないオナニーから、人間の果てしなく深い「業」について、あと一歩のところまで迫っています。すばらしい観察力だと思います。まずはじめに、射精によって疲れるのは、それが激しい運動だからでも、多くのタンパク質を放出してしまうからでもありません。運動自体は大したものではありませんし、放出される体液の量も、まったくの微量です。じつは、この問題を考えるのに、まずは人間の男のちんこはそもそもなぜあのような形をしているのか、ということを理解する必要があります。あの棒状の海綿体の先端に、キノコ型の、イカリの反しのような形をした亀頭部がなぜあるのかということに思いを馳せたことはありますでしょうか?僕はあります。僕は、空はなぜ青いのか、ということを物理学を勉強して理解できたのは高校生の時でしたが、人間の男のちんこの形の必然性をはじめて知ったのは、僕が大学で生物学や進化論、動物行動学の研究に没頭していた時のことでした。まずはチンパンジーの話からはじめましょう。チンパンジーというのは人間にもっとも近い霊長類で、乱婚的な社会を形成していることが特徴です。要するに、チンパンジーの社会では頻繁に乱交パーティーをやっているのです。発情期に入ったメスのチンパンジーに、次々とオスが交尾していきます。この時に、地位の高いオスは、好きな時にいつでもメスのチンパンジーとセックスできるのですが、下っ端のチンパンジーは、順番がなかなか回ってきません。まあ、大企業の下っ端の男子サラリーマン諸氏は、そういうチンパンジーの気持ちが少しは分かるかもしれませんね。また、企業で働いていれば分かると思いますが、男が出世競争にかける情熱というのは、経済合理性を超えていると思えることがよくあるのですが、こういうチンパンジー社会のような背景があるかもしれません。さて、現代社会では、男は年収などを武器にして、女を獲得する競争をしていますが、このような乱交がふつうの社会ではどのような競争が起きると思いますか?ひとつ目は、当然、乱交パーティーでの優先順位を巡る競争ですよね。俺が最初にファックするとか、俺が最初に上玉をファックするとか、そういう順番です。こうして猿山では日々権力闘争が繰り広げられているわけです。下っ端の猿も大変ですが、政治バランスが崩れると、ボス猿が下位の猿に集団リンチされて殺されちゃったりすることもあります。サラリーマンも大変ですが、猿の世界も大変なのですよ。さて、重要なのはふたつ目の競争です。乱交をするので、現代の人間社会のようにセックスが全くできないオスは、それほど多くないわけです。つまり、メスを巡る主戦場は、女性の膣内になるわけなんです。進化というのは、たまたま子を多く残せる性質を獲得した遺伝子が、種全体の遺伝子プールのなかで増殖していくというプロセスですから、この膣内でのいわゆる精子競争で勝ち残るオスの性質が増えていくわけです。つまり、膣内に他のオスの精液がある場合に、自分の精子の受精確率を少しでも高めるにはどうしたらいいか、ということです。単純に考えれば、その確率は次の式で表されるはずです。 自分の精子の勝率 = 膣内の自分の精子量 ÷ 膣内の全ての精子量つまり、乱婚的な社会の男の競争というのは、女の膣の中にどれだけたくさん精液を入れておくか、という競争になるわけです。ここまで言えば、なぜちんこがああいう形をしているか分かりましたね。そしてピストン運動の理由も分かったと思います。つまりあのキノコ型の亀頭部は、他の男の精液を女の膣の中から掻き出すための合理的な形になっているのです。そしてピストン運動というのは、まさに他の男の精液をあの亀頭部の反しを使って掻き出す行為に他ならないのです。現代の人間社会では乱交はそれほど一般的ではありませんが、やはり数百万年の進化の中で、そういうコミュニティーができたり、そういう時期があったのでしょう。また、乱交とまでは行かなくても、女が短期間の間に浮気をすれば、やはり膣内で複数の男の精子が混ざってしまいます。たまに双子で、父親がそれぞれ別というケースがあって、世界仰天ニュースなどで報道されることがありますね(笑)。じつは、こういう「精子戦争」はイギリスのロビン・ベイカーという生物学者のパイオニア的な研究によって明らかになったのですが、単なる精子量以上の非常に巧妙なバトルが繰り広げられているのです。人間の精子をよく観察すると、まったく遺伝情報を持たないのに、尻尾がコイル状に曲がっていたり、胴体が曲がっていたり、デカ頭や複数の頭を持っていたりと、子宮頚部に留まりやすい構造をしている精子がいます。これらの受精能力のない精子は、最後は尻尾同士を絡め合ったりしてバリケードのようなものを子宮頚部で作ったりします。こうしたバリケートで他の男の精子の侵入をブロックしようとしているのです。また、キラー精子と呼ばれる精子は、鋭い頭を持っており、自分と異なる遺伝情報を持っている精子の頭の横の弱い部分を狙って、毒素を注入して殺してしまいます。まさにカミカゼ精子ですね。そしてエッグ・ゲッターと呼ばれる、運動能力の高いほんの一握りエリート精子が、こういった自らを犠牲にして戦うカミカゼ精子に先駆けて、女の子宮内にいち早く侵入することを目指すのです。まさに戦争そのものです。さて、最初の質問に戻りましょう。なぜ、男は射精すると疲れて、二発目のやる気が一時的に消失するのか?それはこういった精子戦争に打ち勝つための全ての仕組みに関係しています。もし、立て続けに二回中出しすると、まさに上記のような精子戦争を自軍同士で展開してしまうことになるのです。だから、一回女の膣の中に自軍の兵隊を送り込んだら、しばらくは休憩する必要があるわけです。射精すると疲れるのは、こういったインターバルを自然と作り出すための非常に合理的な設計なのです。参考資料Robin Baker, "Sperm Wars: The Science of Sex," Basic Books, 1997. 

    記事を読む»