• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 4件
  • 米中冷戦の世界観ですか?|THE STANDARD JOURNAL

    2019-10-31 18:00  

    ▼米中冷戦の世界観ですか?
    こんにちは、 和田です。
    「あなたは、米中冷戦の世界観にいますか?」
    「はい。私はそう思って過ごしています。」
    という人は正しい世界観だし、
    素晴らしいと思います。
    ネット放送のアメリカ通信を
    見てくださっている方、
    メルマガのアメリカ通信を
    読んでくださっている方は、
    もうわかってくださっている方も多いかと思います。
    しかし、我が国のほとんどの国民は
    まだまだその世界観ではありません。
    なぜなら、日本のTV新聞がそういう報道をしていません。
    また、その証拠に安倍政権与党の自民党も
    全く理解していません。
    なぜ、そう言えるのか?
    昨日のメールマガジンで書きましたが、
    アメリカは、
    「これまでの対中政策を間違えた。
    中国とは、協力から競合に変わった」
    と発表しているのに、
    日本は
    「日中関係は過去最高に良い」だとか、
    「競争から共生」、
    といいだしているからです
  • 米中20年戦争 君は生き延びることができるか|THE STANDARD JOURNAL

    2019-10-30 18:00  
    ▼米中20年戦争 君は生き延びることができるか
    こんにちは。和田です。
    10月25日、ワシントンにて、
    第二のペンス副大統領演説がありました。
    一回目のペンス演説は、昨年の10月4日に行われ、
    事実上の「対中新冷戦開始宣言」でした。
    中国は悪い国だ!という主旨です。
    ●中国の発展を支えてきたが、それは間違いだった。
    ●中国は政治、経済、軍事的手段、プロパガンダで米国に挑戦している
    ●中国はアメリカの知的財産(IP theft)を窃盗している
    ●習近平は南シナ海を軍事化しないと言ったがそうした。嘘をついた
    ●中国はAIIB、一帯一路政策でアジア、アフリカなどを借金漬け外交している
    ●中国は米国の企業や映画会社、大学、シンクタンク、学者、ジャーナリスト、
     地方や連邦政府当局者に圧力をかけたり、見返りの報酬を与えている
    などが主な内容です。
    今回の10月25日の第二のペンス演説は、
    ●人権侵害
  • 香港で確認。政治的無関心はやはり豚だそうです。|THE STANDARD JOURNAL

    2019-10-02 16:00  

    ▼香港で確認。政治的無関心はやはり豚だそうです。
    こんにちは、和田です。
    昨日のメルマガの最後に伝えましたが、
    10月1日の国慶節、
    中国共産党の建国70周年に合わせて
    香港に来てます。
    といっても、もう空港ですが。
    今、これは香港の空港から書いています。
    8月1日のデモの取材で香港に来た時に、
    次に最大になるのは北京(中国共産党・中共)が
    メンツをかけた国慶節に最大の衝突がある。
    と、聞いていたので、そこにあわせていました。
    北京も警戒するあまり、
    空港へのデモ隊の侵入を防ぐため、
    パスポートと航空券の提示がないと
    通過させません。
    当然、直前から噂もあり、飛行機もホテルもガラガラ。
    予想外だったのは、主要なショッピングモールも
    スターバックスも完全に閉鎖していたことです。
    香港は気温34度とかありますから、
    一キロ歩いたら汗だくです。
    これでは、デモ隊も体を冷やすところがありません。
  • 特典は本日最終。「専門家」に勝つのは「勇気ある素人」|THE STANDARD JOURNAL

    2019-10-01 16:00  

    ▼特典は本日最終。「専門家」に勝つのは「勇気ある素人」
    こんにちは、和田です。
    渡部昇一先生は、
    上智大学で教員としてのキャリアをスタートした時、
    安保闘争の真っ只中でした。
    1,安保反対はオカシイ
    世間は安保反対です。
    国会議事堂前を占拠する学生だけでなく、
    朝日をはじめとした大手新聞テレビメディアには、
    安保反対の進歩的知識人たちであふれました。
    彼らは、連日、安倍首相の祖父・岸信介首相の
    安保改正の大批判です。
    どう考えても日本にとって良い政策なのに
    大反対のオンパレードなのです。
    どう考えても岸首相のほうが正しい。
    そこで、「岸信介を励ます会」的なのをつくったが、
    賛同者も少なく、渡部先生の運動下手でもあって、
    励ましの手紙を書くくらいで
    終わったそうです。
    2.朝日新聞はオカシイ
    続いて、1971年に起きた林彪事件
    ってご存知ですか?
    文化大革命後に毛沢東と反目していた
    林彪が