• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 2件
  • 【緊急寄稿】レーダー照射問題 ここで沈黙したら日本の完敗|THE STANDARD JOURNAL

    2019-01-07 10:49  
    全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。

    韓国駆逐艦から海自対潜哨戒機へのFCレーダー照射問題、
    韓国政府が発表した反論動画はひどかったですね。
    素人目にもコラージュと歪曲とわかる拙劣さでした。私も呆れました。

    早速、SNS上には「こんなもの、世界は信用しない」とか
    「韓国は恥を晒した」というようなコメントが飛び交いました。
    そう思うのも無理はありません。

    しかしはっきり言いましょう。

    日本人の悪い癖は、自分たち日本人の
    常識、理解力、道徳観、民度などを
    当然のこととして世界に期待してしまうことです。

    国際社会は国連を含めて日本人が考えるより
    ずっと野蛮な世界です。漠然と期待してはいけません。

    今回、防衛省は、決定的となるデータを公表しませんでした。
    軍事機密の保護とか武士の情けの観点からでしょうが、
    それが国際社会では「弱さ」に映るのです。

    だから韓国は

    「まだ抵抗できる
  • 品格ある国家の条件とは何か?故・片岡鉄哉先生に聞いてみる。|THE STANDARD JOURNAL

    2019-01-06 17:13  

    全世界のアメ通読者の皆様、TSJ管理人です。
    昨日Youtube公開しました以下動画
    ご覧になって頂けましたでしょうか?
    【Youtube動画】
    ▼品格ある国家の条件とは何か?
     …「ぜんぶキュージョー(9条)のせい!」
     あなたは悪くありません。安心して下さい(笑)
    |山岡鉄秀(AJCN代表) & 和田憲治(OTB代表)のTSJ1|OTB
    |https://youtu.be/JPRHtvo0l38
    こちらの動画の冒頭で、故・片岡鉄哉先生のことが話題になっておりますが、
    そもそも、本メルマガ「アメリカ通信」をスタートしたキッカケは、
    片岡鉄哉先生の知見を多くの人に知ってほしい、ということでした。
    その頃からの「アメ通コア中のコア」読者wのかたには、
    今更何を言うか・・・と叱られてしまいそうですが、
    日米関係について考えてみる際には、片岡先生の名著
    ▼『日本永久占領―日米関係、隠された真実