• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 6件
  • 104cmのBooty(括れ*巨桃尻) ももちののストレッチ for Twerk

    2019-10-24 17:03  







    Booty系モデルとしては絶大な人気を誇るBooty ももちのさん。配信された映像はいつもランクインする実力だ。しっかり締まったウェストとG界でもいないサイズのヒップに柔らかな身体捌きが人気の理由か。
    今回はBooty系が必ずといっていいほど、挑戦するTwerkを行うタメのストレッチ。韓流もステージのダンスにTwerkを採り入れているが、硬い。それは充分なストレッチをやっていないからだ。
    ゆっくりやるストレッチと早いストレッチに分ける。
    ももちのさんは回転から。膝を床につけた状態で右回り。身体の真ん中を意識しながら、ほぐす。後ろに回す時にはヒップの上あたりを意識し、前に回す時には括約筋あたりを意識して、ヒップのどのあたりの筋肉が反応しているかを認識する。できるだけ大きくゆっくりストレッチすると、少しずつ分かっていくる。
    膝を立てて回す。こちらは難しい。足への体重移動を通してヒ
  • 『Twerk』の2人目は美脚でもあるBooty 凛々奏

    2019-09-20 18:58  
    Booty女子が憧れる『Twerk(トゥワーク)』。インスタでは関連投稿が740万を突破、YouTubeでは570万件がヒットするほどに世界のBooty女子がこぞってアップしている。「artisTV」でも日本屈指のBootyモデルにダンスを依頼。
     
    2人目は括れで巨桃尻101cmで且つ美脚の凛々奏さん。1人目のボリューミーな丸みのももちのさんとは異なり、シャープでエッヂが効いているタイプ。背中や四肢が細い点をいかに活かせるか。
     
    スタイルは3つ。床に立った状態の「スタンド」、膝をついた状態で前後の「ミドル」と回転の「ミドル」。3つのスタイルを通し、大胆でダイナミックというよりは小刻みで早いタイプが得意なもよう。その細やかさと素早さは逸品だ。
     





     
    最初の内は自身のリズムを獲得するのに苦労していた。いや、誰しもが自身の『Twerk』のリズムを最初は知らない。頭では、こう動きた
  • Booty ユウの大胆不敵なTwerk

    2019-09-09 10:55  
    Booty専用企画『Twerk(トゥワーク)』。5人目は圧倒的な括れと96cmの巨桃尻を擁するユウさん。
     
    一言だと、他の4人と比べて大胆さが異なる。
    今回は難易度の高いダンスであるフルのスタンド、膝に手をつくスタンドと、これまた難易度の高いドギースタイルの3種類に挑戦してもらった。
     
    フルのスタンドとは、垂直に立ったままでTwerkに挑戦するというもの。ヒップの神経をそうとうに尖らせなければ支えなしのフルスタンドではできない。ユウさんは腰の前後を利用し、ヒップの弛緩と緊張を繰り返した。ユウさんの容量ならば、しっかりと緩急を視認できる。
     
     
     
    スタンドでは全身の反動を利用した。ユウさんは緊張時に強く締め込む。その締め込む力が強いタメ、太腿までも揺らすコトができる。1ランク上だ。
     
     
     
    次がドギースタイル。四つん這いの状態からのTwerkダンス。YouTubeにもドギースタイ
  • BOOTY ももちの本当の圧巻Twerk

    2019-08-30 18:35  
    皆さまは『Twerk(トゥワーク)』をご存じだろうか。ダンスの一種なのだが、低めの状態で挑発的に腰を振り、臀部を揺らす。今から4年前に巨桃尻で有名なニッキー・ミナージュがアナコンダのMVで魅せたコトで、Bootyだけでなく、細身のダンサーもYouTubeに自身たちの動画を公開している。

    以来、世界のBootyの中では、この『Twerk』を踊れるか、踊れないかで優劣が決まる。韓流の女性アイドルグループも数多くが『Twerk』にMVで挑戦したが、本場アメリカの迫力には遠く及ばなかった。
     

    そこで腰囲が104cmあるニッキーと同じ巨桃尻のももちのさんが最強Bootyダンスに挑戦。ニッキーとのサイズの差は10cmちかくだろうか。アジアで先行して「artisTV」が真の『Twerk』を追求する。
     

    種類は3つ。立って中腰ぎみにしたStand、床に膝をついてのMiddle、そして膝も臀部も浮
  • Curvy 柴咲凛の2亀でTwerk(トゥワーク)

    2019-08-07 15:50  
    明らかに人気な企画である。先月は上位10の映像の内、4つがTwerkダンス関連であった。
     
    もちろん出演しているモデルのレベルが高いコトもあるが、市民はTwerkに魅了されてしまっている。それがTwerkの主眼なのだが、強い企画だ。
     
    今回はポールダンスのレッスンを欠かさない身体能力の高いCurvy 柴咲凛さんがTwerkに初挑戦。4人目となる。「スタンド」「ミドル」「グラウンド」の3つをやってもらった。そして編集には2カメで前からも定点で撮影する、という初の試み。
     





     





     
    「スタンド」ではヒップが揺れるリズムを確認しながら探っているような感じ。大きな鏡で自身を見ながらヒップが一番揺れる動かし方を探す。2回目では要領を得たようだ。1回目よりもヒップの縦の動きが大きくなった。腰を前後するだけでなく、下に弧を描くように動くのがポイントだ。
     
     





     


  • 爆乳Iカップで101cm巨桃尻なCurvy グラドル・一之瀬瞳のTwerk

    2019-07-19 19:40  
    ヒップを100cmの大台に成長させた爆乳Iカップ、グラマラスなCurvy グラドル・一之瀬瞳さんがトレンドのダンス「Twerk」に初挑戦。 元々、特技にジャズダンスを挙げる瞳さんはジャズとの違いに戸惑いながらも見事、踊りきった。
     
    衣装は、巨桃尻を持つ瞳さんが動かす筋肉の動きがわかるブラジリアン。黒の水着と、色白な肌のコントラストが市民の瞳を惹きつける。
     
    Stand・Middle・Groundの3つのスタイルで、それぞれゆっくりと早いのを魅せつけて誘惑。1つめのStandではジャズダンスの経験を活かす。リズムに合わせ、しっかりと臀部の筋肉を揺らす。上半身をしっかりと固定することで徐々に筋肉が反応している。





     
     
    2つめのGroundでは純粋に臀部の動きに注力。瞳さんはグイグイッと力強く引き上げる一面も。迫力のあるヒップの動きがよく解る。





     
     
    3つ目Middl